天使のアッパーカット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

天使のアッパーカット』(てんしのアッパーカット)は、喜多嶋隆による日本の小説作品、及びそれを元に製作されたテレビドラマ

あらすじ[編集]

ハワイで暮らす麻生小麦は、16歳ながら喫煙や飲酒をしているツッパリ少女。そんな娘の素行の悪さに愛想が尽きた父親によって、日本に住む親戚の洋食屋に預けられた小麦は鎌倉の高校に編入することに。だが、学校内では女子柔道部からなる不良グループ「第2生徒会」が暗躍していた。帰国子女であることや、環境の違いから学校で抵抗し続けていたことから、小麦は「第2生徒会」からさまざまなイジメを受けるが、それに対抗すべく、元ボクサーで洋食屋のコックをしている仁からボクシングの手ほどきを受ける。

単行本[編集]

1985年、講談社から単行本が発売。後に講談社X文庫ティーンズハートから再版された。

漫画[編集]

講談社コミックスmimiから発売(漫画・目白花子)。内容は原作版に準ずる。

テレビドラマ[編集]

天使のアッパーカット
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1986年6月24日 - 同年10月14日(13回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
監督 山口和彦江崎実生、合月勇
原作 喜多嶋隆
脚本 大原清秀佐伯俊道
出演者 大塚真美
ナレーター 芥川隆行
テンプレートを表示

大映テレビ製作の連続テレビドラマ作品として1986年6月24日から10月14日までTBS系列で放送された。内容は原作版の流れを若干残しつつも、登場人物名や設定の一部変更の他、主人公・慶子に隠された出生の秘密や仁の過去の因縁などの要素を加えたものになっている。TBSチャンネルでの再放送が行われているが、映像ソフト化はされていない。

テレビドラマ版のあらすじ[編集]

慶子は、父・和男の転勤が多く、そのたびに転校を繰り返してきたため、どこの学校でもツッパリと呼ばれ続けていた。東京国立市に引っ越した慶子は私立緑ヶ丘高校に編入するが、そこで待ちうけていたのは教師たちが厳しすぎる校則で縛り付け、学校内に暗躍する謎の不良グループ「紅薔薇組」に怯えながら学校生活を送る生徒たちの姿だった。転校早々「紅薔薇組」に目をつけられ、教師たちへの反抗的な態度から退学を迫られた慶子の窮地を救ったのは生徒会長の美樹だった。時を同じくして、慶子は和男の口から実の姉がいることを告げられた。慶子と美樹の出会いは、二人にとって波乱に満ちた闘いの始まりとなった。

キャスト[編集]

主題歌[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 監督 視聴率
第1回 1986年
6月24日
全てはあのトランクから始まった 大原清秀 山口和彦 11.0%
第2回 7月1日 何が少女に起ったか 8.1%
第3回 7月15日 悪魔の棲む学園 佐伯俊道 江崎実生 10.4%
第4回 7月29日 処刑学園 合月勇 6.8%
第5回 8月5日 咲き乱れる悪の花 大原清秀 山口和彦 7.6%
第6回 8月12日 呪われた姉妹 江崎実生 6.7%
第7回 8月19日 血ぬられた退学届 佐伯俊道 合月勇 7.2%
第8回 8月26日 生徒会長の秘密 江崎実生 7.0%
第9回 9月9日 紅ばら姉妹 大原清秀 山口和彦 7.4%
第10回 9月16日 亡き母のララバイ 合月勇 7.1%
第11回 9月23日 涙の果たし状 佐伯俊道 山口和彦 5.8%
第12回 10月7日 闘わんかな時至る 江崎実生 6.4%
最終回 10月14日 時は秋、心は春 大原清秀 6.8%
平均視聴率 7.6% (ビデオリサーチ、関東地区)

その他[編集]

  • 主役を演じた大塚真美は、本作への出演に際し、「大映テレビのドラマってすごく好きだったの。百恵さんのときから見てたんだから。私なんか脇役でもいいから出てみたいと思ってたのに、それがいきなり主役でしょ。もう嬉しくって嬉しくって、撮影の始まる三日前からエンエン泣いちゃった。それだけに一生懸命やっています。だから野球を見ずに、ドラマを見てくださいね」と述べていた[1]。ドラマで演じた松岡慶子とは違い、自分の性格は明るいという。また、見た目は結構きつそうに見られるが、実際は慶子のように強くないので、あんなに虐められたら学校を辞めるとも語っている[2]
  • 本作の視聴率も前作『遊びじゃないのよ、この恋は』同様1桁台の平均視聴率を記録した。また本作終了後のこの時間の連続テレビドラマ放送枠は放送時間を日曜日20:00台に移して『おんな風林火山』が放送され、1986年10月のTBS系列20時台の番組は19時20分より放送のバラエティ番組『ドキド欽ちゃんスピリッツ!!』となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「好きだから、エンジェルキッス 大塚真美」UP to boy ワニブックス、1986年9月号
  2. ^ 「本当の私はあんなに強くないです」近代映画 近代映画社、1986年10月号

外部リンク[編集]

TBS系 火曜20時枠(1986年6月 - 1986年10月)
前番組 番組名 次番組
天使のアッパーカット
【本番組まで連続テレビドラマ枠
TBS 火曜20:51 - 20:54枠
遊びじゃないのよ、この恋は
(20:00 - 20:54)
天使のアッパーカット
【同上】
【本番組までネットセールス】
ことばのプリズム
※火曜のみ19:58より移動
関東ローカル