ダウンタウン物語 (1981年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダウンタウン物語
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜日22:00〜22:54(54分)
放送期間 1981年1月13日〜1981年4月21日(15回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 吉野洋祖父江信太郎雨宮望
脚本 市川森一
プロデューサー 清水欣也
出演者 桃井かおり川谷拓三 ほか
オープニング 桃井かおり、荒木一郎『バイバイ子守唄 ―ララバイ―』
テンプレートを表示

ダウンタウン物語』(ダウンタウンものがたり)は、1981年1月13日から1981年4月21日まで、日本テレビ系列の『火曜劇場』(毎週火曜日22:00〜22:54)にて放映されたテレビドラマ

概要・内容[編集]

横浜の港町、下町にあるスナックと貧しい教会を中心に物語が展開。風見呼子はスナックの歌手兼ホステス。スナックは元々呼子の母・蘭子のものだったが、蘭子は傷害事件を起こし服役中、スナックは代わって月世のものとなっている。その呼子と貧しい牧師・塩谷伊作との紆余曲折ある恋物語を描く。物語はクリスマス・イブ流産で苦しむ呼子を伊作が助けるところから始まる。

本作は後、脚本を担当した市川森一の著書として、1984年筑摩書房から出版されている。

キャスト[編集]

  • 風見呼子:桃井かおり
    27歳。横浜の港町のスナック「シードラゴン」の歌手兼ホステス。伊作に惚れて、妻になることを望むが…。
  • 塩谷伊作:川谷拓三
    35歳。港町の貧しい教会の牧師。同じく貧しい境遇にある人たちのために働いている。
  • 風見蘭子:岡田茉莉子
    呼子の母。傷害事件を起こして服役中。主人を月世に取って代わられたシードラゴンを取り戻してくれと呼子に頼んでいる。
  • 西田敏行
  • 石上月世:市原悦子
    43歳。シードラゴンの今の主人。シードラゴンの次は伊作の教会を手に入れようと狙っている。
  • リタ:夏目雅子
  • 乾隆:田村亮
    32歳。呼子の恋人。うだつが上がらない余り、呼子に暴力を振るって逃げられる。
  • 西本政美:にしきのあきら
    月世の恋人。月世の元で、束の間の気楽な暮らしを楽しむ。
  • 田中正一:赤塚真人
    28歳、通称「マッキー」。シードラゴンの客引き。月世に従っているように見えるが、実は呼子の頼もしい味方である。
  • 白浜健:佐藤浩市
    19歳。密かに呼子に愛情を寄せ、伊作に嫉妬している。
  • 池上牧師:篠田三郎
  • 山本幸子:南風洋子
  • 山口貞子:小夜福子
  • 高階教区長:平田昭彦
  • 坂本剛:桜井センリ
    港町を所轄する警察署の刑事。呼子、伊作に味方する。
  • 雪江:中原早苗(第4話)
  • 竜:水島道太郎(第13話)
(出典:[1]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

  • 『バイバイ子守唄 ―ララバイ―』 歌:桃井かおり、荒木一郎 (作詞・作曲:荒木一郎)
  • 挿入歌:『ポーカーゲーム・ブルース』 歌:桃井かおり (作詞・作曲:荒木一郎)

サブタイトル[編集]

話数 放送日 サブタイトル 演出
1 1981年1月13日 雪女 吉野洋
2 1月20日 四角関係
3 1月27日 誘惑 祖父江信太郎
4 2月3日 眠り姫
5 2月10日 奇蹟 吉野洋
6 2月17日 幸福感
7 2月24日 洗礼 祖父江信太郎
8 3月3日 結婚
9 3月10日 悲劇 吉野洋
10 3月17日 探す
11 3月24日 逃がす 雨宮望
12 3月31日 夫婦愛 吉野洋
13 4月7日 葬式
14 4月14日 復活祭
15 4月21日 OH! HAPPY DAY

参考文献・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊テレビ番組(東京ポスト)1981年1月30日号 p.52〜「特選テレビ劇場 ダウンタウン物語」
日本テレビ 火曜劇場
前番組 番組名 次番組
ダウンタウン物語