貧乏男子 ボンビーメン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

貧乏男子 ボンビーメン』(ボンビーメン)は、2008年(平成20年)1月15日から3月11日まで、毎週火曜日22:00 - 22:54(JST火曜ドラマ枠)に日本テレビ系列で放送された連続テレビドラマ。初回は15分拡大。全9話。

概要[編集]

主演の小栗旬は、連続ドラマ初主演となり、日本テレビの連続ドラマ出演は2002年(平成14年)の『ごくせん』以来、6年振りとなる。

この枠としては4作目にして初めてとなる、原作なしのオリジナルストーリー。

2話を除く各話のオープニング前に著名人の名言が引用される(下記参照)。また、終了時には主人公の借金総額が表示される。

ストーリー[編集]

あらすじ[編集]

超お人よしの借金を抱えた大学生が、同じように借金を負う仲間と返済に悪戦苦闘しながら、お金とは何か、お金より大切なものを見出す社会派コメディ

劇中に用いられた名言[編集]

2話を除く各話のオープニング前に、著名人などの名言(一部を省略したものもある)が用いられる。

第1話 「人生に必要なものは 勇気と希望と少しのお金」(チャーリー・チャップリン

第3話 「雨ニモ負ケズ 風ニモ負ケズ 丈夫ナカラダヲモチ 慾ハナク 決シテ瞋ラズ イツモ シヅカニ ワラッテイル サウイウモノニ ワタシハ ナリタイ」(宮沢賢治

第4話 「増やさなければ 減るのが お金である」(ロックフェラー

第5話 「人生はチョコレートの箱 開けてみないと分からない」(映画「フォレスト・ガンプ/一期一会」よりトム・ハンクス

第6話 「自分を励ます最良の方法 それは 誰かを励まそうとすること」(マーク・トウェイン

第7話 「友情は成長の遅い植物である それが友情という名の花を咲かすまでは」(キン肉マン

第8話 「自分を信じなきゃ人生じゃない」(映画「ロッキー」よりロッキー)

最終話 「涙とともにパンを食べたものでなければ 人生の味は分からない」(ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

キャスト[編集]

"NOと言えずに借金する男"。福岡から上京し、東京で一人暮らしをしている大学3年生。友人のために借金をしてしまう程の超お人よしな性格。そこにつけこまれ騙し取られることも。誘われるがままに21ものサークルに所属。オムオムにスルテン(小山を英語訳したモー マウンテンを略したもの)というニックネームを付けられる。よく「ビクトリー!!」、「エイドリアーン!!」と叫ぶ。幼い頃、一美にとってヒーロー的存在であった兄を病気で亡くし、その時兄を守れなかった自責感から自分がどんなに辛くとも他人を守ろうと決めた。一時は完済したものの、白石のために再び1000万円を借金してしまう。オムオムの命令でアパートを解約してしまい、白石の部屋に住み共に返済を続け、無事に返済。金が間に介在しない人間関係は信用できないというオムオムに1万円を余計に渡し、トイチの利息で借金をさせたことで、オムオムとの関係を続けている。1年後、単位が危うかったが、なんとか大学を卒業し社会人になり、相変わらず同僚を励まし続けている。
"結婚したくて借金する男"。オムオムから金を借りている警察官だが人助けが苦手。将来の夢は暖かな家庭を築くこと。しかし、結婚詐欺に遭い600万円の借金を作ってしまう。オムオムにはメガネと呼ばれている。一美からはメガネ先輩と呼ばれたりする。完済に成功した一美が再び借金をしたと知り、一時は絶縁するが、一美の思いを知り、元の関係を取り戻した。1年後、最後には未海と結ばれることができた。
"買い物依存症で借金する女"。引田と同じくオムオムから金を借りている消費者金融レディ。仕事柄、借金の知識は豊富で、消費者金融の情報源としての役割を持つ。オムオムにはナンシーと呼ばれている。引田と同様に、再び借金をした一美に一時は失望するが放ってはおけず、激励の言葉をかけたり、おにぎりをあげたりして一美を応援していた。買い物依存症であったが、一美の影響からか、克服することができた。1年後に引田と結婚した。
一美のバイト先の後輩で、向かいに引越してくる。親が経営に失敗し、1000万円の借金を残したまま失踪。その返済のため高校を中退し、バイトに明け暮れるフリーター。いつかまた両親と一緒に暮らすことを夢見ている。真面目で非常に腰が低い。一美を兄のように慕い、アパートを解約した一美と共に暮らし、借金を返していた。一美に代わって物々交換サイトの管理しているうちにパソコンに興味を持ったことから、将来はパソコン関係の仕事に就きたいと考え、大検を受けることを決意。1年後、無事に地元の大学に合格することができ、一美に励まされてアパートを出て行った。
本名は尾武村賢三郎。金貸しを趣味とする伝説の元ホスト。一美に無理難題をふっかける。過去に弁護士を目指したことがあり、お金がなかったため恋人に養ってもらっていたが、その恋人が重い病気にかかってしまい、経済的な理由から十分な治療もできずに亡くなってしまい、そこから金儲けが大好きになったという。金の介在しない人間関係は信用できないと思っているが、一美の借金返済時に知らぬ間に一美に1万円の借金をさせられ、返済したいと考えているが、社会人になり忙しくなった一美になかなか取り合ってもらえず、一美とのお金の関係を続けている。嫌いな食べ物はもやし。
本名は照山修司。オムオムの舎弟。北海道出身。貧乏人から大金持ちになったオムオムを尊敬している。チャぎーと行動を共にする事が多い。陰ながら一美を応援していた。チャぎーと一緒にオレオレ詐欺で(手口は極めてずさんであり一美以外の被害者はいないようである)小遣い稼ぎを目論むなどケチな小悪党だが、ひたむきで愛嬌があり憎めない。
本名は小茶切譲。テルテルとは同郷出身で高校の時からつるんでいた。テルテルと同じくオムオムの舎弟。テルテル同様オムオムを尊敬している。
一美の母親。よく一美の夢に出てくる。大らかで優しい性格。お人よしな一美を心配しつつも、信じて見守っている。オムオムの命令により携帯電話の利用を止めてしまったせいで連絡ができなくなったことを心配に思い、福岡から上京して来た。
一美と同じ大学に通う、清く正しく美しい学園のマドンナ。一美と白石の片思いの相手。
一美の同級生。
一美のバイト先であるファミレスの店長。情に厚い性格。

ゲスト[編集]

第3話

一美の新たなバイト先の同僚。
引田を結婚詐欺にハメた女性。

第4話

馬のすみれの調教師。

第6話

白石涼の父親。失踪後、公園でホームレス生活をしていた。自転車泥棒を引田に発見され名前を聞いた際に、引田が勘付き、涼の父親であることが発覚する。所有していた家を売り、現在は一美に肩代わりしてもらった借金を返済している。

第7話

一美が営む物々交換業の依頼者。
一美が営む物々交換業の依頼者。

第8話

オムオムが経営するホストクラブのお得意さん。白亜の豪邸に住む。ペットの小型犬を溺愛している。

スピンオフドラマ[編集]

第2日本テレビでは、チャぎーこと小茶切譲の生い立ちを描く「白い貧乏男子」が公開されている。チャぎー役の音尾の出身地の北海道が舞台となっており、音尾の所属しているTEAM NACSのメンバーが出演している。

キャスト[編集]

  • 小茶切 譲(のちのチャぎー) - 音尾琢真
  • 小茶切 幸子(譲の母親) - 森崎博之
  • 小茶切 満吉(譲の父親) - 戸次重幸
  • 花子(牛) - 小栗旬 (第四話まで)※声の出演
  • 照山修司(のちのテルテル) - 上地雄輔 (第七話から)
  • 清水幸子(譲の愛人) - 森崎博之 (第七話から)
  • 病院受付 - 小橋亜樹 (第五話)

スタッフ[編集]

  • 脚本・演出:中田志保
  • 音楽:澤野弘之
  • プロデューサー:原浩生・林建嗣(STV)
  • 制作協力:札幌テレビ放送(STV)
  • 制作著作:日本テレビ

スタッフ[編集]

楽曲[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
第1話 2008年1月15日 NOと言えない男…貧乏男子(ボンビーメン)誕生!! 山岡真介 猪俣隆一 16.5%
第2話 2008年1月22日 ボンビーメンvs買い過ぎ女 山浦雅大 吉野洋 13.2%
第3話 2008年1月29日 ボンビーメンvs結婚できない男 猪俣隆一 12.5%
第4話 2008年2月05日 ボンビーメンひと目惚れ! 茂山佳則 9.2%
第5話 2008年2月12日 ボンビーメンvs最強母の告白 山岡真介 猪俣隆一 10.2%
第6話 2008年2月19日 ボンビーメン借金返済!? 山浦雅大 吉野洋 10.3%
第7話 2008年2月26日 ボンビーメン内定取り消し!? 茂山佳則 9.6%
第8話 2008年3月04日 ボンビーメン怒る! 吉野洋 11.2%
最終話 2008年3月11日 ボンビーメン卒業! 山浦雄大
山岡真介
猪俣隆一 11.4%
平均視聴率11.6% 視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ。

その他[編集]

  • 本作品では第1話を1st debt、第2話を2nd debt…、最終話はFinal debtと表示している。
  • 脚本は山岡真介となっているが、実際はほとんどの回を山浦雅大が手がけており、公式サイトに脚本は記載されていない。
  • タイトルバックにトイレが使われているが、トイレは個室であってもノックすれば隣に誰かがいることから、人は一人に感じることがあるかもしれないが実際はそうではなく、すぐそばに仲間がいるといった"人とのつながり"を表現したものである。
  • 公式サイトにおいて小栗が着ている新聞紙のスーツは、本物の新聞記事を用いると権利が発生してしまうことからコピーライターが一から事実に基づいた記事を書き、その裏に布を貼って強度を高めた手作りのものである。
  • 最終話に登場する、オムオムが乗っているクルマのナンバーは「お・606」になっている。
  • 同クールに放送された同局のドラマ「1ポンドの福音」と関連する場面がいくつかあった。特にオムオムが原作を読むシーンなど。
  • 小栗は本作品を自分がやりたいことと、とても合っている作品としている。だが、周囲の人間に主にインターネット掲示板に「ああいう小栗旬って別に見なくてもよかった」と書いてあったことを聞かされ、やっぱり自分にはカッコつけている役の方が求められているんだなと思ったという[1]
  • 初回は16.5%[2] という好スタートとなる。2話以降は下落し、低いときで9%台とあまり振るわなかった。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 2008年4月号「日経エンタテインメント!」インタビューより
  2. ^ 現時点で初回、最高共に火曜ドラマ枠では最高値

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 火曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
有閑倶楽部
(2007年10月16日 - 2007年12月18日)
貧乏男子 ボンビーメン
(2008年1月15日 - 2008年3月11日)
おせん
(2008年4月22日 - 2008年6月24日)