氷の華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

氷の華』(こおりのはな)は、天野節子による日本小説及び、本作を原作としたテレビドラマ

作者の小説家デビュー作。2006年幻冬舎ルネッサンスから自費出版され、2007年単行本として幻冬舎から出版された。当初は別の出版社で発売予定であったが、直前にその出版社が倒産してしまい、「世に出すべきじゃないか」という編集担当の言葉に導かれ、別の出版社を探し幻冬舎ルネッサンスから発売が決まったという[1]。また著者は、2008年9月4日放送の徹子の部屋に出演した。Web漫画雑誌『スピカ』で、2008年10月号から東城和実によって漫画連載がされている。

概要[編集]

『氷の華』(天野節子・著)幻冬舎ルネッサンス刊。ISBNコード:4779000726。出版年月日は2006年9月30日。

あらすじ[編集]

夫が出張中のある日、妻の恭子の元に、関口真弓と名乗る女から電話がかかってくる。その女は、隆之の愛人で、隆之の子を妊娠している、と高圧的な態度で恭子に明かす。不妊症だった恭子はその事実に愕然とする。子どももできない上に家事もろくにできない女に妻の資格はない、と罵られ、はらわたが煮えたぎる思いの恭子は、夫が出張中の今の内に、と関口真弓を毒殺する。

犯行は完璧だった。証拠も一切残さなかった。しかし、事件の報道をどんなに待っても、関口真弓が妊娠していたという事実はない。夫は彼女との関係を認めたが、しっくり来ないものがあった。自分は一体誰を殺したのか、あの電話の主とは別人だったのか。自分は嵌められたのではないかと疑心暗鬼になる恭子だが、捜査の手は確実に迫っていく。

登場人物[編集]

主要人物[編集]

瀬野 恭子(せの きょうこ)
専業主婦。小学校から大学まで女子校だった。昔のままの体型と美貌を保っている。中学生の時に、両親を航空事故で亡くして以来、叔父夫婦に育てられた。叔父は東陽事務機の常務だった。自宅は500坪の土地に立つ日本家屋で、旧家として雑誌に取り上げられるほど立派。スイミングテニスなどのスクールに通っている。唯一する家事は、夫がビールを飲むグラスを冷やしておくこと。
瀬野 隆之(せの たかゆき)
恭子の夫。東陽事務機営業部長。長身のスポーツマンタイプで、人当たりも良い。36歳。妻が常務の姪ということもあり、出世が早かった。事件当日はシンガポールへ出張していた。
自称・関口 真弓(せきぐち まゆみ)
隆之の愛人と名乗った女。妊娠5カ月。恭子に離婚を迫る。甘ったるい喋り方で字も下手。
被害者・関口 真弓
33歳。事務メーカーの経理課OL。離婚歴がある。美人でもなく、おしゃれでもなく、無口で暗い性格のため、社内では孤立していた。

警察関係者[編集]

戸田 克巳
警視庁捜査一課の警部補。ベテラン刑事。妻・頼子と2人の娘と暮らしている。
篠原 貞夫
検察官。戸田とは仕事を通して、10年来の付き合い。
大塚 宗雄
練馬西署の新鋭。
橋本
練馬西署の刑事課長。捜査の指揮を取る。
田辺
大塚の同僚。若手の刑事。

東陽事務機[編集]

水野 真一
被害者の直属の上司。経理課長。40代半ば。
佐伯 玉緒
遺体の第一発見者。被害者の同僚。22歳。
上田 加奈子
東陽事務機社員。
田代 幸恵
東陽事務機社員。
中野(藤田) 久美子
被害者と割と仲が良かったらしい。2年前に寿退職している。

その他[編集]

佐久間 光男
T自動車の営業マン。
高橋 康子
恭子の友人。長らくニューヨークに住んでいたが、帰国。現在は出版社に勤めている。恭子の自宅を取材する。
滝口 好美(たきぐち よしみ)
恭子の友人。舞台女優。
杉野 妙子
瀬野家の家政婦。
山本 奈津子
被害者の隣人。
田村 幸子
被害者の隣人。隆之が真弓の部屋に出入りするのを目撃。
吉岡 達郎
恭子の叔父。東陽事務機創立者の一人。1年前に亡くなっている。
浜口 ゆかり
恭子の友人。趣味で彫金をやっている。
勝本 美代
犯行日、恭子がワイン売り場でぶつかった老婦人。
島田 美津子
軽井沢にある恭子の別荘の管理人。
和歌子
恭子が隆之と婚約していた頃、彼のスーツのポケットから見つけた手紙の差出人。当時隆之と交際していたらしき女性。
名取 悦男
恭子の弁護士。恭子の父の弟子だった。
加賀 作次郎
町役場に勤めていたが、定年を迎え、現在はパチンコに勤しみながら、孫娘を溺愛する日々を送る。長男家族と暮らしており、嫁も職に就いているので、家事や孫の面倒をまめにこなす。70歳過ぎ。物語冒頭でひき逃げに遭い死亡。

テレビドラマ[編集]

氷の華
ジャンル テレビドラマ
原作 天野節子『氷の華』
脚本 佐伯俊道
監督 和泉聖治
出演者 米倉涼子
高岡早紀
葉月里緒菜ほか
製作
プロデューサー 藤本一彦
井口喜一
制作 テレビ朝日
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2008年9月6日7日
放送時間 21:00 -
回数 2

テレビ朝日開局50周年ドラマとして、2008年9月6日7日に放送された。第一夜 (16.8%)、第二夜 (18.0%)。

恭子の幼少時の出来事、またピアニストという職業が加えられ、隆之らの勤め先が事務機メーカーから病院へと変わっている。最後は松本清張の『砂の器』を彷彿とさせるラストで幕を閉じる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

遅れネット局[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ テレビ朝日公式サイトより

外部リンク[編集]