お盆の弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

お盆の弟』(おぼんのおとうと)は2015年日本映画作品。監督は大崎章モノクロ作品。脚本は「百円の恋」の足立紳。大崎と足立の自伝的要素の強い作品と言われている。

監督の故郷の群馬県で撮られ、渋川清彦岡田浩暉ら群馬出身者をキャストで固めた。

あらすじ[編集]

売れなくて崖っぷちの映画監督(渋川)が高校時代からの親友の脚本家(岡田)と再起を目指す[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:大崎章
  • 脚本:足立紳
  • 撮影:猪本雅三
  • プロデューサー:狩野善則 金森保

映画祭出品、受賞など[編集]

[2]

関連項目[編集]

以上2作が同年に公開されたことから、北関東三部作と呼ばれた[3]

出典[編集]

  1. ^ 日刊スポーツ Archived 2015年12月6日, at the Wayback Machine.
  2. ^ 公式HP
  3. ^ 桐生コウジの発言より

外部リンク[編集]