加那子という女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加那子という女
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜21:30 - 22:25(55分)
放送期間 1973年4月3日 - 同年6月26日(13回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 嶋村正敏ほか
原作 丹羽文雄(「一路」)
脚本 鈴木尚之ほか
プロデューサー 山本時雄
出演者 新珠三千代ほか

特記事項:
火曜劇場』第1作。
テンプレートを表示

加那子という女』(かなこというおんな)は、1973年4月3日から同年6月26日まで日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ。全13回。放送時間は毎週火曜21:30 - 22:25JST)。

概要[編集]

火曜劇場』の第1作。原作は丹羽文雄の「一路」。

一流の客ばかりが相手の老舗割烹旅館「煙波楼」で、加那子は女中頭として働いていた。真面目に生きてきた加那子だが、愛を知り、伏木好道と結婚するも、梅村悠良との不倫に悩み、そして加那子の息子と不倫相手・悠良の娘との愛も絡み、やがてそれらから悲劇へと運命が動いていく、そんな女の愛ときざまを描いたロマン[1]1938年(昭和13年)から物語は始まり、太平洋戦争前後の時代を舞台に加那子の25歳から54歳までの半生を描いた[2]

出演者[編集]

スタッフ[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊TVガイド 1973年4月6日号での本作の紹介記事より。
  2. ^ 参考:読売新聞毎日新聞朝日新聞 各縮刷版(1973年4月3日)
日本テレビ 火曜劇場
前番組 番組名 次番組
(なし)
加那子という女
日本テレビ系 火曜21:30 - 22:25枠
ああ結婚
(21:30 - 22:00)
【ここまでYTV制作、タイガー
魔法瓶
一社提供枠】
ガラス細工の家
(22:00 - 22:55)
【ここまで『火曜日の女シリーズ』】
加那子という女
恋ちりめん