名探偵なんか怖くない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

名探偵なんか怖くない』(めいたんていなんかこわくない)は、西村京太郎の長編推理小説(三人称小説)。

既存のミステリ作家が創造した東西の名探偵が参集する趣向の、パロディミステリ「名探偵シリーズ」4部作の第1作である。以下の4人が探偵役として共演する(登場順に記載[1])。

  1. エラリー・クイーンエラリー・クイーン
  2. ジョルジュ・シムノンメグレ元警部(退職後)[2]
  3. アガサ・クリスティエルキュール・ポワロ
  4. 江戸川乱歩明智小五郎

初出は1971年昭和46年)で、講談社の当時のミステリ叢書企画「乱歩賞作家書き下ろしシリーズ」の一冊として刊行された(時代設定は1970年[3])。元版の装丁は、小林泰彦

なお、本作は4人の名探偵の過去の事件について、ネタバレが含まれている(作品名については、#「名探偵」への批判#作中で触れられる原典を参照)。

あらすじ[編集]

日本の老富豪・佐藤大造は、アメリカのエラリー・クイーン、イギリスのポワロ、フランスのメグレ、そして明智小五郎を自費で呼び集め、世界に名だたる名探偵である彼らに、一つの挑戦をつきつける。それはあの3億円事件を実際に再現し、模倣犯の行動の軌跡を追うことで、本当の3億円事件の実態にも迫ってもらおうというものだった。4人の名探偵はこれを承諾する。

彼らの前で、佐藤の部下である神崎五郎が、この途方もない計画を進行する。彼は、条件に合った、村越という若者を見出し、村越は佐藤がお膳立てした計画のまま、佐藤が用意した3億円を奪う。マンションを購入し、自動車を購入する村越。だがそれは、4人の名探偵の推理した通りだった。次に村越はガールハントに成功するが、しかしそれも名探偵の推理通りだった。

そして、計画にないはずの殺人事件が発生。3億円のうち、残った2億5千万円ほども灰となってしまう。果たして殺人犯は誰か? 懐旧に浸る、老いた名探偵たちの推理は一度は外れるものの…。

登場人物[編集]

登場順に記述。

三島
本作前半での語り手的な人物。30歳。
英語仏語に堪能なミステリマニアで、1週間前に佐藤に秘書として雇われた。エラリー、メグレ、ポワロを個別に出迎えた。
佐藤 大造(さとう たいぞう[4]
複数の企業のトップの座にある富豪。62歳。体は壮健。
3億円事件が未解決なのに業を煮やし、「一市民の立場から、同事件の解決を目指し、それゆえ事件の再現と名探偵4人の参集をお膳立てした」と語る人物。
ニューシブヤマンション(物語後半の舞台)のオーナーでもあり、村越監視のため、5階を名探偵たちに提供した。
神崎 五郎
佐藤が指示を下す、この計画の進行役。3億円事件を再現させるため、暗躍する。
村越 克彦
再現される3億円事件の「犯人」役となる青年。徳島出身。
金城 ゆり子
沖縄出身の美人ファッションモデル。20歳。
3億円強奪に成功した村越にハントされて、彼とニューシブヤマンション506号室で同棲を始める。佐藤の計画や村越の犯行についてはまったく知らない。
吉牟田 晋吉(よしむだ[5] しんきち)
物語中盤の殺人事件から登場し、語り手的な存在となる。渋谷署[6]の刑事で、50歳ぐらいのベテラン刑事。『化人幻戯』事件の時に明智と知り合った。
第3作『名探偵も楽じゃない』まで登場する。第4作『名探偵に乾杯』には名前だけ登場。第3作では警部補、第4作では警部に昇進している。
坂西 栄一
井崎製紙の役員。ニューシブヤマンション605号室(6階)の住人で、同好のカメラ仲間2人とともに、自室でヌードの撮影会を楽しんでいた。

4人の名探偵[編集]

各名探偵の詳細については、原典の項目の記述を参照(#「名探偵」への批判#作中で触れられる原典も参照)。なお、以下の名探偵の記載は登場順[7]

エラリー・クイーン
アメリカを代表する名探偵。本作では1905年生まれであり、65歳となっている[8]が、年齢より若々しい。
身長180センチ以上で鼻眼鏡を使用している[9]ハードボイルド小説には批判的[10]
ジュール・メグレ
フランスを代表する名探偵だが、ベルギー人の血が混じっている。本作では警察を退職しており、最終階級は警部[11]となっている。1932年に警察に入った[12]。事件に当たる際は、メモを取る[13]
身長180センチ、体重は80キロ以上[14]。3人の外国人探偵の中では、一番の後輩に当たる[15]
夫人同伴で来日したが、夫人は別行動で京都に向かった。メグレ夫人は第2作『名探偵が多すぎる』、第4作『名探偵に乾杯』にも登場。両作では夫と同行している。
エルキュール・ポワロ
イギリスを代表する名探偵だが、ベルギー人。本作では「エルキュール・ポロ」と表記される(次回作まで。第3作以降は「エルキュール・ポロ」)。
3人の外国人探偵の中では、一番の先輩に当たる。メグレには一目で好感を持った[16]
クイーンには批判的である(ただし、その頭脳や功績には敬意を払っている)[17]。クイーンに限らず、「アメリカ人はすぐに口笛を吹く[18]し、金を見せびらかす」と反感を持っている[19]
マッチ棒で動物や魚の形を作るクセがある[20]
明智小五郎(あけち こごろう)
日本を代表する名探偵。「人前に出なくなって久しい」と語られ、65歳になっている[21]。しかし、その目の光は衰えていない。
『化人幻戯』事件の後、妻の文代を亡くし、一線から身を引いた。七回忌も終わっている[22]

なお、外国の探偵は、3人とも日本の事情に疎いため、解決編の前に情報を収集した(東京中央郵便局を訪ねる、秋葉原の電気商店街を訪れる、銀座のデパートの下着売り場を見学する、など)[23]。また、3人とも、クリスマス・イブには教会を訪れている[24]

「名探偵」への批判[編集]

本作では、複数のキャラクターが、名探偵という存在に批判や疑問を投げかけている(一部、伏線になっているものもある)。以下、登場順に記載する。

ポワロからの批判
クイーンに対し、「読者への挑戦」は嫌味だ、と思っている。また、「ハッタリが過ぎる」とも(その最たるものが「国名シリーズ」であり、しかもイギリスがシリーズから抜けている)[25]
本作でも、クイーンの希望で「読者への挑戦」という章が設けられたが、その際にも「この方法は好きになれない」と語っている[26]
佐藤大造からの批判
「想像力とか灰色の脳細胞だとかで、彼らは本当に事件が解決できるのか?」[27]
「名探偵は文学的な傾向を持っており、彼らの解決した事件の犯人もまた、文学的であり、現実離れしている。いわば、犯人は探偵の分身だ。捕まるのが当然」、「今回は普通の人間が犯人だから、捕まえられるだろうか?」[28]
三島からの批判
「名探偵は、気を引くようなことをいって黙りこむ、という意地の悪さを持っている」[29]
「今回の事件の動向よりも、フランスの思い出話に話を咲かせている。彼らも歳なのか?」、「妙に懐古趣味になっている」[30]
吉牟田晋吉からの批判
「名探偵は妙なところばかり気にする」[31]
クイーンに対し、「名探偵は、時折りこういう意地の悪い目つきをする。頭の悪い人間を揶揄する前触れだ」。明智に対し、「通訳しているが、助け舟を出してくれそうもない」[32]
クイーンと明智に対し、「名探偵は全てを語らない。不親切だ」[33]
ポワロとメグレに対し、「名探偵の心理は読みづらい」[34]
「読者への挑戦」という章に対し、「賛成できない」、「殺人事件には、もっと真面目に」と語っている[35]

作中で触れられる原典[編集]

本作では、以下の作品名が上げられ、あるいはその内容が語られている。このうち、本作に関係のないものもあるが、伏線になっているものもある。またネタバレも含まれている。以下、探偵別(登場順)に記載する。

なお、その他にアブナー伯父について明智が触れている(1910年代のアメリカの推理小説。トリック解明の際に引き合いに出した)[36]

クイーンの事件[編集]
ニッポン樫鳥の謎"The Door Between"1937年
三島がクイーンを出迎える際、「日本人の生真面目さは、この事件で知っているはず」と考えた[37]
クイーンが「この事件では日本人を正確に理解していなかったが、国際情勢が悪かった。今はきちんと日本人を理解している」と語った[38]
金城ゆり子が沖縄出身、と聞いた際、エラリーが「オキナワ!」と叫んだ(三島の想像では、この事件で沖縄の女性と知り合っているため)[39]
この事件で「日本人よりも、沖縄の人間の方がスタイルが良い」とクイーンは述べていたが、果たして今でもそう思っているのだろうか?(三島の疑問)[40]
佐藤大造が「文学的な、現実離れした犯人の典型」として挙げた[41]
4人が推理を間違え、クイーンが自分を見つめ直す際に回想。本件の殺人事件の犯人は狂人かと思われ、その比較として引き合いに出した。トリックの要(犯人)が指摘されている[42]
この事件でクイーンが知った日本人の自殺方法は、「男はハラキリ、女は喉を切る」というものであり、服毒自殺は想定外だった[43]
ローマ帽子の謎"The Roman Hat Mystery"1929年
ポワロが内心でクイーンを批判する際に登場(「ローマと関係ない事件」と指摘)[44]
「読者への挑戦」という章を設けた際、クイーンが「最初に手がけた事件」として言及[45]
本事件で「シルクハットの消失」があったのは、クイーンにこの事件を思い出させ、懐旧の念に浸らせるため[46]
フランス白粉の謎"The French Powder Mystery"1930年[47]
ポワロが内心でクイーンを批判する際に登場(「フランスと関係ない事件」と指摘)。
恐怖の研究"A Study in Terror"1966年[48]
タイトルは明示されていないが、明智がクイーンに「切り裂きジャックに対するあなたの研究」として語りかけた。明智は「ジャックは女性ではないか?」ともいっている。
ポワロは「イギリスの事件をアメリカ人に解けるはずがない」と呟いたが、クイーンには聞こえなかったようである。
中途の家"Halfway House"1936年
クイーンがマッチの燃えさしをポケットにしまったのを見て、三島が連想した事件(6本のマッチの燃えさしが、事件解決の鍵になっている)[49]
「パリ警視庁のフィリップ・オルレアンの助力で解決した事件」として、クイーンがメグレに礼を述べている[50]
チャイナ橙の謎"The Chinese Orange Mystery"1934年[51]
4人が推理を間違え、クイーンが自分を見つめ直す際に回想。本件の殺人事件の犯人は狂人かと思われ、その比較として引き合いに出した。
エジプト十字架の謎"The Egyptian Cross Mystery"1932年[52]
同上。
悪の起源"The Origin of Evil"1951年[53]
上記に絡み、「今回の犯罪のモチーフを見つける」として引き合いに出した事件。
メグレの事件[編集]
男の首"La Tête d'un homme"1930年
フランスの新聞「警笛(シフレ)」の記事中と、メグレの回想に登場。犯人の名前が明示されている[54]
佐藤大造が「文学的な、現実離れした犯人の典型」として挙げた[55]
佐藤大造が、クリスマス・イブのプレゼントにメグレに火縄式ライターを贈った際、その意味として引き合いに出した[56]
4人が推理を間違え、メグレが自分を見つめ直す際に回想。犯人の名前が明示されている[57]
本事件で「3億円が灰になった」と鑑定されたのは、メグレに「異常な動機による事件」として、これらの事件を思い出させ、懐旧の念に浸らせるため[58]
ポワロの事件[編集]
スタイルズ荘の怪事件"The Mysterious Affair at Styles"1920年[59]
ポワロが三島に、自分の経歴を語る際に言及。
三幕の殺人"Three Act Tragedy"1935年
ポワロが三島に「私だって失敗することがある」と語った際、三島が指摘した事件(実際は、ポワロの「失敗」はベルギー警察時代のものだった)[60]
佐藤大造が「文学的な、現実離れした犯人の典型」として挙げた[61]
ミスタ・ダヴンハイムの失踪"The Disappearance of Mr Davenheim"(1929年)[62]
「今回の犯人は、軽微な罪で刑務所に入っているのが安全」とポワロが語った際、三島が「前に同じことを読んだことがある」として思い出した事件。
首相誘拐事件"The Kidnapped Prime Minister"1923年[63]
ポワロがフランスを訪問したが、当時はメグレに面識がなかったので助力を頼まなかった。
アクロイド殺し"The Murder of Roger Ackroyd"1926年
佐藤大造が、クリスマス・イブのプレゼントにポワロにテープレコーダーを贈った際、その意味として引き合いに出した[64]
4人が推理を間違え、ポワロが自分を見つめ直す際に回想。論理的思考の大切さの比較として、引き合いに出した。トリックの要が明言されている(事実上、犯人が名指しされている)[65]
本事件で「椅子に腰掛けたままの死体」があったのは、ポワロにこの事件を思い出させ、懐旧の念に浸らせるため。「ずらされた椅子」の配置もそのまま[66]
オリエント急行の殺人"Murder on the Orient Express"1934年
明智の指摘に対し、吉牟田刑事が類例として挙げた事件。トリックの要が明言されている[67]
4人が推理を間違え、ポワロが自分を見つめ直す際に回想。論理的思考の大切さの比較として、引き合いに出した。トリックの要が明言されている(事実上、犯人が名指しされている)[68]
戦勝記念舞踏会事件"The Affair at the Victory Ball"[69]
ポワロが「読者への挑戦」へ不快感を表すので、明智が「ポワロも、この事件では「読者への挑戦」を行っている」と指摘した。
明智の事件[編集]
化人幻戯1954年(昭和29年))
初対面の際、佐藤大造が「明智の才能に敬服した事件」と語った。犯人の名前が明示されている[70]
佐藤大造が「文学的な、現実離れした犯人の典型」として挙げた[71]
4人が推理を間違え、明智が自分を見つめ直す際に回想。動機と犯人の名前が明示されている[72]
魔術師1930年(昭和5年))[73]
初対面の際、佐藤大造から文代の名を聞き、明智が連想した(文代と出会った事件)。
吸血鬼(1930年(昭和5年)から1931年(昭和6年))
同じく、明智が連想(事件解決後、文代と結婚式を挙げた)[74]
佐藤大造が、クリスマス・イブのプレゼントに明智にワイングラスを贈った際、明智がその意味として推理した[75]
黄金仮面(1930年(昭和5年)から1931年(昭和6年))
明智がメグレに「1929年にパリ警視庁に行ったことがあり、デマリオン警視総監やエベール警察官に会い、アルセーヌ・ルパンの知識を得ていたので、この時は解決できた」と感謝を述べた(事件名は明記されていない)[76]
4人が推理を間違え、明智が自分を見つめ直す際に回想。「恐るべき敵」として犯人の名前が明示されている[77]
その他の事件
本事件で「椅子に札束が隠されていた」のは、明智に過去の類似事件を思い出させ、懐旧の念に浸らせるため[78]

シリーズ名と「パロディ」について[編集]

本書巻末にある、二上洋一の「解説」[79]において、「パロディ」と明記されている[80]。「名探偵シリーズ」についても同様[81]

ただし、パロディといっても、各名探偵の人物像は原典に相応しいもので、彼らを笑いものにする筆致ではない。「「名探偵もの」に対するパロディとして、「扱う事件の特殊性」を皮肉らせる[82]」、あるいは「意外なトリック・真相」などが、シリーズとしての「パロディ」の意味である(「解説」では「遊び」とも[83])。

顕著な例は、次回作『名探偵が多すぎる』である。船長室の前の廊下で謎解きをやる羽目に陥り、「暖炉やソファのあるサロンでないと…」と名探偵たちが内心で渋るのだが、「緊急事態に、カッコつけることばかり考えるんじゃありません!」と、それを悟ったメグレ夫人に叱られている[84]

また、#「名探偵」への批判にある通り、「読者への挑戦」(クイーンの希望で設置された)に対して、ポワロと吉牟田刑事が明確に批判している。さらに、明智からは「ポワロ氏も、「戦勝記念舞踏会事件」("The Affair at the Victory Ball")では行っている」とツッコまれている(メグレは肯定も否定もしていない)。

続編[編集]

続編はクローズド・サークルものでもある。また、全てに殺人が絡む(第3作、第4作は連続殺人もの)。

名探偵が多すぎる
第2作。1972年(昭和47年)5月に書き下ろしで刊行。
アルセーヌ・ルパンが登場し、日本で休暇中の4人の名探偵に挑戦してくる。怪人二十面相がルパンに協力している。
事件は、瀬戸内海を航行する観光船の船内で終始している。
名探偵も楽じゃない
第3作。1973年(昭和48年)12月に書き下ろしで刊行。
推理小説マニアの集会に招かれた4人の名探偵の前で、連続殺人が起きる。若き名探偵、左文字京太郎が登場。
事件は、都内にあるホテルで終始している。
名探偵に乾杯
第4作。1976年(昭和51年)9月に書き下ろしで刊行。
カーテン』(ポアロ最後の事件)を受けて執筆された。ポアロ2世を名乗る、ポアロそっくりの青年(ポアロ・マードック)が登場。
また、アーサー・ヘイスティングズ(『カーテン』他でポアロのパートナーを務めた)も登場し、ポアロ2世が、ヘイスティングズの前で『カーテン』の結末に対し異を唱えている。
事件は、静岡県にある孤島(明智の別荘)で終始している。

脚注[編集]

  1. ^ 西村京太郎 『名探偵なんか怖くない』 講談社〈講談社文庫〉、1977年、7-8頁、12頁、17頁、23頁を参照。
  2. ^ 同書12頁、14頁。
  3. ^ 同書8頁。1905年生まれのエラリーが65歳、と書かれている。
  4. ^ 同書257-258頁。「イゾー・サトウ」と書かれている。
  5. ^ 同書239頁、241頁。
  6. ^ 同書124頁。
  7. ^ 同書7-8頁、12頁、17頁、23頁。
  8. ^ 同書8頁。
  9. ^ 同書8頁。
  10. ^ 同書12頁。
  11. ^ 同書12頁、14頁。
  12. ^ 同書80頁。
  13. ^ 同書30頁。
  14. ^ 同書13頁。
  15. ^ 同書21頁。
  16. ^ 同書21頁。
  17. ^ 同書22頁。
  18. ^ 同書21頁、29頁。
  19. ^ 同書21頁。
  20. ^ 同書30頁。
  21. ^ 同書24頁。
  22. ^ 同書25-26頁。
  23. ^ 同書223-224頁。
  24. ^ 同書111頁。
  25. ^ 同書22頁。
  26. ^ 同書226頁。
  27. ^ 同書53頁、60-61頁。
  28. ^ 同書103-104頁。
  29. ^ 同書68-69頁。
  30. ^ 同書84-85頁。
  31. ^ 同書141-142頁。
  32. ^ 同書186頁。
  33. ^ 同書202-203頁。
  34. ^ 同書204頁。
  35. ^ 同書229頁。
  36. ^ 同書221-222頁。
  37. ^ 同書7-8頁。
  38. ^ 同書69-70頁。
  39. ^ 同書95頁。
  40. ^ 同書96頁。
  41. ^ 同書103頁。
  42. ^ 同書173頁。
  43. ^ 同書253頁。
  44. ^ 同書22頁。
  45. ^ 同書226頁。
  46. ^ 同書260頁。
  47. ^ 同書22頁。
  48. ^ 同書27頁。
  49. ^ 同書30頁。
  50. ^ 同書80-81頁。
  51. ^ 同書173頁。
  52. ^ 同書173頁。
  53. ^ 同書173-174頁。
  54. ^ 同書13-14頁。
  55. ^ 同書103頁。
  56. ^ 同書119頁。
  57. ^ 同書175-176頁。
  58. ^ 同書261頁。
  59. ^ 同書19頁。
  60. ^ 同書19-20頁。
  61. ^ 同書103頁。
  62. ^ 同書68頁。
  63. ^ 同書81頁。
  64. ^ 同書118-119頁。
  65. ^ 同書174頁。
  66. ^ 同書260頁。
  67. ^ 同書151-152頁。
  68. ^ 同書174頁。
  69. ^ 同書229頁。
  70. ^ 同書24-25頁。
  71. ^ 同書103頁。
  72. ^ 同書176-177頁。
  73. ^ 同書25頁。
  74. ^ 同書25頁。
  75. ^ 同書119-120頁。
  76. ^ 同書79-80頁。
  77. ^ 同書176-177頁。
  78. ^ 同書260-261頁。
  79. ^ 同書264-272頁。
  80. ^ 同書269-272頁。
  81. ^ 同書269-270頁。
  82. ^ 同書271頁。
  83. ^ 同書270頁。
  84. ^ 西村京太郎 『名探偵が多すぎる』 講談社〈講談社文庫〉、1980年、204-206頁。