ウルトラマン物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウルトラシリーズ > ウルトラマン物語
ウルトラマン物語
監督 高野宏一
脚本 平野靖士
製作 円谷皐
撮影 山本武
配給 松竹
公開 日本の旗 1984年7月14日
上映時間 93分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
製作費 2億円
テンプレートを表示

ウルトラマン物語』(ウルトラマンストーリー[注 1])は、1984年7月14日に公開された円谷プロダクション製作の特撮映画作品。同時上映は『アニメちゃん』。

概要[編集]

本作よりも前に制作されたウルトラシリーズの劇場版は、日タイ合作の『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』を除けば、テレビシリーズの一話をそのまま上映するか、テレビシリーズを再編集して繋ぎ合わせるものであった。だが、本作は半分以上が新規撮影されており、ウルトラマンタロウウルトラの母ウルトラの父の教えを受けながら、少年(地球人で言えば10歳程度)から青年へと成長する過程を描いた、劇場版オリジナルとなった。流用シーンもTVシリーズのエピソード設定に準じたものになっていて、タロウの成長の合間に起きた事件として使われた。また、タロウが研究のために見る歴代ウルトラ戦士の戦いにも使われている。その中には、テレビシリーズでは『タロウ』よりも後に放送された『ウルトラマンレオ』や『ウルトラマン80』の戦いもある。ウルトラ戦士や怪獣のスーツの大半は新規に造られている[1]

また、『レオ』『ザ☆ウルトラマン』『80』『アンドロメロス』(メロスのBGMは海外版ザ☆ウルトラマン用に制作されたものである)で使用されたBGMが一部流用されている[注 2]

本作では地球人は直接には一切登場せず、ウルトラ戦士がテレビシリーズにおける人間体になったような描写も省略されている[注 3]

本作の完成披露試写会場において、ウルトラ6兄弟・ウルトラの父・母・ブースカ・カネゴン・ピグモンと共に舞台挨拶に登壇[誰?]。次回作としてウルトラマンとアンドロメロスの登場する映画の製作が予定されていたが[2]、実現には至らなかった。

公開後、コロムビアから本編の音声にシリーズ各作品の主題歌を挟んだコロちゃんパックカセットが3巻リリースされた。

後年への影響[編集]

本作以降、2006年の『ウルトラマンメビウス』とその劇場版『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』まで、海外作品やオリジナルビデオ作品の『ウルトラマンネオス』を除き、昭和ウルトラに関連する「M78星雲光の国」や「ウルトラ兄弟」といった設定は、制作されたウルトラシリーズの各作品に反映されなかった。

ウルトラマンマックス』第24話に本作のポスターが登場している。

本作でタロウの声を演じた石丸博也、ウルトラの母の声を演じた池田昌子らは、『メビウス』でもタロウとウルトラの母の声を演じ、タロウについては『ウルトラマンギンガ』などのメビウス以後のタロウが登場するウルトラシリーズの各作品で石丸が演じている。

ストーリー[編集]

M78星雲ウルトラの星では、まだ子供だったウルトラマンタロウが一人前のウルトラ戦士を目指して特訓に励んでいた。怪獣はすべて悪い怪獣だと思っていたタロウだったが、ウルトラの星に生息する善良な怪獣ドックンとの出会いを機に、怪獣の中には平和を愛する怪獣もいるということを知る。

特訓を続けながら成長したタロウはある日、訓練中にウルトラの父が自分に実戦を許してくれない理由を考え、それが理由でミスを犯す。それこそ、ウルトラの父がタロウに実戦を許さない理由だった。しかし、ウルトラの父に一喝されたタロウは己の慢心を認め、以前よりも特訓に力を注ぐようになった。

そして、遂にタロウに実戦を許される時がきた。ウルトラマンと引き分けたメフィラス星人が、ウルトラセブンに倒されたエレキングを改造エレキングに強化改造し、地球に再び現れたのである。張り切って地球に向かったタロウは、改造エレキングとメフィラス星人を倒し、これで自分も一人前の戦士と認められるに違いないと喜ぶが、ウルトラの父から「まだ学ばねばならないことがある」と特訓を続けさせられる。

不満を抱きながらも特訓を続けるタロウは、不思議な夢を見た。それを聞いたウルトラの父は尋常ではない驚きぶりを見せると、タロウに最後の特訓を課した。それは、ウルトラの父が頭部のウルトラホーンから発したエネルギーを、タロウが自分のウルトラホーンで吸収するというものだった。この特訓こそ、かつてウルトラの父が倒し、今また復活しようとしている宇宙の帝王ジュダを倒すためのものだった。

そして、ついに復活したジュダの配下とウルトラ兄弟の戦いに、タロウが参戦する。

登場ウルトラマン[編集]

  • ウルトラマンタロウ
    • タロウ(少年時代)
    • スーパーウルトラマン
タロウとウルトラ5兄弟(ゾフィー、マン、セブン、ジャック、A)が合体した姿。

登場怪獣・宇宙人[編集]

宇宙の帝王 ジュダ
  • 身長:60メートル
  • 体重:3万2千トン
宇宙の歪みから生まれた悪魔。5万年前にウルトラの父によって封印された。本作では、地球を襲ったヒッポリト星人バルタン星人エンマーゴはジュダの手下という設定になっている。
宇宙全体の空間をねじ曲げ、大宇宙の破壊を目論んだ。
存在自体が宇宙の歪みそのものであるためか、宇宙の歪みは消し去る事ができないため、数万年ごとの彼の復活は避けられないが、ウルトラ戦士が何世代にも亘って封印し続けている。グランドキングが倒されると同時に苦悶の内に消え去った。
  • 初出はウルトラシリーズにおける外伝『ウルトラ超伝説』。『ウルトラマンX Blu-rayBOX II』の封入解説書では、本作品のジュダとは「似て非なる性質の持ち主」と記述している[3]
超合体怪獣 グランドキング
小型怪獣 ドックン
  • 身長:27メートル
  • 体重:1万トン
ウルトラの星に住むおとなしい怪獣で、少年時代のタロウと出会う。飛行に失敗したタロウをからかうかのように笑ったために、彼に特訓相手にされ一方的に殴りつけられる。しかしそれによって怒り狂い、タロウを追いかけまわしたが、後に仲直りした。
  • スーツは新規造形[1]

流用映像での登場[編集]

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

  • ウルトラマンタロウ - 城谷光俊、加藤明人(少年時代)
  • ウルトラの父 - 今井朝幸
  • ウルトラの母 - 岩槻由美子
  • ゾフィー - 稲田芳寛
  • ウルトラマン - 杉本匡功
  • ウルトラセブン - 安田聖一
  • ウルトラマンジャック:上野雅則
  • ウルトラマンA - 柳田雅一
  • ドックン - 深沢政雄
  • グランドキング - 宮本知彰

スタッフ[編集]

  • 監督 - 高野宏一
  • 製作 - 円谷皐
  • プロデューサー - 円谷皐、宇川清隆
  • 脚本 - 平野靖士
  • 構成 - 藤島浩一郎、金田益美
  • 企画 - 円谷皐
  • 撮影 - 山本武
  • 音楽 - 円谷音楽出版
  • 音楽プロデューサー - 玉川静
  • 編集 - 浦岡敬一
  • 照明 - 牛場賢二

主題歌[編集]

エンディングテーマ「ウルトラマン物語〜星の伝説〜」
作詞 - 谷のぼる / 作・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - 水木一郎こおろぎ'73
挿入歌「愛の戦士タロウ」
作詞 - 谷のぼる / 作・編曲 - 菊池俊輔 / 歌 - 水木一郎、コロムビアゆりかご会

「ウルトラマン物語〜星の伝説〜」はビデオ『ウルトラビッグファイト増刊号 ウルトラファミリー大集合!』と『ウルトラビッグファイト増刊号 激闘!ウルトラファミリー』、「愛の戦士タロウ」はビデオ『ウルトラ必殺技大百科 ウルトラマンタロウ編』でそれぞれ、エンディングテーマとして流用された。

映像ソフト化[編集]

  • 2006年に『ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟』の公開を記念し、同年9月13日にDVDが発売。
  • シリーズ45年を記念した「ウルトラシリーズ45周年記念 メモリアルムービーコレクション 1966-1984 DVD-BOX」に収録されている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 予告編・TVスポットでは「ウルトラマン物語(ものがたり)」と読まれていた。
  2. ^ ただし、ジョーニアスとアンドロ超戦士たちは登場しない。
  3. ^ 例えば、セブンにしても流用シーンがちょうど変身時のSEが使われて登場するといった具合である。
  4. ^ a b スチール撮影会では、レオと80のスーツが用意されていた。
  5. ^ 本作におけるメフィラス星人は同一人物という扱いになっている。

出典[編集]

  1. ^ a b 「BonusColumn 銀幕で復活するTVヒーローたち」『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、155頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  2. ^ 大石真司、江口水基・島崎淳・間宮尚彦 『円谷プロ全怪獣図鑑』 小学館、2013年、198頁。ISBN 9784096820742
  3. ^ X BDBOX II 2016, 「KAIJU LABORATORY」.

参考文献[編集]

  • Blu-ray『ウルトラマンX Blu-ray BOX II』(バンダイビジュアル BCXS-1027)封入 SPECIAL NOTES(構成・執筆:ガイガン山崎、島崎淳)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]