足立紳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
足立 紳
第32回東京国際映画祭にて
プロフィール
誕生日 (1972-06-10) 1972年6月10日(50歳)
出身地 日本の旗 日本 鳥取県倉吉市
受賞
日本アカデミー賞
最優秀脚本賞
2016年百円の恋
東京国際映画祭
最優秀脚本賞
2019年喜劇 愛妻物語
テンプレートを表示

足立 紳(あだち しん、1972年6月10日[1] - )は、日本脚本家映画監督

略歴[編集]

鳥取県倉吉市出身[1]日本映画学校(現・日本映画大学)を卒業後、相米慎二に師事[2]。助監督、演劇活動などをへてシナリオを書き始める[1]

2015年、第39回日本アカデミー賞 最優秀脚本賞を受賞(『百円の恋』)[3]

2016年、『乳房に蚊』(幻冬舎)で作家デビュー[4]

2016年、『14の夜』で映画監督デビュー[5]

2023年、連続テレビ小説ブギウギ』の脚本を担当。

受賞歴[編集]

主な作品[編集]

※ 特記がない限りは、脚本担当作品。

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

書籍[編集]

小説[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 足立紳 (2017年1月7日). クドカンに続こうと狙ったが…/足立紳監督が語る2. インタビュアー:村上幸将. 日刊スポーツ.. https://www.nikkansports.com/entertainment/news/1762123.html 2019年10月18日閲覧。 
  2. ^ "安藤サクラ主演『百円の恋』脚本家・足立紳「人生を変えたきっかけは、生活が苦しくて100円ショップで働いたこと」【人間力】インタビュー". 日刊大衆. 双葉社. 14 March 2022. 2022年3月14日閲覧
  3. ^ a b 第39回日本アカデミー賞優秀賞決定!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2016年3月4日閲覧。
  4. ^ a b 足立紳氏、新作映画の企画は「雪男探すおじさん」”. 日刊スポーツ (2016年2月7日). 2016年2月8日閲覧。
  5. ^ a b 「百円の恋」脚本・足立紳の初監督作、主演は新人・犬飼直紀! 光石研、門脇麦らも結集”. 映画.com (2016年7月14日). 2016年7月14日閲覧。
  6. ^ 綾瀬はるかや広瀬すずも爆笑!樹木希林の爆笑スピーチ”. Movie Walker (2016年2月7日). 2016年2月8日閲覧。
  7. ^ 【第4回】「市川森一脚本賞」足立紳氏”. 市川森一脚本賞 (2016年3月31日). 2016年7月5日閲覧。
  8. ^ 第42回ヨコハマ映画祭 2020年日本映画個人賞、ヨコハマ映画祭、2020年12月7日閲覧。
  9. ^ “夏帆、女子アナ役に挑戦!武正晴監督×足立紳脚本「きばいやんせ!私」に主演”. 映画.com (カカクコム). (2018年2月5日). http://eiga.com/news/20180205/15/ 2018年2月5日閲覧。 
  10. ^ 中村義洋×足立紳×窪田将治×16人の俳優部! 短編連作集「稽古場」クラウドファンディング始動
  11. ^ “玉木宏が3千人の顔を記憶して捜査、羽田圭介原作のドラマ『盗まれた顔』”. CINRA.NET. (2018年9月14日). https://www.cinra.net/news/20180914-nusumaretakao 2018年11月12日閲覧。 
  12. ^ “宮崎発地域ドラマ『ひなたの佐和ちゃん波に乗る』”. https://www.nhk.or.jp/miyazaki/sawachan/sp/ 
  13. ^ "BSプレミアムドラマ「拾われた男 Lost Man Found」放送決定のお知らせ". ドラマ情報. 日本放送協会. 13 May 2022. 2022年5月13日閲覧
  14. ^ “仲野太賀、草なぎ剛、伊藤沙莉競演「拾われた男」撮影スタート!松尾諭「自伝風」エッセイをドラマ化”. Movie Walker Press (MOVIE WALKER Co.). (2021年12月15日). https://moviewalker.jp/news/article/1063662/ 2022年12月18日閲覧。 

外部リンク[編集]