おおヒバリ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおヒバリ!
ジャンル 学園ドラマ
脚本 窪田篤人、桜井秀雄
演出 鈴木利正楠田泰之桜井秀雄
出演者 北大路欣也古谷一行島田陽子秋野暢子葦原邦子穂積隆信名古屋章 ほか
オープニング マキシム(Maxime Le Forestier)『感情教育(Education Sentimentale)』
製作
プロデューサー 飯島敏宏
制作 TBS木下恵介プロダクション
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1977年10月25日1978年5月30日
放送時間 火曜日20:00〜20:55
放送枠 TBS火曜8時枠の連続ドラマ
放送分 55分
回数 30

おおヒバリ!』は、1977年10月25日から1978年5月30日まで、TBS系列にて放映された学園ドラマ

放送時間は毎週火曜日20:00~20:55。全30話。

概要・内容[編集]

舞台は横浜に新設された学園『私立港南若葉学園』で、ここで展開する日常、出来事、問題などを描いた青春喜劇である。

主人公・杉山賢一は、三年前に生徒に暴力を奮い、それが問題となった末に若葉学園を辞めていった。その後は倉庫会社に勤めているが、ある日、若葉学園の理事長代行を務める伊沢治が賢一に「若葉学園に戻って来てほしい」に頼む。これに治のおばで理事長のトモ、教頭の田貫が反対するが、「暴力を奮わないこと」の条件で賢一は若葉学園の教師に復職する。そして三年D組の担任に着任、賢一のことを「オニ山」と呼ぶ生徒たちとの付き合いが始まる。 物語の前半は教師杉山と建史等ラグビー部の生徒たちとのストーリーがメインだったが後半は杉山、伊沢そして「トラピスト」のあだ名で呼ばれる京子、そして伊沢に好意を持つ建史の姉ヨシ子の四角関係が中心になる(特に伊沢の苦悩)。京子は理事長の甥である伊沢と婚約関係にあったが、男らしい杉山の人間性に惹かれていき、伊沢はそれに嫉妬していくが最終回で決着がつくことになる。また教頭の腰ぎんちゃくだった「兵学校」こと古田(実際は兵学校に通っていなかったことをドラマ終盤に告白する)は京子の同僚教師の絹江に愛を告白してハッピーエンドを迎える。物語の最後を〆たのは理事長が歌うメンデルスゾーンの「おおヒバリ」であった。

キャスト[編集]

(出典:[1]

スタッフ[編集]

(出典:[1]

主題歌[編集]

『感情教育(Education Sentimentale)』- 歌・演奏:マキシム(Maxime Le Forestier)

サブタイトル[編集]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出
1 1977年10月25日 噂のあいつ 窪田篤人 鈴木利正
2 11月1日 三年D組です
3 11月8日 男の汗のほとばしり 楠田泰之
4 11月15日 寝れなくって
5 11月29日 僕たちの悩みは 鈴木利正
6 12月6日 ウインター・ハズ・カム
7 12月13日 愉快・痛快・全快 楠田泰之
8 12月20日 なつかしや青春
9 12月27日 暗ヤミでドキドキ 鈴木利正
10 1978年1月3日 感冒と風邪
11 1月10日 オニ山VSサル山 楠田泰之
12 1月17日 遂にやった!
13 1月24日 港南よいとこ 鈴木利正
14 1月31日 ラブストーリィ
15 2月7日 プロポーズ 楠田泰之
16 2月14日 青春記念 桜井秀雄
17 2月21日 聞いて驚け 窪田篤人 鈴木利正
18 2月28日 悲しけりゃ 桜井秀雄
19 3月7日 受験前線通過中 楠田泰之
20 3月14日 輝け! ワースト・スリー
21 3月21日 3D+浪人=4D 鈴木利正
22 3月28日 くたばれオニ山
23 4月11日 悩ましいんです 楠田泰之
24 4月18日 気が気じゃない
25 4月25日 純粋異性交遊 鈴木利正
26 5月2日 あゝ! 結婚
27 5月9日 五月の恋は切なくて 楠田泰之
28 5月16日 困ったなァ
29 5月23日 優しいあいつ
30 5月30日 ヒバリよ高らかに

参考文献・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 週刊テレビ番組(東京ポスト)1978年1月27日号 p.51〜「特選テレビ劇場 おおヒバリ!」
TBS 火曜20時台(1977年10月 - 1978年5月)
前番組 番組名 次番組
おおヒバリ!