湯殿山麓呪い村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
湯殿山麓呪い村
監督 池田敏春
脚本 荒井晴彦
佐伯俊道
製作 紫垣達郎
伊藤亮爾
黒澤満
製作総指揮 角川春樹(角川春樹事務所)
出演者 永島敏行
織本順吉
岩崎加根子
永島暎子
仙道敦子
青木義朗
田中義尚
榎木兵衛
音楽 林光
撮影 山崎善弘
編集 井上治
製作会社 角川春樹事務所(旧)
配給 東映セントラルフイルム
公開 日本の旗 1984年5月26日
上映時間 112分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 3億9000万円[1]
テンプレートを表示

湯殿山麓呪い村』(ゆどのさんろくのろいむら)は、山村正夫による同名の推理小説を原作とした、日本の伝奇ミステリー・サスペンス映画。角川春樹事務所の制作、東映セントラルフイルムの配給により、1984年に公開された。同時上映は井筒和幸監督の『晴れ、ときどき殺人』。

概要[編集]

大学講師で考古学者の滝連太郎(永島敏行)が、湯殿山麓に眠る幽海上人即身仏(ミイラ)の謎を解明すべく調査を開始すると、しだいに次々と奇怪な連続殺人が起こり、事件に巻き込まれてしまう。角川春樹製作総指揮のもと、監督に池田敏春、プロデューサーに紫垣達郎伊藤亮爾黒澤満らを迎え、山村正夫の同名小説を映画化した。作品の舞台となったのは、山形県鶴岡市に現存する湯殿山麓である。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中川右介『角川映画 1976-1986 日本を変えた10年』KADOKAWA、2014年、282頁。ISBN 978-4-04-731905-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]