アーストロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アーストロン円谷プロが製作したテレビ番組、『帰ってきたウルトラマン』をはじめとする「ウルトラシリーズ」および『レッドマン』に登場する架空の怪獣。凶暴怪獣の別名を持つ。英字表記はARSTRON[1]またはEARTHTRON[2]

解説[編集]

『帰ってきたウルトラマン』第1話で初登場。

長い尾を持ち二足歩行を行う。体表は青みがかった黒灰色でゴツゴツとしており、頭頂部のカーブを描く鋭い刃物のような一本角が特徴。一本角を持つ点以外は、ゴジラをややスマートにしたような外見である。

デザインは池谷仙克[3][4][5]。デザイン画では腹部が乳白色であった[3][5]

初代の造形は、後にゴジラを手掛ける安丸信行[4]

『帰ってきたウルトラマン』に登場するアーストロン[編集]

帰ってきたウルトラマン』第1話「怪獣総進撃」に登場。

ウルトラマンが実体化した後、最初に戦う怪獣。怪力と口から吐き出すマグマ光線[1][6][7][2][8][4]を武器とする。

朝霧山に出現し、熱線で山麓の村を焼き払う。異変を察知して現れたウルトラマンと格闘になり、弱点のを折られて逃走を試みるものの、頭部にスペシウム光線を受けた後、そのまま火口へ転落して噴火に巻き込まれ、爆死する。

  • スーツアクター:遠矢孝信(ノンクレジット)[9][4]
    • 当初はJFAの若手俳優が演じていたが、ウルトラマンのデザインにNGが出た(詳細は帰ってきたウルトラマン#デザインを参照)ことから撮り直しとなり、その際に撮影現場を訪れた本編監督の本多猪四郎が元のスーツアクターでは動きに迫力が足りないと指摘したため、遠矢が演じることとなった[10]
  • 撮影当初、着ぐるみには胸から腹にかけてゴメスのような装飾が存在していたが、力強さを出すために除去された。東宝特美で安丸によって造型された着ぐるみは硬くて演技しにくいことから、撮影前に動きやすくするために改造された[11][5][注釈 1]。改造前の写真が媒体に掲載されたり[13]、ソフビ人形や怪獣消しゴムになったこともある。
  • 企画段階では「鳴門海峡から現れてジャックを倒し、アーストロンの再襲来の脅威を抱きながら、日々特訓しながら怪獣と戦う」というストーリーになる予定だった。
  • 着ぐるみは、第8話「怪獣時限爆弾」に登場するゴーストロンに改造された。

『ザ☆ウルトラマン』に登場するアーストロン[編集]

テレビアニメ『ザ☆ウルトラマン』第27話「怪獣島浮上!!」に登場。

怪獣墓場から甦り、ゴーストロンレッドキングらと共に出現しゴキネズラと戦うが、ゴーストロンに腕を齧られる。その後、単体で科学警備隊を攻撃し、最後はマルメ隊員の砲撃で倒される。口からマグマ光線を吐く[15]

  • 『ウルトラマン大辞典』では、『帰ってきたウルトラマン』の個体と同一化どうかは不明であるとしている[7][16]

『ウルトラマンメビウス』に登場するアーストロン[編集]

ウルトラマンメビウス』第20話「総監の伝言」に登場。

  • 身長:60メートル[18]
  • 体重:2万5,000トン[18]
  • 出身地:地球[19]

ウルトラマンジャックが最初に戦った怪獣アーストロンの別個体で、ドキュメントMATに同種族出現の記録が残っている。硬い皮膚と頑丈な骨格を持ち、頭の鋭利な角と口から吐くマグマ光線[19]で戦う。

GUYS対怪獣研究所のハーメルンプロジェクトの実験中、地中から出現する。研究所の音響放射装置の誘導音波を共鳴支配したケルビムに操られて共にメビウスと戦うが、サコミズ隊長が操縦するガンブースターに装置を破壊されたことで、洗脳が解ける。戦闘を放棄しようとしたために尻尾をケルビムに踏まれて逆上し、最後はメビウスブレイブのメビュームナイトブレードで切り倒される。

  • スーツアクター:横尾和則[20]
  • 操られているだけのアーストロンを単なる悪役にはしたくないという特技監督の鈴木健二の意向により、コメディタッチの描写となった[21]

『ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦』に登場するアーストロン[編集]

テレビマガジン』版
キング星でレッドキングバキシムサラマンドラと共にウルトラマンキングを襲おうとするが、そこにウルトラ兄弟が駆けつけ、ウルトラマンのウルトラスラッシュで倒される。
DXウルトラコクピット版
怪獣墓場で眠っていたが、アークボガールによって目覚めさせられ、GUYSに襲い掛かる。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』に登場するアーストロン[編集]

第8話「水中の王者」、第11話「ウルトラマン」に登場。

  • 身長:60メートル[22]
  • 体重:2万5,000トン[22]

湖の畔でケルビムと対決し、死んだフリをしてケルビムが油断した隙に耳を引き千切り、熱線攻撃で勝利する。しかしその後、勝ち誇っていたところを水中に潜んでいたエレキングによって湖に引きずり込まれ、そのまま水中戦となるが全く太刀打ちできず、エレキングの尻尾の放電攻撃によって倒される。

第11話では、カレンの回想シーンで、廃墟で別個体がレッドキングと戦う。

  • スーツアクター︰西村郎(8話)、相馬絢也(11話)
  • オープニングではベムスターと対決している。

『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』に登場するアーストロン[編集]

第3話「大暴走! レイオニックバースト」に登場。

  • 身長:60メートル[23]
  • 体重:2万5,000トン[23]
  • 出身地:朝霧火山付近[23]

ゼラン星人(RB)に操られ、ナックル星人(RB)ガルベロスと戦うが、敵の幻影攻撃の前に成す術もなく、四方から火炎弾を受けてゼラン星人(RB)を巻き込んで爆死する。

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場するアーストロン[編集]

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場。

ウルトラマンベリアルギガバトルナイザーの力で怪獣墓場から復活し、ベリアルが操る怪獣軍団の1体となって怪獣墓場でウルトラ戦士たちと激突する[24]。主にレイのゴモラと戦い、最後はウルトラマンゼロのゼロスラッガーを受けて絶命する。

  • 雑誌連載版
    • てれびくん』で連載された漫画版でも、ベリアルが操る怪獣軍団の1体としてウルトラ戦士やゴモラたちに襲いかかり、ウルトラマンダイナと戦うが、最後はゼロの光線を受けて爆散する。
    • 『てれびくん』2009年12月号付録のメガサイズポスターでは、ダイナと戦っている。

『ウルトラマンサーガ』に登場するアーストロン[編集]

映画『ウルトラマンサーガ』に登場。

バット星人怪獣墓場から連れて来られた個体[25]。市街地に出現し、チームUに襲い掛かる。口から吐くマグマ光線でアンナの操縦するUローダーを撃墜するが、そこへ現れたウルトラマンダイナと戦う。マグマ光線を連射するも全く歯が立たず、地中へ逃げようとしたところを尻尾を掴まれ、ハリケーンスイングで空中に投げ飛ばされたところにソルジェント光線を受けて爆死する。

  • 企画段階ではガボラがこの役割で登場する予定だった[27]

『ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』に登場するアーストロン[編集]

ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA』episode 1「きらぼし 〜煌星〜」、final episode「まほろば ~新世界~」に登場。

  • 身長:60メートル[28]
  • 体重:2万5千トン[28]

惑星ザインにおいてサイキが、自らのもとを訪れた王立惑星カノンのシンラに、ベゼルブの持つクグツの力を証明するための見せしめとして、キングゲスラと共にベゼルブの毒牙にかかり、クグツアーストロンと化す。クグツによって目が赤く複眼化し、同じくクグツ化したキングゲスラ共々、ベゼルブを統率するクイーンベゼルブとサイキの意のままに戦い始め、勝利を収める。

その後、地球での最終決戦にもクグツバキシムと共に参加。バキシム共々コスモスによって命の樹の果実を与えられてクグツを解毒された後、宇宙へ返された。

『ウルトラマンジード』に登場するアーストロン[編集]

ウルトラマンジード』第5話「あいかた」に登場。

  • 身長:60メートル
  • 体重:2万5千トン

伏井出ケイの持つ怪獣カプセルや、それらをライザーでスキャンすることによって出現するベリアル融合獣とは無関係の野良個体。宇宙生物モコ(小珍獣ルナー)に宿ったリトルスターに反応し、これを狙って地中より出現する。モコを保護していた愛崎モアに襲いかかろうとしたところで、駆けつけたウルトラマンジードと対決する。

ガスタンクを背にしたことで、周囲への被害を気にして思うように戦えないジードを手こずらせるが、ジードがウルトラマンコスモスのウルトラカプセルを得てアクロスマッシャーに変身したことで形勢は逆転し、その超スピードに翻弄された末にスマッシュムーンヒーリングを受け、戦意を喪失して地中へ帰っていく。

その他[編集]

  • レッドマン』では、第3話、第4話、第52話、第55話、第56話に登場。使われたスーツはアトラクション用のもの[29]
  • ブルマァクの『怪獣バッテンガー』のCMでは、子供たちにボールを投げる怪獣として登場。
  • MISIAシングル星のように…」では、プロモーション映像にバルタン星人ベムスターと共にイメージ映像で登場。
  • 『ウルトラマンゼロ&オールスターウルトラマン超絶!ウルトラリーグ』(『てれびくん』2011年6月号掲載分)では、怪獣軍団の1体としてウルティメイトフォースゼロを襲うが、テレスドンガンQ共々助けに現れたウルトラマンコスモス(エクリプスモード)のエクリプス・プローショットに敗れる。
  • ウルトラゾーン』第5話のミニコーナー「怪獣ことわざ」では、「たつ鳥アーストロンを濁さず」ということわざが紹介されている[30]
  • 漫画作品
    • 『かがやけ ウルトラの星』では、怪獣軍団の一員として登場。ガッツ星人に率いられて中部地方に出現し、新マンと戦う。後に他の怪獣と合流してウルトラ兄弟と戦うが、新マンのウルトラダブルを受けて倒される。
    • ウルトラマン超闘士激伝』では、ザム星人が率いるエンペラ陸軍の闇闘士となっている。玩具のみで漫画本編には登場していないが、完全版単行本第4巻にてイラストが書き下ろされている。
    • ウルトラマンSTORY0』では、第53話 - 第55話にゴーストロンと共に登場。ガッツ星人の持つ金属に命を吹き込むカプセルによって鉄の像が怪獣化した存在で、両腕が鎌のようになっている。

過去の映像を流用しての登場[編集]

いずれも映像は『帰ってきたウルトラマン』の流用。

ウルトラ怪獣大図鑑
「ツノが弱点な怪獣たち」に登場。
ウルトラマンボーイのウルころ
「光線に気をつけろの巻」に登場。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ウルトラマン役のきくち英一は、アーストロンの着ぐるみを担いだ際に非常に重く感じたことを証言している[12]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 白書 1982, p. 172, 「帰ってきたウルトラマン 怪獣リスト」
  2. ^ a b c d e 画報 上巻 2002, p. 97
  3. ^ a b 『大人のウルトラマン大図鑑 第二期ウルトラマンシリーズ編』 マガジンハウス〈MAGAZINE HOUSE MOOK 大人のウルトラシリーズ〉、2014年1月25日、96頁。ISBN 978-4-8387-8882-8
  4. ^ a b c d e f g キャラクター大全 2015, pp. 20-21, 「EPISODE-1 怪獣総進撃」
  5. ^ a b c 宇宙船152 2016.
  6. ^ a b c d ウルトラ怪獣大全集 1984, p. 34, 「帰ってきたウルトラマン 全怪獣」
  7. ^ a b c d e f g h 大辞典 2001, p. 12
  8. ^ a b c d 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 47
  9. ^ 『円谷プロ画報』第1巻、竹書房2013年、212頁。ISBN 978-4-8124-9491-2
  10. ^ 超解析 2016, p. 81, 取材・構成 富士見大「ULTRA KAIJU ACTOR'S INTERVIEW 遠矢孝信」.
  11. ^ 『円谷ヒーロー ウルトラマン全史』 講談社 編、講談社〈講談社MOOK〉、2013年、25頁。ISBN 978-4-06-389762-3
  12. ^ 超解析 2016, pp. 78-80, 取材・構成 富士見大・四海鏡「ULTRAMAN VS KAIJU ACTOR INTERVIEW_02 きくち英一」.
  13. ^ 『不滅のヒーローウルトラマン白書』 朝日ソノラマ〈ファンタスティック・コレクション・スペシャル〉、1982年12月31日、初版、84頁。雑誌コード:67897-80。
  14. ^ a b c ウルトラ怪獣大全集 1984, p. 109, 「ザ☆ウルトラマン 全怪獣」
  15. ^ a b c d 白書2 1987, p. 215, 「ザ☆ウルトラマン 怪獣リスト」
  16. ^ a b c d 画報 下巻 2003, p. 24
  17. ^ a b c 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 172
  18. ^ a b hicbc.com:ウルトラマンメビウス 怪獣図鑑”. CBC. 2017年1月25日閲覧。
  19. ^ a b 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 335
  20. ^ アーカイブ・ドキュメント 2007, p. 74, 「ウルトラマンメビウス白書 小原直樹」.
  21. ^ アーカイブ・ドキュメント 2007, p. 75, 「ウルトラマンメビウス白書 鈴木健二」.
  22. ^ a b 登場怪獣”. ウルトラギャラクシー大怪獣バトル. 2017年1月29日閲覧。
  23. ^ a b c 登場怪獣”. ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY. 2017年1月29日閲覧。
  24. ^ ウルトラ銀河伝説超全集 2009, p. 55.
  25. ^ a b c サーガ超全集 2012, pp. 50-51
  26. ^ a b 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 376
  27. ^ 『ウルトラマンサーガ』DVD付属 画コンテ集
  28. ^ a b オーブ完全超全集 2017, p. 86, 「ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA 怪獣図鑑」
  29. ^ 超解析 2016, p. 123, 「『レッドマン』全登場怪獣名鑑」.
  30. ^ ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 105, 「怪獣ことわざ4」.

参考文献[編集]

関連項目[編集]