港町純情シネマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
港町純情シネマ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 金曜日22:00〜22:54(54分)
放送期間 1980年4月25日〜1980年7月18日(13回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 高橋一郎、前川英樹、市川哲夫
脚本 市川森一
出演者 西田敏行室田日出男木の実ナナ森下愛子伊藤蘭北林谷栄岸部一徳柴俊夫原保美風間杜夫樋口可南子 ほか
オープニング 五輪真弓愛の蜃気楼(砂の城)
テンプレートを表示

港町純情シネマ』(みなとまちじゅんじょうシネマ)は、TBS系列金曜ドラマ(毎週金曜日22:00 - 22:54)の枠で、1980年昭和55年)4月25日から同年7月18日まで放送されたテレビドラマ。全13話。

概要・内容[編集]

港町である千葉県銚子市にある映画館「港シネマ」を主な舞台にし、映画の主人公・ヒーローに自分を同化させながら酔う猿田禄郎を中心に、ここで繰り広げられる色々な出来事をコメディータッチで描いた。

禄郎はかつては漁師だった。ある日、帰港先の外川港へ乗っていた漁船が向かっていた時に父・万造から手紙が届き、そこには「港シネマの経営を全て任せるので、陸に上がって欲しい。私は映写技師に戻ってお前を手伝い、支える」といった内容の文があった。禄郎もいずれは父が経営する港シネマの支配人になりたいと思い嬉しく思っていたが、10年勤めた漁師を辞めて陸に上がった禄郎に、万造から言われて任されたのは支配人ではなく、映写技師の仕事だった。

映画館が舞台であることにちなみ、毎回懐かしの名画の音楽や名場面、またそれらをモチーフとした音楽や場面が演出面で使用された。使用された映画は『シェーン』『カサブランカ』『地獄の黙示録』『太陽がいっぱい』『ある愛の詩』『トム・ホーン』など。なお、本作のサブタイトルにも映画のタイトルを使用したものが多くあり、本作のキャッチコピーも「港町の"虹を掴む男"の物語」だった[1]。本作の脚本を手掛けた市川森一は、この作品で芸術選奨新人賞を受賞した[2]

当時、銚子市に実在していた映画館「銚子セントラル」がロケ地として使用された。なお、本作は市川森一の著書として1983年大和書房より単行本化された。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

放映リスト[編集]

各話 放送日 サブタイトル 演出 ゲスト
第1話 1980年4月25日 失われた航海 高橋一郎
第2話 1980年5月2日 地獄の黙示録 小野武彦
第3話 1980年5月9日 マックイーン! 俺も男だ 長塚京三
第4話 1980年5月16日 モンローと朝食を 前川英樹
第5話 1980年5月23日 影武者 小野武彦
第6話 1980年5月30日 オズの魔法使い 高橋一郎
第7話 1980年6月6日 西部劇はお好き?
第8話 1980年6月13日 猿田家の小春日和 前川英樹
第9話 1980年6月20日 第三の男
第10話 1980年6月27日 復活の日 高橋一郎 結城しのぶ矢崎滋
第11話 1980年7月4日 私は泣いています 市川哲夫 風吹ジュン(バーのママ・妙子)
第12話 1980年7月11日 離婚ゲーム 前川英樹 財津一郎(政子の元夫・雄吉)
第13話 1980年7月18日 大いなる別れ 高橋一郎 川谷拓三

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊TVガイド』1980年5月2日号・106ページ掲載の広告より。
  2. ^ 『1980年代全ドラマクロニクル』(TV LIFE学研パブリッシング)編集部編 より。
TBS 金曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
港町純情シネマ