富田浩太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

富田 浩太郎(とみた こうたろう、1925年[1]1月20日1月30日説あり[1]) - 2004年6月10日)は、日本の俳優。本名および別名義は冨田 浩太郎(読みは同じ)[1]

来歴・人物[編集]

熊本県[1]玉名市大浜町出身、宮崎大学[1]農学部畜産学科卒業。九州学院高等学校の教諭を経て劇団民藝に入団。舞台を中心に、映画やテレビドラマで脇役として活躍した。その知的で温厚な雰囲気から紳士的な役柄を演じることが多かったが、インテリ系の悪役としても実績を残している。

俳優活動の傍ら、教員経験を活かして民藝付属の演劇研究所や日本大学藝術学部などで演劇の講師も務めた。自らも「冨田演技塾」を主宰し、後進の育成に尽力した。

東京俳優生活協同組合に所属[1]中の2004年6月10日肺炎のため死去。79歳没。

評論家の川本三郎にとっては姉の夫だという[2]

特技は声楽[1]ピアノ[1]

出演作品[編集]

映画[編集]

など

テレビドラマ[編集]

など

舞台[編集]

  • かの子撩乱
  • 雨ふり小僧

など

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
出典
  1. ^ a b c d e f g h 日本タレント名鑑'83』 VIPタイムズ社、1982年、151頁。
  2. ^ 川本三郎・筒井清忠『日本映画 隠れた名作 昭和30年代前後』(中公選書2014年)に川本が語っていて、『胸より胸に』の演技を朝日新聞が酷評して出演作がなくなってしまったという。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]