実相寺昭雄監督作品ウルトラマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウルトラマン > 実相寺昭雄監督作品ウルトラマン
実相寺昭雄監督作品ウルトラマン
監督 実相寺昭雄
脚本 佐々木守
製作 円谷皐
ナレーター 浦野光
出演者 小林昭二
黒部進
毒蝮三太夫
二瓶正也
桜井浩子
古谷敏
音楽 宮内國郎
主題歌 ささきいさおコロムビアゆりかご会「ウルトラマンの歌」
編集 浦岡敬一
製作会社 円谷プロダクション
配給 松竹富士
公開 1979年3月17日
上映時間 102分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

実相寺昭雄監督作品ウルトラマン』(じっそうじあきおかんとくさくひんウルトラマン)とは1979年3月17日公開にされた松竹富士配給の映画

概要[編集]

特撮テレビ番組ウルトラマン』に於いて、実相寺昭雄によって演出された話(「真珠貝防衛指令」を除く)をオムニバス風に編集した映画[1]。第三次ウルトラブームに際し、『ザ☆ウルトラマン』の放送に先駆ける形で公開された[1]。一部地域では『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』と同時上映された[2]

実相寺の監督作品では、ウルトラマンがスペシウム光線をはじめとする光線技を使用していないためか、「怪獣無法地帯」、「科特隊宇宙へ」、「怪獣殿下」における戦闘シーンが怪獣追悼の際のウルトラマンの回想という形で挿入されている[1]

また、新撮シーンとしてマットアートのアニメでビートルの飛行シーン(製作当時存在しなかった新宿の高層ビルのシルエットもみられるのは、『ウルトラマン』の舞台が近未来である為)が追加された。浦野光によるナレーションも新規に録りおろされた[1]

劇伴には宮内國郎のアルバム『交響詩 ウルトラマン』および『交響組曲 恐竜』の楽曲を使用している[1]

本作はウルトラ映画作品としては初めて、松竹配給で公開された作品であり、本作以降のウルトラ映画作品は『ウルトラマンUSA』、『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』、『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』を除いてすべて松竹配給である[3]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

登場怪獣・宇宙人[編集]

回想シーンでの登場[編集]

主題歌[編集]

「ウルトラマンの歌」
作詞 - 東京一 作曲 - 宮内國郎 編曲:高田弘 歌 - ささきいさおコロムビアゆりかご会

映像ソフト化 [編集]

テレビ放送[編集]

公開されてから9ヶ月半後の1980年1月3日に、TBSの9:00 - 10:30枠で放送された[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 白書 1982, p. 110, ウルトラマンシリーズ劇場用作品オール解説
  2. ^ 白書 1982, p. 112, 劇場映画版ウルトラマン全作品リスト.
  3. ^ 『USA』は東宝配給、『ティガ』はソニー・ピクチャーズ エンタテインメント、『銀河伝説』はワーナー・ブラザース映画配給。
  4. ^ 再編集の作業を下村善二に一任したため、監督が下村との連名になっている資料もある。
  5. ^ 予告でのクレジットでは「マグマ怪獣テレスドン」。
  6. ^ 予告でのクレジットでは「せい星怪獣ジャミラ」。
  7. ^ 読売新聞縮刷版読売新聞社、1980年1月3日付のラジオ・テレビ欄 

参考文献[編集]

  • 『不滅のヒーローウルトラマン白書』 朝日ソノラマ〈ファンタスティック・コレクション・スペシャル〉、1982年12月31日、初版。雑誌コード:67897-80。

外部リンク[編集]