愛の嵐 (1977年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
愛の嵐
ジャンル テレビドラマ
脚本 高岡尚平
演出 佐光千尋
出演者 香山美子林隆三中尾彬荻島真一荒木道子木村功竹下景子范文雀 ほか
オープニング 美原圭子『ふり向いてもう一度』
製作
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1977年1月11日〜1977年4月12日
放送時間 火曜日22:00〜22:54
放送枠 火曜劇場
放送分 54分
回数 14
テンプレートを表示

愛の嵐』(あいのあらし)は、1977年1月11日から同年4月12日まで、日本テレビ系列の『火曜劇場』(毎週火曜22:00 - 22:54)の枠で放送されたテレビドラマ。全14回。

概要[編集]

A・J・クローニンの小説『スイス高原療養所』(A Pocketful of Rye1969年発表)を高岡尚平が脚色し、翻案して制作したテレビドラマ。同原作者の作品が『火曜劇場』枠で放送されるのは、『炎のカルテ』に続き2作目である。幼馴染み同士ではあったが、人妻となった女性と医師との間に再びよみがえる愛を、この人間性を深く掘り下げ、これを主観とした作品である。

菜穂子、純一、達夫の3人は共に岐阜県高山市の出身で幼馴染み同士。純一は菜穂子を思い慕ってはいたが、純一は収入の少ない音楽家の息子であるためか、菜穂子は淳一のことを結婚の対象と考えていなかった。一方で菜穂子の両親が沢野物産の長男である達夫との結婚を勧め、菜穂子も純一への思慕を振り切って達夫との結婚を決める。挙式直前の初冬のある日、3人は青春の思い出にと穂高岳へ登る。しかし天気が急変して3人は吹雪に襲われる。菜穂子は純一に助けられ、やがて深い関係に。菜穂子は結婚後一児を儲けるが、8年後、息子が純一の子ではないかという思いが強くなる。達夫も絹子という愛人の存在があった。そんな時、義父の墓参のため高山を訪れた菜穂子は純一と再会する…[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 原作:A・J・クローニン(『スイス高原療養所』より)
  • 脚本:高岡尚平(全話担当)
  • 演出:佐光千尋(全話担当)
  • 制作:日本テレビ

主題歌[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 参考:毎日新聞朝日新聞読売新聞北海道新聞京都新聞 各縮刷版(1977年1月~1977年4月)
日本テレビ 火曜劇場
前番組 番組名 次番組
喜びも悲しみも幾歳月
(1976.9.28 - 1977.1.4)
愛の嵐
(1977.1.11 - 1977.4.12)
さすらいの旅路
(1977.4.19 - 1977.7.26)