左文字進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

左文字 進(さもんじ すすむ)は、西村京太郎推理小説に登場する架空の探偵

小説作品における設定[編集]

私立探偵で、左文字探偵事務所所長。32歳。ロサンゼルス生まれ。母は日本人、父はドイツ系アメリカ人混血。身長は183cm、体重は75kg。

日本とアメリカの両方の国籍を持っている。私立探偵以外に、アメリカでは弁護士資格も有している。

黒髪だが、青色の瞳と彫りの深い顔立ちのため、欧米系外国人に間違われることもある。

コロンビア大学で犯罪心理学を学んだ後、サンフランシスコの探偵事務所で働く。両親が相次いで病死したのを機会に日本を訪れた。読売ジャイアンツの広報課長の友人がおり、巨人の選手たちが誘拐された事件(『消えた巨人軍』)を解決した。現在は新宿西口にある36階建て高層ビルの32階に探偵事務所を構えている。

愛車は長らくオリエンタルレッドのオースチンミニ・クーパーSだったが、来日してしばらくたってからは中古のムスタングに買い換えた。その後は再びミニ・クーパーに乗り換えている。

喫煙者で、セブンスターを吸っている。

関連人物[編集]

左文字史子
左文字の妻。左文字探偵事務所の秘書兼事務員。28歳。『消えた巨人軍』の事件をきっかけにして左文字と知り合い、半年足らずで左文字と結婚した。旧姓は藤原。
矢部警部
警視庁捜査一課所属の警部。左文字とは『消えた巨人軍』の事件で知り合った。

登場作品[編集]

  • 消えた巨人軍
  • 華麗なる誘拐
  • ゼロ計画を阻止せよ
  • 盗まれた都市
  • 黄金番組殺人事件
  • トンネルに消えた… [短編、「トンネルに消えた」所収]
  • 三人目の女 [短編、「十津川警部『ある女への挽歌』」所収]
  • 依頼人は死者 [短編、「十津川警部『ある女への挽歌』」所収]
  • 失踪
  • 兇悪な街

映像化[編集]

テレビドラマ[編集]

消えた巨人軍
1978年9月1日から9月29日まで、日本テレビ系列で放送された。日本テレビ・東映の制作による。藤岡弘が左文字を演じている。原作とは異なり、矢部警部の部下の刑事に設定が変更されている。
探偵 左文字進
1999年からTBS系列で放送されているドラマシリーズ。水谷豊が主演している。

その他 [編集]

『華麗なる誘拐』は2004年4月17日公開の映画『恋人はスナイパー 劇場版』の原作として使用された。主人公はTVドラマからの登場人物に、犯人グループは多国籍の狙撃手の集団へと変更されている。
2006年1月5日に日本テレビで放送された番組「西村京太郎からの挑戦 本格ミステリークイズ 芸能界推理王決定戦!」で、保阪尚希が左文字進を演じた。

外部リンク[編集]