佐伯俊道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

佐伯 俊道(さえき としみち、1949年3月8日 - )は、日本の脚本家

来歴[編集]

東京都出身。1971年公務執行妨害で逮捕されて学習院大学文学部哲学科中退[1]内ゲバに嫌気がさして学生運動を離れ、同年に東京ムービーに入社し[2]長浜忠夫の下で演出助手として『新オバケのQ太郎』などアニメ制作に携わるが、文芸部への移籍を申し出るも空きがないために退社[3]ストリップ劇場のスタッフなどを経て、1972年に梶間俊一に呼ばれ、主にテレビ映画を制作する東映東京制作所の契約者となる[2][4]。同年に東映東京撮影所契約者労働組合(東契労)の書記長に就任し、組合の専従に[2]。1980年、映画本編を制作する東映東京撮影所が初めてテレビ映画を手がけた『大激闘マッドポリス'80』でチーフ助監督に[5]

助監督として内藤誠野田幸男舛田利雄長谷部安春らに師事。1983年フリーとなり脚本家に転身し、主に日活ロマンポルノテレビドラマなどを手掛ける。

荒井晴彦高田純一色伸幸とともに山田耕大による企画製作会社ブレーントラストに参加。同社内の軋轢により、山田、宮島秀司らが新たに設立した企画製作会社メリエスに所属した。メリエス倒産後は自らエフ・デザインを立ち上げた[6]

主な作品[編集]

テレビドラマ[編集]

劇場映画[編集]

テレビアニメ[編集]

ビデオアニメ[編集]

出典[編集]

  1. ^ 佐伯俊道「終生娯楽派の戯言 第十一回 その名も東映番外地」『シナリオ (雑誌)|シナリオ]]』2013年4月号、pp.70-71
  2. ^ a b c 佐伯俊道「終生娯楽派の戯言 第二十回 いけいけ!闘争と性春の日々」『シナリオ』2014年1月号、pp.88-92
  3. ^ 佐伯俊道「終生娯楽派の戯言 第八回 三時のおやつは甘い誘惑」『シナリオ』2013年1月号、pp.52-55
  4. ^ 『映画芸術』第448号、p.63
  5. ^ 山本俊輔、佐藤洋笑『NTV火曜9時 アクションドラマの世界 『大都会』から『プロハンター』まで』DU BOOKS、2015年、p.302
  6. ^ 佐伯俊道「終生娯楽派の戯言 第五十五回 ホント、もうダメだぜこの会社と言い残して逝ったプロデューサー」『シナリオ』2017年3月号、pp.48-49

関連項目[編集]