市野龍一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いちの りゅういち
市野 龍一
本名 同上
別名義 いちぽん
生年月日 (1962-10-29) 1962年10月29日(54歳)
出生地 日本の旗 日本
国籍 日本
職業 演出家
活動内容 映画・テレビ・舞台他
公式サイト http://ameblo.jp/ichipon

市野 龍一(いちの りゅういち、1962年10月29日 - )は日本映画監督演出家兵庫県西宮市出身

経歴[編集]

1985年上智大学文学部社会学科卒業。

1986年横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)10期映像科松本録音ゼミ卒業。

1990年TBSテレビドラマはいすくーる落書2』にて監督デビュー[1]

 同年、オフィス・トゥー・ワンと契約、バラエティや情報系など各種テレビ番組のディレクターとして活動。

1998年、フリーランスとなり、ドラマ・映画に活動の軸足を移す。

1999年、『ウルトラマンガイア』で円谷プロダクション製作の特撮ドラマに参加[1]。元々は別の監督が参加する予定であったがスケジュールの都合がつかなかったため、ラインプロデューサーの小山信行に代打として起用され、以後『ブースカ!ブースカ!!』や『ウルトラマンコスモス』にも参加した[1]

2003年ライブドア堀江貴文ホリエモン)製作総指揮のネットシネマに、立ち上げ時より参加。初の長編映画作品『うさぎのもちつき』は好評を得て続編『2』も製作、後にBS-TBSで連続ドラマ化された。

2005年、『超星艦隊セイザーX』参加以降、『風魔の小次郎』・『RHプラス』・『東京ゴーストトリップ』『俺たちは天使だ!No Angel No Luck 』 とゼネラルエンタテイメント製作のアクション系ドラマを担当。

2009年、DVDシネマ『首都圏からやや外れた海岸物語〜早春、少女と地引き網』を発表。

2010年よりNHK海外放送(NHKワールド)の番組のプロデュース・構成・撮影・演出を手掛ける。

また、しがらみ屋台名義の舞台演出、特技ダイビングを生かした水中撮影など、ジャンルを問わず手掛ける。

2012年末には、ドラマで度々タッグを組んできた俳優・赤星昇一郎と共に、下北沢にマッチボックスシアター Reading Cafe ピカイチ を旗揚げ、店内ライブ&イベント&映像のコンテンツプロデュースを手掛け、俳優ワークショップも行う。

2013年からは、FREE(S)プロデュース舞台『ドキュメン?』・『マルナゲドン』などで作・演出を手掛ける。

2014年より『ぱちんこウルトラバトル烈伝』などCR台の実写パート映像監督を務める。

2015年、自ら撮影・編集・監督を手掛けた自主映画『てまえみそ』・『ピカゼロ』を発表。

2016年、『ウルトラマンオーブ』で15年ぶりにウルトラマンテレビシリーズに復帰[1]

ウルトラマンコスモス』第36話「妖怪の山」に、ヤマワラワに驚く運送業者役として、 カメオ出演している(クレジット表記あり)他、ドラマやPVなどの出演も多い。

主な作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

Webドラマ[編集]

舞台・LIVE[編集]

Music Video[編集]

  • 兵庫ケンイチ『小さな道の強い花』(2012年/ドラマパート主演)
  • 藤田大吾『愛のメロディー』(2014年/演出・撮影・編集)

PV[編集]

CR映像[編集]

企業VP[編集]

  (公益社団法人 消費者教育支援センター主催 消費者教育教材資料表彰 優秀賞受賞)

講師[編集]

  • 日本映画学校 映画実習指導監督(2004年〜2006年)
  • 和歌山大学 映像製作ワークショップ講師(2009年〜2010年)
  • オフィスチャープ 俳優ワークショップ講師(2009年〜2013年)
  • フレッシュハーツ 俳優ワークショップ講師(2003年〜2012年)
  • NEO企画 俳優ワークショップ講師(非常勤)
  • 東京アナウンス学院 映像演技レッスン講師(非常勤)
  • Office PAYNE 俳優ワークショップ講師(2015年~)
  • Acvie 映像演技レッスン講師(2015年〜2016年)
  • ピカイチ 俳優ワークショップ講師(2015年~2016年)

審査員[編集]

  • アリオ川口大道芸グランプリ審査員(2009年〜2011年)
  • アリオ鷲宮大道芸グランプリ審査員(2013年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d ウルトラマンオーブ完全超全集 2017, p. 100, 「ウルトラマンオーブ監督インタビュー 市野龍一」

参考文献[編集]

外部リンク[編集]