おくさまは18歳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

おくさまは18歳』(おくさまはじゅうはっさい)は本村三四子作の少女漫画。およびこれを原作としたテレビドラマと劇場用映画。

少女漫画[ソースを編集]

集英社週刊マーガレット」に1969年8月より1970年8月まで連載された。ラブコメディの典型的なスタイルを生み出した作品とされる。

舞台はアメリカのカレッジ「スイートピー学園」。青年教師のリッキー・ネルソンと女学生のリンダ・ネルソンは結婚している事を隠して学園生活を送っているが、次々に事件に巻き込まれ、秘密がばれそうになるというもの。

テレビドラマ(1970年版)[ソースを編集]

おくさまは18歳
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1970年9月29日 - 1971年9月28日(53回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS大映テレビ室
監督 湯浅憲明
原作 本村三四子
脚本 佐々木守
才賀明
長野洋
出演者 岡崎友紀
石立鉄男
テンプレートを表示

1970年9月29日から1971年9月28日までTBS系列で全53回が放送された。

企画[ソースを編集]

1969年秋、取材先の北海道網走の食堂で、偶然週刊マーガレットに連載中の原作を見出した脚本家の佐々木守は、設定を日本の高校に移し変えてドラマ化を企画。大映テレビ室のプロデューサー春日千春の元に持ち込み、TBSで放映が決定した。

佐々木の構想では、恋愛が成就するまでを描く「青春ドラマ」とも結婚生活から始まる「ホームドラマ」とも違う、秘密に結婚したカップルが学園生活を送るという、かつて無かった「思春期ドラマ」であり、“笑いとサスペンスに満ちたライトコメディ”であるとされている。

佐々木の最初の案に拠れば、イメージキャストの第一候補として、主役の高木飛鳥役と高木哲也役にそれぞれ吉沢京子西郷輝彦の名が挙げられ、放送時間も夜9時台が予定されていたが、春日の決断により、コメディ演技に関しては未知数だった岡崎友紀石立鉄男が敢えて起用され、放送時間も子供にも見てもらえる時間帯にするために夜7時台に変更された。そのため露骨な性描写は抑えられ、演出もリアリティよりもメルヘン的な雰囲気を強調したものにされた(なお、高木飛鳥という役名は、当時佐々木が日本古代史、特に飛鳥地方に関心を持っていたために付けられたものである)。

脚本、演技、演出[ソースを編集]

佐々木の用意した脚本は型破りな、ト書きまでもが砕けた会話調で書かれたポップな乗りのもので、スタッフと出演者のイメージを膨らまさせ、新しい演出のアイデアやアドリブ演技が次々と生み出されていった。

漫画原作のドラマに最初は強い抵抗を感じていた哲也役の石立は、本作を単なるドタバタ劇に終わらせまいという意欲の元に、台詞のやり取りで面白さを表現するファルス(笑劇)の効果を狙った演技プランを提案し、台詞のメリハリとリズム感を強調して対話のスピードを通常よりも大幅にテンポアップした。佐々木初めスタッフ達はそれを受け入れ、30分ドラマに通常の一時間ドラマ並みの台詞を取り込んだ。最初は気後れしていた飛鳥役の岡崎も天性の感性の良さを発揮して、すぐに石立の演技に喰らいついてゆき(ルシル・ボールの演技を参考にしたと発言している)、やがては絶妙に息の合った夫婦を作り上げていった(なお後年石立は回想で岡崎の演技を「二週間で僕の芝居を覚えてしまった。僕がこれまでに会った女優さんの中で一番感性のいい人だった。」と賞賛している)。

メイン監督の湯浅憲明は一名「三段落ちショット」とも言われる、シーンの変わり目に女性スキャットをバックに小道具の花や人形などの約一秒間のアップ映像を3ショット連続で写しこみ、ドラマの状況を明示し、テンポ感をつけてからストーリーを展開させる演出法を作り上げた。湯浅の持論は「コメディは三拍子が面白い」というもので、この考えに支えられて、うつみみどり(現・うつみ宮土理)演ずる花咲ユメ子の流行語にもなった「くやしいわ、くやしいわ、なんだかとってもくやしいわ(様々なバリエーションあり)」というギャグも生まれた。

さらにドラマの後半には、佐々木が本作と同時期に手掛けたドラマ「お荷物小荷物」(1970年 朝日放送)で多用された、ドラマの中で出演者が唐突に視聴者に語りかける「脱ドラマ演出」も試みられている。この演出法は次回作の「なんたって18歳!」でより徹底して使用された。

また、本作のシチュエーションコメディとしての「主人公にまつわる秘密を巡って騒動が展開する」という“黄金の設定”を使った構成に米国ドラマ『奥さまは魔女』の影響を指摘する向きもある(『動画王 vol.02 スーパー魔女っ子大戦』「特撮魔法少女列伝」二神啓通 )。

反響[ソースを編集]

  • 本作は放送が始まると同時に人気を獲得し、最高視聴率33.1%を記録。このため2クール26話の最初の放送予定が一年間53話に延長された(全体の平均視聴率は25%)。
  • 岡崎友紀は本作によって1970年度テレビ大賞新人賞を受賞した。
  • 映画評論家の宇田川幸洋は「(本作を)超えるラブコメディはいまだにない。(中略)一生見つづけても飽きることのない夢のような傑作である」と賞賛している。
  • 現在でも知名度の高い人気作品であり、再放送も多くされた。後にソフト化もされておりこれまでにVHSビデオ、LD、DVD版が発売されている。
  • 本作によって国民的アイドルの座を確立した岡崎の人気とキャラクターに立脚した「18歳シリーズ(ライトコメディシリーズ)」(-1974年)が後続番組として製作され、さらに本作の設定を一部変更した「秘密のデカちゃん」(1981年)、「だんなさまは18歳」(1982年 以上TBS)、「お願いダーリン!」(1993年 フジテレビ)といった実質的リメイク作品が新たに製作されるなど、主人公にまつわる秘密を巡って騒動が展開するという黄金の設定による和製シチュエーション・コメディ/ラブコメディの典型的王道的スタイルが定着した[1]。「日本のテレビ史上に燦然と輝くライトコメディの傑作、どれをとっても空前絶後の出来栄えだった」(花崎真也)[2]

あらすじ[ソースを編集]

飛鳥は高校三年の18歳。病床にある祖母に花嫁姿を見せるために父親同士が決めた婚約者・高木哲也と田舎で結婚し、哲也の勤める北辰学園に転校することになる。だが学園長は、二人のことを認めながら、教育上また学園の精神に則り教師と生徒が結婚していることがわかってはいけないと秘密にすることを厳命、もしばれたら哲也は即刻解雇、飛鳥も同様に退学だと約束させられる。かくして独身とされた哲也が、司書の小山や、渋沢先生、女生徒たちにモテる姿をやきもきしながら見守ることになる飛鳥。その飛鳥も男子生徒たちの人気者になり男性教諭・海沼からも慕われる始末。自宅の隣のおばさんも哲也と飛鳥を兄妹と思い、哲也に縁談を持ち込むので二人は学校でも家庭でも常に波乱に巻き込まれるのだった。

放送リスト[ソースを編集]

回数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 1970年9月29日 結婚したことヒミツなの! 佐々木守 湯浅憲明
2 10月6日 シットしちゃおう燃えちゃおう
3 10月13日 おとなってなあに
4 10月20日 押しかけ女房がきーちゃった 佐々木守 枝川弘
5 10月27日 私、ミスじゃないのに
6 11月3日 結婚してくれですって 多々良純伊東昭夫
7 11月10日 ニクイあのひと 坂倉晴恵市村俊幸
8 11月17日 負けてたまるか 坂倉晴恵、市村俊幸
9 11月24日 こっち来ちゃイヤン 宮内婦貴子 坂倉晴恵、市村俊幸
10 12月1日 あなたなんかキライ 才賀明 坂倉晴恵
11 12月8日 未成年お断り 青木敏 荻島真一
12 12月15日 あなた テストの問題教えて 佐々木守 枝川弘
13 12月22日 あなたは左 わたしは右よ
14 12月29日 そこに胸があったのよ 青野暉 木島進介
15 1971年1月5日 お夢は白い船の中
16 1月12日 台風が来ーちゃった 才賀明 枝川弘 若水ヤエ子
17 1月19日 ラブレターが来ちゃった 佐々木守 湯浅憲明
18 1月26日 病気なんてイヤよ 石井富子
19 2月2日 はじめてのデート 才賀明 枝川弘
20 2月9日 子分にしてくれ 佐々木守 青野暉
21 2月16日 アルバイトはたいへん 才賀明 増田順司
22 2月23日 別々はイヤ 岡屋竜一
23 3月2日 哲也 誰にもふれないで 佐々木守 伊藤高
24 3月9日 邪魔なアイツ 才賀明 湯浅憲明 東野孝彦
25 3月16日 ホントのこと言っちゃった 佐々木守 枝川弘 鈴木やすし
26 3月23日 もう一人の飛鳥 才賀明 岡屋竜一 大和田伸也高見エミリー
27 3月30日 すてきに悲しい日曜日 佐々木守 青野暉
28 4月6日 ヤキモチはやきません 才賀明 枝川弘
29 4月13日 全員ハンターイ!
30 4月20日 花と海と太陽と… 青野暉
31 4月27日 まったく不愉快!! 北村篤子 峰岸隆之介
32 5月4日 一日だけの夫婦 岡屋竜一 松岡きっこ
33 5月11日 てんでブルーな誕生日 佐々木守
34 5月18日 イヨオ!マンガねえちゃん 帯盛迪彦
35 5月25日 花嫁学校落第生 田村魚菜
36 6月1日 困ったお隣さん 才賀明 枝川弘 中村俊男 ( 現・ 中村ブン)
37 6月8日 わたしまじめな奥さんなのよ 石松愛弘 帯盛迪彦 平泉征原泉
38 6月15日 PTAでーす 才賀明 宮下泰彦
39 6月22日 娘さんよく聞けよ 岡屋竜一 中山千夏
40 6月29日 イヤミなじいさんと高原だョーン 佐々木守 帯盛迪彦 柚木れい子
41 7月6日 ライバル参上 才賀明 枝川弘
42 7月13日 キッスがいっぱい
43 7月20日 夢はもういや 山本修佑 帯盛迪彦
44 7月27日 隣りの男にご用心 才賀明 岡屋竜一 野呂圭介
45 8月3日 離婚しまーす 長野洋 桑山正一
46 8月10日 真ッ黒こげの季節です 才賀明 青野暉
47 8月17日 お芝居でーす 石松愛弘 枝川弘
48 8月24日 恋文泥棒 長野洋 岡屋竜一 片山豊
49 8月31日 占いなんて当たらない 才賀明 青野暉 金内喜久夫
50 9月7日 魔女・まじょ・マジョ 長野洋 枝川弘
51 9月14日 海沼先生やめないで 才賀明 吉田義夫
52 9月21日 ゴキブリ・尼さん・PTA 佐々木守 湯浅憲明 文野朋子宗形智子
53 9月28日 始めよければ終りよし

主題歌・挿入歌[ソースを編集]

主題歌
「おくさまは18歳」(EPレコードは「おくさまは18才」)作詞:岡崎友紀、作曲:長沢ロー、歌:岡崎友紀
挿入歌
「小さなお城」作詞:岡崎友紀、作曲:T.パインフィールド、歌:岡崎友紀

キャスト[ソースを編集]

スタッフ[ソースを編集]

データ[ソースを編集]

  • 製作:大映テレビ室TBS
  • 放送局:TBS系列
  • 放送期間:1970年9月29日~1971年9月28日
  • 放送時間:毎週火曜日、19:00~19:30
  • 放送回数:全53回
  • 放送形式:カラー・16mm
TBS 火曜19:00枠
【本番組よりドラマ枠
前番組 番組名 次番組
おくさまは18歳

劇場用映画[ソースを編集]

おくさまは18才 新婚教室
監督 山本邦彦
脚本 石川達人、山本邦彦
原作 本村三四子
製作 本木荘二郎、吉野達弥、長沢ロー
出演者 岡崎友紀石立鉄男
音楽 荒木圭男、長沢ロー
撮影 鷲尾馨
製作会社 国際プロデュースセンター、ロープロモーション
配給 東宝
公開 日本の旗1971年6月5日
上映時間 84分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

テレビドラマのヒットを受けて『おくさまは18才 新婚教室』のタイトルで映画化された。当時大映は経営危機で映画製作は不可能な状態だったため、東宝が製作・配給を請け負った。そのため主演の岡崎・石立以外のキャスト・スタッフはテレビドラマとは異なっている。

  • 製作:国際プロデュースセンター、口一プロモーション
  • 配給:東宝
  • 製作 / 公開年:1971年6月5日
  • 同時上映:恋人って呼ばせて(主演:吉沢京子)
  • カラーシネマスコープ
  • 上映時間:84分

スタッフ[ソースを編集]

キャスト[ソースを編集]

テレビドラマ(2011年版)[ソースを編集]

2011年3月27日から西川貴教夏菜の出演によるリメイク版がフジテレビTWOで放送。90分×4話。

本作では哲也(西川)が臨時教師として勤務していた北辰学園(都内の男子校という設定)が、少子化に伴う経営難により飛鳥(夏菜)の通う女子高と経営統合して共学化したため(学校名は「北辰学園」だが、校舎等は女子高のものを使用し校長も女子高側から出されるなど、事実上は女子高が北辰学園を吸収合併した形)、同じ学校に通うことになったという扱いになっている。

キャスト[ソースを編集]

スタッフ[ソースを編集]

主題歌[ソースを編集]

メインテーマ
「Merry-go-round」作詞:牧野由依、作曲・編曲:佐々倉有吾、歌:牧野由依

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『スクール ウォーズ』を作った男 | 山中伊知郎著 洋泉社刊より
  2. ^ 月刊「」2002年12月号・テレビの世紀-11より

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]