飯沼慧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いいぬま けい
飯沼 慧
本名 飯澤 宏(いいざわ ひろし)
生年月日 (1926-05-17) 1926年5月17日
没年月日 (2011-12-24) 2011年12月24日(85歳没)
出生地 日本の旗 日本 京都府京都市
大阪府(育ち)
国籍 日本
職業 俳優声優ナレーター
ジャンル テレビドラマ舞台映画アニメ吹き替え
活動期間 1948年 - 2011年
活動内容 1948年:劇団芸術劇場(民衆劇場)→関西芸術座に入団
1960年:『関西芸術座』退座
1966年文学座養成所入所
1968年正座員
主な作品
テレビドラマ
『釜ヶ崎』(朝日放送)
『部長刑事』(朝日放送)

飯沼 慧(いいぬま けい、1926年5月17日 - 2011年12月24日)は、日本俳優声優大阪府出身。

来歴・人物[編集]

京都府京都市に生まれて幼少時代に大阪府に移住。

関西工業学校(現・常翔学園高等学校=旧・大阪工業大学高等学校)土木科卒業後、兵庫県土木部西宮土木出張所(現・近畿中国森林管理局)に就職するも兵役に就く。終戦後に帰還。

1948年に大阪に本拠地を置く劇団芸術劇場→民衆劇場に入団。青年期より、飄々とした風貌から老け役を得意とする。直後に三座が合併したため関西芸術座となり座員となる。

1960年に『関西芸術座』を退座した後、劇団プロメテに移籍。

1966年、劇団プロメテ退団後に上京して文学座養成所に入所。

1968年、文学座座員に昇格。

テレビドラマには黎明期から出演し、中でも民放〜NHKの茂木草介脚本の作品に多く出演。

司馬遼太郎原作 結束信二脚色の人気TVドラマ『新選組血風録』(1965-66 NET=テレビ朝日+東映京都テレビプロ)『燃えよ剣』(1970-71年 NET=テレビ朝日+東映京都テレビプロ)ではいずれも新見錦副長を憎々しく演じ印象を残した。

部長刑事』(大阪テレビ朝日放送)でも、初期には頻繁にゲスト出演し、その後も長きにわたって演じた沼部長刑事役でレギュラー出演して放映地区のお茶の間で『沼さん』の愛称で親しまれ、「新田(圭次刑事=楠年明)くんか!?。ワシや!!!」の台詞は視聴者の老若男女に真似された。[1]

また、声優としてアニメの吹き替えもあり、『もののけ姫』では病者の長を、『ゲド戦記』ではルートを演じた。

2011年12月20日 6月に上演された文学座アトリエの会(東京信濃町)/尼崎ピッコロシアター(兵庫県)/長岡リリックホール(新潟県)公演で、劇作家 別役実の書き下ろし戯曲『にもかかわらずドン・キホーテ』(演出 藤原新平)の「男3・司祭」役の演技により、第46回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。

小市民から権力者までの人間臭さをにじませた、幅広く、得がたい存在感の在る演技を得意とし、映画テレビの他舞台にも数多く出演していた。

2011年12月24日、午前7時55分、呼吸不全のため東京都内の病院で死去[2]。85歳没。

2012年2月29日に催された同賞の授賞式には、生前に懇意にしていたスタッフキャストが集い、また代理として50歳過ぎに生まれた子息が受け取った。

エピソード[編集]

ある年の『部長刑事』のスタッフ・キャストによる新年会か忘年会に行った際、隣室の宴会がうるさくて見に行くと暴力団の宴会であったという。

全員刹那躊躇するが、「じゃかましい!!!!!!!」と沼部長のまま、一喝したら、奥から貫禄充分の親分が出てきて、「あ…部長刑事いつも楽しく拝見させていただいております。こいつらには私から言い聞かせます寄ってに御赦しくださいませ」と親分から謝罪されたという。

なぜならば、飯沼の大阪の演劇時代から親分は舞台やドラマを観ていたからである。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

劇場版アニメ[編集]

舞台[編集]

※「本公演」は、文学座本公演を表す。

吹替[編集]

受賞歴[編集]

  • 2011年 - 第46回紀伊國屋演劇賞個人賞

脚注[編集]

  1. ^ 当初の約束期限で一旦降板したが、後任の橋爪功 (爪部長刑事) が大阪の土壌に馴染むことなく、打診された続投を拒否しそのまま降板したための再登場となった。
  2. ^ 俳優の飯沼慧氏が死去”. 日本経済新聞 (2011年12月25日). 2017年6月16日閲覧。

外部リンク[編集]