少年ジェット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

少年ジェット』(しょうねんジェット)は、雑誌『ぼくら』に連載された武内つなよし作の漫画作品、およびそれを原作とする特撮テレビ番組、またその主人公の通称である。

概要[編集]

名探偵船越宏(ふなこし ひろし)の助手である少年ジェットこと北村健(きたむら たけし)は白いマフラー姿[1]でオートバイにのり、シェパードの愛犬シェーンとともに怪盗ブラック・デビルをはじめとする悪人たちに立ち向かう。ジェットを見守るのが私立探偵の船越と警視庁の荒川課長である。漫画版では船越は「紅さそり」冒頭で殺害されるが、テレビ版ではアメリカに勉強に行くという設定で姿を消す。ジェットの武器は拳銃に似た「スーパーコルト」、必殺技は「ミラクルボイス」。少年ジェットは正義の味方であるので、悪人といえども決して殺さず、スーパーコルトは引き金を引くと火を噴いて相手をしびれさせ、ミラクルボイスも「ウー、ヤー、ター!」と大声を出して震動を起こし敵を失神させる技である[2][5]。ミラクルボイスは人気を博し、「ウー、ヤー、ター!」は流行語となった[6]

1987年にはフジテレビの「スーパーテレビ宣言」キャンペーンで鴻上尚史が少年ジェットに扮してコマーシャルに出演している。

漫画版[編集]

月刊誌『ぼくら』に1959年から3年間連載されていた。

テレビ版[編集]

少年ジェット
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
原作 武内つなよし
出演者 中島裕史(- 第65回)
土屋健(第66回 -)
少年ジェット
放送時間 水曜19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1959年3月4日 - 1960年9月28日
新・少年ジェット
放送時間 日曜9:00 - 9:30(30分)
放送期間 1961年7月2日 - 1962年4月1日
テンプレートを表示

1959年3月4日から1960年9月28日まで大映テレビ室製作でフジテレビにて放映された。ヱスビー食品一社提供番組。また1961年7月2日から1962年4月1日までは続編『新少年ジェット』が放映された。大映テレビ室の第一回作品である。大映テレビ室では第一回作品を制作するにあたり、当時、『赤胴鈴之助』で大ヒットを飛ばしていた漫画家の武内つなよしに原作を依頼した。武内はプロットのほか、悪役のコスチュームも担当し、『ぼくら』への連載も武内が決めたものだった。当時、武内は人気絶頂の頃で、「漫画の連載とテレビの仕事の両立は大変だった」と生前のインタビューで語っている。出演俳優は大映の端役俳優が大半で、レギュラーも含めて有名俳優の出演はほとんどない。子役時代の和泉雅子が出演していることが話題になるくらいである。また後にアニメの声優として活躍した北川国彦が悪役で出演している。ほかに『月光仮面』』にも出演した漫才師の宮田芙蓉が「紅さそり」に三枚目の役で出演しているのも特筆される。、荒川課長に扮した原田該は、大映の脇役俳優で、『敵中横断三百里』など重要な役で出演した作品もある。

少年ジェットのオートバイには富士産業ラビットマイナーを使用している[6]。製作主任にクレジットされる大鶴秀栄(大鶴日出栄[7]は、理研映画出身の人物であり、劇作家の唐十郎の実父である[8]

漫画版とテレビ版の違い[編集]

テレビは一エピソードが基本的に13回完結のため、漫画版のストーリーを基にしているものの内容は細部で異なる部分がある。漫画版「紅さそり」のエピソードの冒頭では、ジェットの師でもあった船越探偵が、荷蛭に殺害される。荷蛭は自分を殺害してミラクルボイスの特許の独占を狙った学者たちに復讐しようとしてジェットにミラクルボイスを会得させる。だがジェットはミラクルボイスを使って逆に荷蛭たちを倒して船越の仇を討つ。当初の宿敵であったジェームスは零落した姿で登場し、荷蛭に便乗してジェットを殺害しようとするが失敗し逃げ去る。テレビ版の冒頭では、荒川課長が、アメリカに勉強に行った船越探偵のかわりに自分がジェットを見守ることを決意する場面がある。テレビ版では宿敵のジェームスの出番が多く、荷蛭の復讐に便乗して彼になりすまし、ミラクルボイスの特許を学者たちから奪い巨額の利益を得ようとする。荷蛭はジェットに助けられて改心し、逆に念力で巨大なサソリを登場させてジェームスの息の根を止める。なお漫画版は連載当時、「紅さそり」の巻までしか刊行されていない。これは当時、一般的なことで、人気漫画でも全話刊行されることは稀だった。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放映リスト[編集]

少年ジェット
  • 第1回 - 第13回(1959年3月4日 - 5月27日) - 黒い影(1 - 13)
  • 第14回 - 第26回(1959年6月3日 - 8月26日) - 鉄人騎士(1 - 13)
  • 第27回 - 第39回(1959年9月2日 - 11月25日) - 紅さそり(1 - 13)  
  • 第40回 - 第44回(1959年12月2日 - 12月30日) - 怪盗デビル(1 - 5)      
  • 第45回 - 第48回(1960年1月6日 - 1月27日) - 廃屋の幽霊(1 - 4)
  • 第49回 - 第52回(1960年2月3日 - 2月24日) - 怪人対魔人(1 - 4)
  • 第53回 - 第57回(1960年3月2日 - 3月30日) - 宇宙病人間(1 - 5)      
  • 第58回 - 第62回(1960年4月6日 - 5月4日) - 呪いの孤島(1 - 5)      
  • 第63回 - 第65回(1960年5月11日 - 5月25日) - 魔人の最后(1 - 3)
  • 第66回 - 第70回(1960年6月1日 - 6月29日) - 二つの顔(1 - 5)      
  • 第71回 - 第74回(1960年7月6日 - 7月27日) - 見えない怪盗(1 - 4)
  • 第75回 - 第78回(1960年8月3日- 8月24日) - ハリケーン博士(1 - 4)      
  • 第79回 - 第83回(1960年8月31日 - 9月28日) - 狂った画家(1 - 5)      
新少年ジェット
  • 第1回 - 第5回(1961年7月2日 - 7月30日) - デビルの挑戦(1 - 5)
  • 第6回 - 第9回(1961年8月6日 - 8月27日) - 金獅子仮面(1 - 4)
  • 第10回 - 第13回(1961年9月3日 - 9月24日) - 生き返った怪人(1 - 4)
  • 第14回 - 第18回(1961年10月1日 - 10月29日) - 象牙ライターの秘宝(1 - 5 )
  • 第19回 - 第22回(1961年11月5日 - 11月26日) - 黄金の十字架(1 - 4)
  • 第23回 - 第26回(1961年12月3日 - 12月30日) - 魔女神(バラモン)の大秘宝(1 - 4)

映像ソフト化 [編集]

  • 2000年5月12日に第1部「黒い影」、2000年8月11日に第3部「紅さそり」のVHSが大映より発売された[9]。各部とも全6巻[9]
  • 2001年7月25日から11月22日にかけて「怪盗デビル」から「狂った画家」まで収録したDVD-BOX3巻が発売大映・販売エスモックにより発売された[10][11][12][13]。その後、2003年12月21日から2004年2月25日にかけて「黒い影」から「紅さそり」までを収録した第4巻から第6巻が追加発売された[14][15][16]
  • 2002年1月25日から3月22日にかけて「怪盗デビル」から「狂った画家」までを各章ごとに収録した単巻DVDが発売された[17][18][19][20][21][22][23][24][25][26]。全10巻。
  • 『新少年ジェット』のDVDは発売されていない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://plaza.rakuten.co.jp/oyama009/diary/201209120000/
  2. ^ ミラクルボイスは、テレビ版の第3シリーズ『紅さそり』で少年ジェットが会得した。もとは荷蛭妖造(にひる ようぞう)が開発した必殺技である。荷蛭はミラクルボイスの特許を狙い自分の殺害を図った学者グループに復讐するため、少年ジェットにミラクルボイスを会得させる。そのためミラクルボイスが少年ジェットの必殺技になったという設定である。
  3. ^ 全怪獣怪人』上巻、勁文社1990年3月24日、pp.42 - 43。C0676。ISBN 4-7669-0962-3
  4. ^ 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、40頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  5. ^ ミラクルボイスの登場は武内がテレビ版スタッフに自作品『赤胴鈴之助』の真空切りのような技を出してほしいとリクエストしたことによるもので、演出も真空切りを意識している[3][4]
  6. ^ a b 石橋春海 『'60年代 蘇る昭和特撮ヒーロー』 コスミック出版〈COSMIC MOOK〉、2013年12月5日、28-30頁。ISBN 978-4-7747-5853-4
  7. ^ 少年ジェット DVD-BOX5 鉄人騎士篇CDジャーナル音楽出版社、2015年3月4日閲覧。
  8. ^ 唐十郎 わが青春浮浪伝日本図書センター、2015年3月4日閲覧。
  9. ^ a b 「2000TV・映画 特撮DVD・LD・ビデオ&CD」『宇宙船YEAR BOOK 2001』 朝日ソノラマ〈宇宙船別冊〉、2001年4月30日、66頁。雑誌コード:01844-04。
  10. ^ 「綴込特別付録 宇宙船 YEAR BOOK 2002」、『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ2002年5月1日、 169頁、 雑誌コード:01843-05。
  11. ^ 少年ジェット DVD-BOX1(初回限定生産)|NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン”. 2014年8月9日閲覧。
  12. ^ 少年ジェット DVD-BOX2(初回限定生産)|NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン”. 2014年8月9日閲覧。
  13. ^ 少年ジェット DVD-BOX3(初回限定生産)|NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン”. 2014年8月9日閲覧。
  14. ^ 少年ジェット DVD-BOX4(初回限定生産)|NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン”. 2014年8月9日閲覧。
  15. ^ 少年ジェット DVD-BOX5 鉄人騎士篇(初回限定生産)|NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン”. 2014年8月9日閲覧。
  16. ^ 少年ジェット DVD-BOX6 紅さそり篇(初回限定生産)|NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン”. 2014年8月9日閲覧。
  17. ^ 少年ジェット 怪盗デビル篇 |NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン”. 2014年8月9日閲覧。
  18. ^ 少年ジェット 廃屋の幽霊篇 |NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン”. 2014年8月9日閲覧。
  19. ^ 少年ジェット 怪人対魔人篇 |NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン”. 2014年8月9日閲覧。
  20. ^ 少年ジェット 宇宙病人間篇 |NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン”. 2014年8月9日閲覧。
  21. ^ 少年ジェット 呪いの孤島篇 |NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン”. 2014年8月9日閲覧。
  22. ^ 少年ジェット 魔人の最后篇 |NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン”. 2014年8月9日閲覧。
  23. ^ 少年ジェット 二つの顔篇 |NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン”. 2014年8月9日閲覧。
  24. ^ 少年ジェット 見えない怪盗篇 |NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン”. 2014年8月9日閲覧。
  25. ^ 少年ジェット ハリケーン博士篇 |NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン”. 2014年8月9日閲覧。
  26. ^ 少年ジェット 狂った画家篇 |NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン”. 2014年8月9日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ 水曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
(開局前)
少年ジェット
フジテレビ 日曜9:00枠
前番組 番組名 次番組
まぼろし探偵
(KRT(現・TBS)で
放送されたものの再放送)
新少年ジェット
少年ジェット
(再放送)