ミステリー列車が消えた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
十津川警部シリーズ > ミステリー列車が消えた
ミステリー列車が消えた
著者 西村京太郎
発行日 1982年
発行元 新潮社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 409
コード ISBN 4101285020
ISBN 978-4101285023(文庫本)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ミステリー列車が消えた』(ミステリーれっしゃがきえた)は、西村京太郎の長編推理小説1982年新潮社から刊行された。

ストーリー[編集]

「出発は8月8日(土)23:59、東京駅の10番線から。行先は不明」

国鉄が企画したブルートレインミステリー号」。雑誌「旅窓」記者の津山は取材のため、同僚で恋人の乗兼由紀子と東京駅にいた。翌朝に到着した場所から連絡を入れると約束してミステリー号に乗り込んだ津山だが、翌日の昼になっても連絡が無い。心配になり東京駅を訪れた由紀子は、顔見知りの青木助役から「ミステリー号は、すでに京都の梅小路機関区を見学し、次の目的地の鳥取に向かった」と聞かされる。しかし、さらに問い合わせると、ミステリー号は到着予定時刻を2時間以上過ぎても鳥取駅に到着していないという。

そんな中、国鉄総裁秘書室に一本の電話がかかってきた。

「ミステリー号の乗客400人を誘拐した。身代金は10億円」

忽然と消えてしまった一本の臨時列車を巡り、国鉄と十津川警部が前代未聞の大事件に挑む。

主な登場人物[編集]

警察関係者[編集]

  • 十津川省三 - 警視庁捜査一課警部。
  • 本多時孝 - 警視庁捜査一課長。
  • 亀井定雄 - 警視庁捜査一課刑事。
  • 桜井 - 警視庁捜査一課刑事。
  • 小川 - 警視庁捜査一課刑事。38歳。鉄道模型が趣味。口数が少ない。
  • 三上 - 警視庁刑事部長。
  • 藤代 - 愛知県警警部。35歳。
  • 大久保 - 愛知県警刑事。

国鉄関係者[編集]

  • 木本 - 国鉄総裁。
  • 北野浩 - 総裁秘書。
  • 日下 - 大阪鉄道管理局営業部長。42歳。ミステリー列車を起案した。
  • 浅井 - 大阪鉄道管理局長。日下の上司。
  • 岡部義夫 - 大阪鉄道管理局の営業部員。日下の部下。ミステリー列車に添乗している。
  • 上原久仁 - 大阪鉄道管理局の車掌。ミステリー列車に乗務するはずだった。
  • 青木 - 東京駅の助役。乗兼由紀子とは取材で知り合う。
  • 阿部 - 鳥取駅の助役。ミステリー列車の異変に気づく。
  • 島崎 - 向日町運転所長。

その他[編集]

  • 津山研一 - 月刊雑誌「旅窓」記者。ミステリー列車に取材で乗車。
  • 乗兼由紀子 - 月刊雑誌「旅窓」記者。津山の恋人。東京駅まで津山を見送りに来た。
  • 太田 - 医者。55歳。旅行団体「ねんにかい」の世話役。
  • 石山清之 - 「太陽工業」に勤務する20歳代後半の係長。旅行団体「ねんにかい」に所属している。
  • 西本功 - 俳優。ミステリー列車に乗車する小学生の息子を東京駅まで見送りに来ていた。
  • 石立英夫 - 大学生。21歳。向日町運転所でアルバイトしている。
  • 鈴木謙一 - 航空管制官。
  • 星野英夫 - 航空管制官。
  • 一色 - 航空管制センター主任。鈴木・星野の上司。
  • 芦田 - 海上保安庁の巡視船「いそしぎ」の船長。

トリックの可否[編集]

本作における列車消失トリックを、日本の現実の鉄道運行システムにおいて実行することは、発表当時も現在も絶対に不可能である。他にも、鉄道関係で現実ではありえない描写が散見される。

テレビドラマ[編集]

1995年版[編集]

十津川警部シリーズ10・ミステリー列車が消えた』は、TBS系列2時間ドラマ月曜ゴールデン』(毎週月曜日21:00 - 22:54、JST)で1995年12月25日に放送された。主演は渡瀬恒彦

関連項目[編集]