ヒッポリト星人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウルトラマンAの登場怪獣 > ヒッポリト星人

ヒッポリト星人(ヒッポリトせいじん)は、『ウルトラマンA』をはじめとする「ウルトラシリーズ」に登場する架空の宇宙人。別名は地獄星人(じごくせいじん)。英字表記はALIEN HIPPORIT[1][2][3]

『ウルトラマンA』に登場するヒッポリト星人[編集]

ウルトラマンA』第26話「全滅! ウルトラ5兄弟」、第27話「奇跡! ウルトラの父」に登場。

地球侵略を企む異星人で、地獄のような環境のヒッポリト星で生活。高い戦闘能力を誇り、「宇宙で一番強い生き物」を自称。

ノズル状の口から噴射する火炎[1][5][2][注釈 1]と強風[1][5][2][注釈 2]、腕からのミサイルのように放つトゲ[5][2]、頭部の3つの突起から放つショック光線[2]、目から放つ怪光線[5]、腹部の赤い球体から放つ散弾状の破壊光線[2]が武器。ウルトラ戦士より巨大なカプセル「ヒッポリトカプセル」[2]は幻像を投影するだけでなく、閉じ込めた相手をブロンズ像に変えると共に生命活動も停止させるヒッポリトタール[4][6]を噴き付ける機能もあり、ブロンズ化はヒッポリト星人が死亡した際には解けても、生命活動は停止したままとなる。

200メートルもの自身の幻像をスモッグに投影して都市を攻撃させ、ウルトラマンA(以下、エース)の引き渡しを要求。本体は都市部から遠く離れた山岳地帯に陣取っており、ヒッポリトカプセルを通して自分の姿を投影しているため、TACの武器も受け付けない。エースの人形の首を折って姿を消し、本体がいる場所を通りかかったトラック運転手の男性が息子・ヒロシのために用意したエースの人形の首も取る。北斗星司と南夕子が男性を発見したことで仕掛けを見破られ、エースとの戦ではあらかじめ用意していたカプセルにエースをはじめ、救援に駆けつけたゾフィーウルトラマンウルトラセブンウルトラマンジャックのウルトラ4兄弟を閉じ込め、ヒッポリトタールを流し込んでブロンズ像に変えると、秘密を暴いて攻撃を仕掛けてきたTACの戦闘機を全機撃墜して火炎攻撃で苦しめる。駆け付けたウルトラの父との戦いでは、最初は圧倒されてエースのタールもウルトラシャワーで洗い流されてしまうが、地球に向かう途中の長旅でエネルギーを消耗していた隙を突いて倒す。しかし、ウルトラの父が命と引き換えにしたエネルギーでエースの復活を許してしまい、エースとTACによる猛攻を受けた末、メタリウム光線で粉砕される。ウルトラ4兄弟も元に戻り、エースがエネルギーを分け与えたことで息を吹き返す。

  • 声:谷津勲(ノンクレジット)[7]
  • デザイン:鈴木儀雄[8]
  • 第26話のオープニングでは「地獄星人ヒッポリト」と表記されていたが、第27話のオープニングでは「ヒッポリト星人」となっている。劇中でも「ヒッポリト星人」を自称しており、現在では「ヒッポリト星人」が公式の名称とされている。
  • ウルトラ怪獣攻げき技大図鑑』では「ヒッポリトビーム」は「オレンジビーム」と命名された。
  • 内山まもるの漫画版『ウルトラマンA』では、ヒッポリトカプセルを使用せずに鎖をエースたちの腕や足に装着し、口から直接タールを噴射する。テレビ版と違い、最後はウルトラの父との戦いでそのまま倒される。

『ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦』に登場するヒッポリト星人[編集]

てれびくん版『ウルトラマンメビウス外伝 超銀河大戦』に登場。

マーゴドンを操り、カプト星で対決したレオ、アストラ、80をブロンズ像にしたうえ、マーゴドンの冷凍能力でカプト星を氷の惑星に変える。レオたちを助けに来たメビウスをカーン星人アトランタ星人の作戦でエネルギーを消耗させてブロンズ像にしようとするが、救援に駆けつけたメロスによって妨害される。さらにウルトラマン、ジャック、エース、タロウの「ウルトラの星作戦」でレオたちも復活したことによって形勢は逆転し、最後はウルトラ兄弟とメロスたちの合体光線でマーゴドン共々粉砕される。

作中では終始マーゴドンの背中に騎乗し、ヒッポリトビームやヒッポリトミサイル、ヒッポリトカプセルなどの武器を使用していた。

地獄星人 スーパーヒッポリト星人[編集]

『大決戦!超ウルトラ8兄弟』に登場するスーパーヒッポリト星人[編集]

映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』に登場。

かつてウルトラ5兄弟やウルトラの父を一度は倒した初代ヒッポリト星人と同種族の宇宙人[11]。外見は初代と違い、ヒューマノイド的かつエイリアン然としたものになっている。他にも腹部にあった発光体は胸に移動し、尻尾は3本に増え、さらに頭頂部の突起が発光体の付いた触角になっており、真顔だった瞳はやや鋭くなっている。

煙状の黒い竜巻から姿を現し、黒い影法師の配下として、ウルトラマンのいない本作の世界を我が物にしようと次々に配下の怪獣を呼び寄せ、破壊工作を行う。標的を内側からは破ることは不可能な強固な特殊カプセルに閉じ込め、ヒッポリトタール[9][10]を流し込んで生きたままブロンズ像に変えるという初代得意の戦法は健在であり、これでウルトラマンメビウスを戦闘不能に追いやる。他にも胸の発光体から放つ破壊光線ブレストクラッシャー[9][10]や、口の管から放つ破壊光弾ヒッポリト・ファイヤーボム[9][10]を武器として使い、飛行能力も持つ。逃げ惑う人々を見て喜ぶなど残忍な一面を見せるうえ、自尊心が強く自らを「偉大」と称しながら、ウルトラ戦士に対して「貴様らごときに敗北するはずがない」と豪語するなど、高飛車な言動と自信家な性格はかつての同族と同じである。

侵略計画の手始めとして横浜にキングゲスラとキングパンドンを送り込み、キングパンドンを倒して疲弊したメビウスをブロンズ像に変える。その後、キングシルバゴンとキングゴルドラスを呼び寄せて横浜を破壊させる。さらにウルトラマンティガもブロンズ像に変えようとするが、ウルトラマンダイナとウルトラマンガイアによって防がれ、3対3の対決になる。ティガと高速空中戦を展開するが、最後はダイナとガイアの活躍で怪獣たちを倒され、自身は激闘の末にティガのゼペリオン光線で粉砕されたうえ、メビウスもウルトラ4兄弟のウルトラパリフィーによって元に戻る。

その後、影法師の手によって配下の怪獣軍団の残存エネルギーと融合させられ、ギガキマイラの胴体となる。

  • 声:大友龍三郎
  • スーツアクター:末永博志[10]
    • 中盤までのボスキャラクターとなることから、身長185センチメートルの末永が演者に選ばれた[12]
  • デザインは酉澤安施[13]。体表は虫のサナギが固い殻を破ろうとしている姿をイメージしている[13]。また、当初は発光体が初代と同じく腹に存在していたが、夜のシーンで光らせたいという監督の要望に応じ、メカを仕込みやすい位置とのことで胸に移動させたという[13]。酉澤はアレンジの方向性について『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』のテンペラー星人と同様であることを述べている[13]
  • ウルトラマンメビウスを倒すのにふさわしい相手として登場キャラクターに選ばれた[14]。本作の初期プロットである『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟2』の時点で登場は決まっており、この時点でデザイン画の第1稿も描かれていた[13]。『8兄弟』となった段階での初期案では、横浜に隠れ住むヒッポリト星人の科学者と娘が結果的に時空を歪めてしまうという展開であったが、最終的にシンプルな対立構造へ改められた[15]
  • 本作のオリジナルのマナーCMではマナー違反(上映中の携帯電話の使用)を行い、超ウルトラ8兄弟に注意された後は素直に謝っている。
  • 劇中では「スーパー」を付けず「ヒッポリト星人」と名乗り、ダンからは「宇宙人」と呼ばれた。上記のマナーCMでは「スーパーヒッポリト星人」と呼ばれている。

『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場するスーパーヒッポリト星人[編集]

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』に登場。

ウルトラマンベリアルのギガバトルナイザーの力で怪獣墓場から復活し、ベリアル配下の怪獣軍団の1体となる[16]。怪獣墓場で他の怪獣軍団と共にウルトラ戦士やレイの怪獣たちに襲いかかる。ゴモラに襲いかかり、最後はウルトラマンゼロにゼロスラッガーで倒される。

また、初代が百体怪獣ベリュドラの右腕を構成する怪獣の1体となっているほか[17]、怪獣たちがひしめき合うシーンではスーパーヒッポリト星人の姿も確認できる。

  • 着ぐるみは『大決戦!ウルトラ8兄弟』の流用。[要出典]

ヒッポリト星人・地獄のジャタール[編集]

ウルトラマン列伝』内のアクションドラマ『ウルトラゼロファイト』第2部「輝きのゼロ」に登場。

  • 身長:60メートル[18][19]
  • 体重:6万5千トン[18][19]
  • 出身地:ヒッポリト星[19]

「あのお方」と呼ばれる何者かに仕え、ウルトラマンゼロの抹殺を企む宇宙人集団ダークネスファイブの1人となった個体。容姿はスーパーヒッポリト星人と同じだが、目の色が赤くなっているのが特徴。これまでの同族と違い、ヒッポリトカプセルやタールは使わずに触れただけで相手をブロンズ像にできるほか、変身能力も持つ。一人称は「私」で、「ヒョホホホホ」「ギョポッ」などと甲高い声で笑う。また、ゼロの思わぬ反撃に憤慨するというコミカルな一面も見せる。ゼロには「ブロンズ野郎」と呼ばれている。

ダークネスファイブの一番手として行動を開始し、マイティベースでグレンファイヤーとミラーナイトをブロンズ像に変えた後、ウルトラの母に化けてゼロを欺き不意打ちを試みるが、殺気を感じ取られたために見破られて失敗し、自分から正体を現す。ゼロの右手をブロンズに変え、そのまま完全にブロンズ像にして「あのお方」の前に飾ると豪語するが、その右手によるパンチのラッシュ攻撃を喰らって小惑星に叩きつけられ、最後はガルネイトバスターによって小惑星もろとも爆破される。その直後、ゼロの右手やグレンファイヤーらは元に戻る。

  • 声:岸哲生
  • 着ぐるみはスーパーヒッポリト星人の目を赤にリペイントした物。[要出典]
  • ダークネスファイブの中では唯一、序盤に登場してからわずか2話で倒され[注釈 3]、このことは公式ブログでも話題にされている。最終回放送後の公式ブログでは、登場こそしないもののシャイニングウルトラマンゼロのシャイニングスタードライヴによる時間逆行で復活したことが示唆されていた[要出典]。本編終了後のダークネスファイブの動向が描かれた『ウルトラマン列伝』第100話及び第103話には登場しなかったが、後者では同族の初代ヒッポリト星人が紹介されると共に、他のメンバーから復活しているかもしれないと推測されており、DVD『ウルトラゼロファイト パーフェクトコレクション』収録のWディレクターズエディションおよび『ウルトラマン列伝』第104話では実際に復活した姿が描かれた[20]
    • Wディレクターズエディションでは、シャイニングスタードライヴによる影響で、小惑星に叩きつけられた時点の姿で復活し、突然のことに本人も驚いていた。
    • 『ウルトラマン列伝』第104話では、油断しているゼロをグレンファイヤーと共に再びブロンズ像にしようと、背後から襲いかかるが、実際に気付いていなかった2人の裏拳が偶然命中し、捨てゼリフを叫びながら遥か彼方に吹き飛ばされていった。
    • 『新ウルトラマン列伝』第49話にて、他のダークネスファイブや主人であるウルトラマンベリアルとようやく再会を果たした。その際には、ゼロに敗北したことと長らく姿を消していたことを詫びていたが、ベリアルからは「お互い一度は死んだ身」と復帰を快く承諾され、ダークネスファイブによる紹介についても興味を示した。最終的には他のメンバーやベリアルと共に、プラズマギャラクシーへ向かう。『ウルトラマン列伝』第103話には登場していなかったため、自分もベリアル軍団の新たな覇道のために忠誠を誓う覚悟を見せられなかったことに悔やんでおり、ベリアルにゴマを擦るようになっている。なお、『ウルトラマン列伝』103話の一件で分かる通り案の定、他のダークネスファイブメンバーから存在を忘却されていた。

にせウルトラの母[編集]

ジャタールがウルトラの母に化けた姿。姿や声は本物と変わらないが、右手から攻撃用の赤い光球を発射する[注釈 4]。この姿でも、触れただけで相手をブロンズ化する能力は使用可能。

  • 声:大谷美紀
  • スーツ自体は本物のウルトラの母と同一。

地獄星人 ヒッポリト星人カリスト[編集]

劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』に登場。

  • 身長:2 - 60メートル[21]
  • 体重:6万5千トン[21]

ムルナウによってダークリングから出現させられ使役されている。最初はガピヤ星人サデスと戦闘し疲弊したオーブ(ハリケーンスラッシュ)をテンペラー星人バチスタと共に連行し、その後オーブ(オーブトリニティ)を相手にデアボリックやバチスタと共に戦闘を繰り広げる。ウルトラマンギンガ・ウルトラマンビクトリー・ウルトラマンエックスが復活した後はバチスタとのコンビでギンガやビクトリーと戦い、最後はバチスタとの合体光線をギンガとビクトリーのギンガビクトリーアルティメイタムに押し返されバチスタ共々倒された。

『ウルトラマン Fighting Evolution0』に登場するヒッポリト星人[編集]

PlayStation Portable専用ソフト『ウルトラマン Fighting Evolution 0』に登場。

ウルトラ兄弟抹殺のためにバルタン星人ナックル星人テンペラー星人ババルウ星人と手を組み、ヤプールに利用されている。ゴルゴダ星でウルトラ兄弟の1人(プレイヤーキャラクター)と対決し、騙し討ちで力を奪い取り、必殺技を使えない状態にする。その後、地球に現れてゾフィー(レオ編ではセブン)の力を奪って強化された状態で襲ってくる。

ヒッポリト星人のLv3の必殺技「ヒッポリトタール」は発動すれば防御が不可能となるうえ、確実にHPが0になる技であり、難易度イージーでもゲージが溜まり次第積極的に使ってくるため、序盤に登場する敵にしては対戦難易度がかなり高い。

『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』に登場するヒッポリト星人[編集]

大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』第5話「密林の黒い悪魔」、第6話「ヒッポリト星人の甘い罠」に登場。

バトルナイザーを狙う宇宙人として登場。第5話でサタンビートルを倒した主人公の様子を見てバトルナイザーを見つけたことを確信し、第6話にて等身大で主人公たちの前に姿を現す。紳士的な口調で喋り、「バトルナイザーを持っていると怪獣に襲われる」などと言って主人公からバトルナイザーを騙し取ろうとするが、ピグモンに自身の企みを見破られると本性を現し、呼び出したモンスアーガーを用いて力ずくでバトルナイザーを奪おうとする。モンスアーガーを倒されるとついに自ら巨大化して戦いを挑むが、結局はバトルナイザーの怪獣に敗北し、バトルナイザーの名前を叫びながら消え去る。

今作ではステータスが全体的に低いが、NEO以降はアタックを中心に大幅なステータス強化がなされている。必殺技は「ヒッポリトビーム」「ヒッポリトミサイル」「ヒッポリトタール」と原作のものが再現されており、特にウルトラ5兄弟をブロンズ像に変えた「ヒッポリトタール」は非常に威力が高いうえに封印効果もある。また、NEO第3弾ではセブンと戦った際に使用した目の怪光線「ヒッポリトアイライフル」が追加された。

  • 声:塩屋浩三
  • ポリゴンは『ウルトラマン Fighting Evolution 0』の流用。

『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』に登場するヒッポリト星人[編集]

データカードダス及びそれを元にしたCGショートムービー『大怪獣ラッシュ ウルトラフロンティア』に登場。通常のヒッポリト星人はテレビ版にてハンターステーションにいる宇宙人として姿が確認できるほか、劇場版『DINO-TANK Hunting』ではテンペラー星人キリエロイドと共にチームを組み恐竜戦車に挑むも敗退する。

ヒッポリト星人アーチャー
4弾より登場。「サイレントアーチャー」の異名を持つ。外見はスーパーヒッポリト星人に近い。ヒッポリトタールを噴きつけるヒッポリトカプセルガンを武器とするハンター。物静かな性格で静寂を好む。
ヒッポリト星人ヒルガ
4弾より登場。「先手必勝のヒルガ」の異名を持つ。マッシブな体格を持ち、両腕のヒッポリトミサイルユニットを武器とする。豪胆な性格で稼ぎも多いが、過剰な攻撃による出費と豪遊により収支はマイナスになることが多い。
ヒッポリト星人ケイプ
5弾より登場。「難攻不落の禁固8万年」の異名を持つ、脱獄ハンターズのリーダー格。自信家にしてナルシストな性格であり、脱獄とハンティングの繰り返しをパフォーマンスとして楽しんでいる。
テレビ版では「SUPER-EARTHGOMORA Hunting」に登場し、ラッシュハンターズが獲得したプラズマソウルを密かに掠め取っていたが、他のメンバー共々メフィラス星人シックルにより捕えられ、カードに変えられてしまう。声は栗津貴嗣

その他の作品に登場するヒッポリト星人[編集]

ウルトラシリーズ[編集]

  • ウルトラマンタロウ』第40話の回想シーンに35大怪獣・宇宙人の1体として登場。別名が「投影超獣人ヒッポリト[注釈 5]」と紹介されている。また、『タロウ』放映当時の学年誌の記事の裏設定では、怪獣軍団に所属してタロウ抹殺のためにヤプールとともに軍団の幹部となっている[要出典]
  • 映画『ウルトラマン物語』では、宇宙の帝王ジュダの手先として登場。設定ではヒッポリト星はすでにジュダに支配されている。映像は『A』第26話・第27話の流用。
  • ウルトラマンメビウス』第36話では、トリヤマ補佐官が読んでいた雑誌の表紙を飾っている。
  • ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』第12話では、ケイトのセリフで名前のみ登場し、ヤプールとともにレイブラッド星人を恐れていたことが語られる。
  • 『ウルトラマンゼロ&オールスターウルトラマン超絶!ウルトラリーグ』(てれびくん版2011年6月号掲載分)では、スーパーヒッポリト星人が怪獣軍団の1体としてウルティメイトフォースゼロを襲う。
  • ウルトラゾーン』第2話のアイキャッチでは、新幹線の出入り口で口の先を使い、女性と手を取り合っている姿が描かれている[22]。第5話のミニコーナー「怪獣English」では英語での自己紹介が例題となっている[3]
  • 漫画作品

その他[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『円谷プロ全怪獣図鑑』では火炎地獄と記述している[6]
  2. ^ 『円谷プロ全怪獣図鑑』では風地獄と記述している[6]
  3. ^ 他のメンバーは最後まで生き残り、ジャタールが抜けた穴は極悪のヴィラニアスが連れてきたタイラントが補っている。なお、他の4人には忘れ去られており、後の話で指摘されるまで話題にも上がらなかった。
  4. ^ 生成直後にゼロに正体を見破られたため、実際に発射することはない。
  5. ^ 劇中でヒッポリト星人を初めて見た人々は超獣と誤認し、ゲーム『大怪獣バトル ウルトラコロシアム』ではヤプールの超獣軍団として登場する。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 白書 1982, p. 177, 「ウルトラマンA 怪獣リスト」
  2. ^ a b c d e f g h i j 画報 上巻 2002, p. 135
  3. ^ a b ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 75, 「怪獣English」
  4. ^ a b c d ウルトラ怪獣大全集 1984, p. 54, 「ウルトラマンA 全怪獣」
  5. ^ a b c d e f g 大辞典 2001, p. 270
  6. ^ a b c d e f 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 73
  7. ^ 『円谷プロ画報』第1巻、竹書房2013年、217頁。ISBN 978-4-8124-9491-2
  8. ^ ファンタスティックコレクションNo.10『空想特撮映像のすばらしき世界・ウルトラマンPARTII』(朝日ソノラマ・1978年)33頁。
  9. ^ a b c d e 大決戦!超ウルトラ8兄弟超全集 2008, p. 49, 「スーパーヒッポリト星人」
  10. ^ a b c d e f テレビマガジン特別編集8兄弟 2009, pp. 74-75
  11. ^ a b c d 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 345
  12. ^ テレビマガジン特別編集8兄弟 2009, pp. 84-85, 「ウルトラマン再生の作業とは」.
  13. ^ a b c d e 大決戦!超ウルトラ8兄弟超全集 2008, p. 87, 「THE ART OF 大決戦!超ウルトラ8兄弟」
  14. ^ 大決戦!超ウルトラ8兄弟超全集 2008, p. 77, 「鈴木清×八木毅×長谷川圭一対談」.
  15. ^ テレビマガジン特別編集8兄弟 2009, pp. 84、88、89.
  16. ^ ウルトラ銀河伝説超全集 2009, p. 56.
  17. ^ ウルトラ銀河伝説超全集 2009, p. 81, 「百体怪獣ベリュドラ完全攻略」.
  18. ^ a b ギンガS超全集 2015, p. 9, 「ダークネスファイブ」
  19. ^ a b c 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 380.
  20. ^ ギンガS超全集 2015, p. 83, 「ウルトラマン列伝 新ウルトラマン列伝 こだわりの番組」.
  21. ^ a b オーブ完全超全集 2017, p. 70, 「劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします! 怪獣大図鑑」
  22. ^ ウルトラゾーン完全ガイド 2012, p. 9, 「ウルトラゾーンアイキャッチコレクション1」.

参考文献[編集]

関連項目[編集]