寝台特急八分停車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
十津川警部シリーズ > 寝台特急八分停車
寝台特急八分停車
著者 西村京太郎
発行日 1986年
発行元 角川書店
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 298
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

寝台特急八分停車』(しんだいとっきゅうはちふんていしゃ)は、西村京太郎推理小説1986年角川書店から刊行された。

ストーリー[編集]

亀井刑事が殺人事件の捜査中に尿道結石による激痛に襲われ、鳥羽総合病院へ緊急入院した。その際、病室にて壁越しに隣の事務室から「ブルートレインは8分間停車する。8分間あれば十分に人は殺せる」といった男女の会話を偶然耳にしてしまう。これにより亀井刑事は、その殺人を阻止するべく、十津川警部の許可を得ずに出雲3号に乗車する。

登場人物[編集]

テレビドラマ[編集]

1989年版[編集]

西村京太郎トラベルミステリー・寝台特急八分停車』は、テレビ朝日系列2時間ドラマ土曜ワイド劇場』(毎週土曜日21:02 - 22:51、JST)で1989年9月30日に放送された。主演は愛川欽也

2004年版[編集]

西村京太郎トラベルサスペンス 寝台特急(ブルートレイン)八分停車』は、テレビ東京系列BSジャパン共同制作の2時間ドラマ女と愛とミステリー』(毎週水曜日20:54 - 22:48、JST)で2004年8月18日に放送された。主演は小林稔侍

外部リンク[編集]