チャイヨー・プロダクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

チャイヨー・プロダクション(Chaiyo Productions Co. Ltd.) は、かつて存在した、ソムポート・セーンドゥアンチャーイが率いるタイ資本の会社。本社はバンコクアユタヤ県にスタジオを持っていた。

「チャイヨー」(ไชโย)はタイ語で「万歳」の意味。

概要[編集]

ソムポートは日本に留学して円谷英二から特撮技術を学んだ人物で、日本の特撮映画・テレビの影響を受けた映画・テレビ作品を制作している。特に円谷皐とは同年代として気が合い、彼の著書によると来日するたび、円谷プロダクション同エンタープライズへ社員のように自由に出入りしていたという。

1970年にテレビシリーズ『チャラワン』を製作。1973年にはタイ初の本格的な特撮映画『ターティエン』を製作し、当時のタイ映画の歴代ベスト1となる300万バーツもの売り上げをあげた。その後も円谷プロとの合作で、1974年に『ジャンボーグA&ジャイアント』と『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』を公開するなど特撮映画を作り続けたが、1985年の『エリマケトカゲ一人旅』以降は映画制作から撤退し、テレビ番組などを製作していた。また、バンコクのプラトゥーナム近辺に、ウルトラマン博物館(後述)を作っていた模様。

1976年から日本以外でウルトラマンのキャラクターを商用目的で利用する権利を持つと1995年12月から主張しており、日本の裁判ではこの主張が認められ、タイ国では否定されている。この係争は非常に複雑な状況になっているため、詳細は#ウルトラマン訴訟を参照。

2011年のタイ洪水の影響を受けて廃業しているが、その前の2008年12月24日に『ウルトラQ』から『ウルトラマンタロウ』および『ジャンボーグA』の7作品と、『ジャンボーグA&ジャイアント』と『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』の海外利用権を日本のユーエム社(上松盛明社長)[1]に譲渡[2]しており、後述する訴訟もそちらに受け継がれている[3]。ただし後述の#2020年時点の権利に書かれている通り、2020年時点においてユーエム社は中華人民共和国[4]およびアメリカ合衆国[5]における海外利用権については主張を実質的に取り下げている。

ウルトラマン訴訟[編集]

チャイヨー・プロダクションは、円谷プロダクションとは1974年にはウルトラマンシリーズのキャラクターを用いた映画『ウルトラ6兄弟VS怪獣軍団』の合作をするなど良好な関係にあったが、3代目社長円谷皐が死去した半年後の1995年末頃より「ウルトラマンの権利は当社(チャイヨー)の所有。契約書も存在する」と主張を始める。それに対して円谷プロ側は当初チャイヨー側の言い分を鵜呑みにして契約書の存在を認めたが、仔細に調査・検証した結果、「契約書は偽造」として裁判となった。

チャイヨー・プロダクション側の主張
「この映画の配給権が1975年に香港に12万米ドルで売れたが、資金繰りに窮していた円谷プロ側はこの12万米ドルを1年間借りたいとし、さらにその後チャイヨーに無断で円谷が台湾に配給権を8万米ドルで売却したことが発覚した。1976年3月に来日したソンポートは円谷に20万ドルの返却を要求したが、金のない円谷は20万ドルの返済の代わりに譲渡契約を提案。1976年に円谷プロの当時の社長円谷皐との間で、『ウルトラQ』から『ウルトラマンタロウ』および『ジャンボーグA』の7作品において、日本以外における独占権をチャイヨーへ譲渡する契約を結んだ。」以上が、1995年末頃から始めたソンポートの主張である[6]
円谷プロダクション側の対応
生前の皐社長からは権利の譲渡などの話は一切無かったにもかかわらず、当時社長の円谷一夫はチャイヨー側の言い分を鵜呑みにして契約書を認める書簡をソンポートに出し[7]、権利の買い戻しを申し出たが、彼は拒否したうえに不合理なことも主張するようになった。そのチャイヨー側の対応に不信を確認した円谷プロ経営陣は契約書を仔細に検証すると同時に、当時の会社経理簿の記載や取引銀行の入出金記録などを綿密に調査を行った結果、円谷プロ・同エンタープライズ両社の財務記録とはまったく符合しないうえ、当時在籍していた重役達と経理担当責任者もそのような金銭の流れを確認していなかった。以上のことから当時の経営状態の検証も踏まえて「契約書は偽造」と確信したため、対応を改めて裁判で争うこととなった[2]。チャイヨーとの紛争は当時の新作の内容にも影響を及ぼし、1996年の『ウルトラマンティガ』は海外展開に支障を来さないよう、旧シリーズとは断絶した世界観(旧シリーズのキャラクターが登場しない)と設定された[8]
裁判前の状況
契約書を作成したとされる年以降もウルトラマンの商品は円谷プロとの契約により世界各国において販売されている。タイ国内でも同様に販売されていながらもチャイヨー側は円谷皐が亡くなった後の1995年まで、契約に関して一切の連絡をしていない。さらに円谷プロ(円谷皐)は海外での作品自体の放送契約販売も通常業務として行っており、1990年代前半には中華人民共和国でウルトラシリーズの同国初のテレビ放送を行っている(中国では1980年代後半に『恐竜戦隊コセイドン』を一部地域で放送した実績がある)。特に1993年には上海・魯迅公園でのウルトラマンのイベント初日に10万人以上が殺到したために安全上中止になったほど作品の人気は高く、その事が日本のマスコミで取り上げられたが、その際に『ウルトラセブン』が放送予定にないことを取材陣が不思議に思い、円谷プロへ質問したところ「セブンはアメリカの配給会社との契約期間がまだ残っているため、現時点では当社(円谷プロ)との直接契約では放送できない。残念だ。」と円谷皐は各社に説明している。このように譲渡(チャイヨー側の主張)後も変わらず円谷プロは国際室という部署により海外事業を続けていた。それらに対してチャイヨーのソムポートは「ノボルサン(円谷皐)が生存中は信頼関係があったために契約書を持ち出すようなトラブルは発生せず、その契約を元にビジネスをしていました」としている[9]。ただし、タイ国現地の特撮ライターの証言では、1984年の『ハヌマーンと11人のウルトラマン』公開の際にチャイヨーがウルトラマン関連のグッズを出していたものの、1997年まで目立ったウルトラマン関連のビジネスをしていなかったとのこと[10]。また、円谷プロは『ウルトラマンパワード』をハリウッドで製作した際に、米国を主軸にした海外での円谷全作品(当然、ウルトラ全作品や『ジャンボーグA』も含む)の放送・商品展開拡大のために現地法人ウルトラ・コムを拡大充実させて、カンヌ映画祭(フランス)に併設されている国際見本市にて円谷プロ・ウルトラコム連名の番組販売ブースを設置してウルトラ全作および主要作品を売り込んでいる。そのウルトラ・コムに対してチャイヨーが書簡を送ったのは円谷皐没後であり、設立後何年も経ってからである。
某作家による円谷プロ元スタッフへの取材では、契約書の真贋について意見が異なる者もおり、元役員のTは「当時の円谷プロ社印は親会社の東宝が管理していたため、円谷皐は自分が管理する円谷エンタープライズの印鑑を契約書に押したに違いない。円谷皐が独断で契約したのだろう。」と語っている[11]。円谷プロの6代目社長を務めた円谷英明は、契約書が結ばれた1976年は円谷プロの業績が急激に落ち込んだ時期であること、円谷皐は物事を独断で進めることが多かった、と著書で私見を述べている[12][注 1]
そして裁判へ
1997年以後、チャイヨーは日本国外の主にタイ国で事業を展開し、商品に「円谷チャイヨー・プロダクション」(TSUBURAYA CHAIYO Co., Ltd.)として著作権表示を行ったりしていた。この契約書を無効とし、円谷プロダクション1997年にタイで、1999年に日本でそれぞれソムポートに対して裁判を起こした(この件に関する詳細は後述する日本・海外での裁判の状況を参照のこと)。なお、社名について日本の円谷プロでは「円谷」の名称使用は承認していない。
タイ国の裁判ではチャイヨーが敗訴したが、日本国内では最高裁で円谷プロ側の敗訴が確定しており、再審も困難なため、日本国内では譲渡契約書が有効という判決に変わりはない。日本での判決は日本国内でしか効力がなく、同じくタイでの判決はタイ国内でしか効力がない。そのため、タイと日本以外の第3国でウルトラシリーズ関連のビジネスを行う場合、円谷プロとチャイヨーのどちらとライセンス契約したらいいか不明であり、どちらか一方とだけ契約した場合、訴訟リスクを抱える状態となっている。チャイヨー側にとって権利は日本国外のものであるため、チャイヨー側が主な市場としてきたタイ国内の訴訟で権利が否定されたことは痛手となっている[13]。一方、円谷プロにとっても、日本での敗訴判決とチャイヨーからの訴訟リスクによって、海外展開が低迷する結果を招いた[14]
契約書の存在と一連の裁判によって、円谷プロはウルトラマンシリーズ旧作の海外販売が自由に行えない状況に陥った[15]
2008年12月24日にチャイヨーは、ウルトラマンの海外利用権を上松盛明が代表取締役を務める日本企業ユーエム社[1]へ譲渡し[2]、裁判は引き続きユーエム社が継続していくことになった[3]
円谷プロは裁判に多大な費用をかけており、各国での訴訟合戦になって消耗することが懸念された。2004年に第6代社長に就任した円谷英明はチャイヨーとの和解による解決が最善と判断して和解を目指したが、果たせなかった[16]。 チャイヨーから権利を譲渡されたユーエム社側も、2010年10月に円谷プロとの和解による解決を希望するとの声明を発表したが[17]、和解には至らず2011年から独自に韓国台湾フィリピンでの事業展開を開始したが[18]、裁判の途中で1998年にチャイヨーとバンダイが交わした契約が発覚したため[19][20]頓挫している。

日本国内での裁判の状況[編集]

著作権確認訴訟
東京地方裁判所東京高等裁判所は「日本の管轄ではない」として、円谷プロの訴えがいったんは退けられた[21][22]が、2001年6月に最高裁判所が、日本で審理可能として差し戻す判断を下した[23]
これを受け、2003年から始まった差し戻し審は、円谷プロが1996年に出した譲渡契約の内容を肯定する内容の書簡が真正に成立していること、契約書の印影が1000倍に拡大しても合致していることを理由に全て円谷プロの敗訴[24][25]で、2004年4月の最高裁判決で円谷プロの敗訴が確定した[26]
損害賠償請求訴訟
2006年5月18日には、逆にチャイヨー側が東京地裁で円谷プロダクションを相手取り、日本国外でのウルトラマンの独占的利用権が侵害されたことを理由に、12億5000万円の損害賠償を求める訴訟が起こした[27]。訴額はのちに1億円に減額され、2010年9月30日、東京地裁は円谷プロに1600万円の損害賠償金を支払うよう命じる判決を下した[28]
2011年7月27日、知財高裁で、チャイヨー側が1998年にタイ以外の独占利用権行使放棄と引き換えにバンダイから1億円受け取った事実が判明。一審判決を取り消し、ユーエム側の請求を棄却した円谷プロ逆転勝訴の判決が出された[19][29][30]
2012年4月26日、最高裁第一小法廷は、ユーエム社の上告を受理しない決定を下した[31]
なお、この判決はチャイヨーが権利を得たとする譲渡契約を「本件契約は有効に成立したものと認めるのが相当である」としてその正当性を認めた上で、チャイヨーがバンダイとの契約で利用権行使を放棄したとする判断であり、譲渡契約が有効と判断した著作権確認訴訟の最高裁判決を覆すものではない[32]

日本国外での裁判の状況[編集]

ウルトラマンに関する権利を巡る同様の裁判は、タイや中国など日本国外でも行われている[33]

タイ[編集]

2003年3月、タイの最高裁はウルトラシリーズ6作品(『ウルトラQ』から『ウルトラマンタロウ』)と『ジャンボーグA』の日本国外における使用権はチャイヨー・プロダクションにあるとして日本側は敗訴した。

その後、2007年4月にタイの知的財産、国際貿易裁判所は、チャイヨー側が主張していたウルトラマンそのものの著作権、(新作の)製作権といった権利は却下。チャイヨーに対し、『ウルトラマンミレニアム』などチャイヨーによる独自の新キャラクターや、前述のウルトラシリーズ6作品を除くウルトラシリーズのキャラクター(『ウルトラマンコスモス』など)の利用を認めないとする円谷プロ勝訴の判決を出している[34]。この判決により、チャイヨーが独自に制作している『ウルトラマンミレニアム』などは無許可製作の違法物とされた。また、権利が認められたのは『ウルトラマンタロウ』までのウルトラシリーズであるにもかかわらず、契約外の『ウルトラマンコスモス』などのDVDが独自に販売されていた[35]

2008年2月、タイの最高裁はそもそもの問題となった独占権に関する契約書について、サインと作品名が誤っていることを根拠に偽造されたものであると認定[36]。ソムポートがウルトラマンの共同創作者であるとの主張も却下し、キャラクタービジネスの停止と損害賠償金1000万バーツ(約3000万円)およびその利息の支払いを命じる円谷プロ全面勝訴の判決を出している[37][38]

その後、チャイヨーは2008年12月24日に日本のユーエム社へウルトラシリーズ6作品および『ジャンボーグA』の海外権利を譲渡し[2]、2011年のタイ洪水を受けて廃業した。

中国[編集]

チャイヨー、ユーエム社との訴訟
中国では、2005年9月にチャイヨーのソムポートが円谷プロを広東省の裁判所に提訴して、キャラクター商品の生産と販売の権利行使の停止と損害賠償を求めていたが、2009年10月に円谷プロ側の勝訴に終わった[39]
この判決後、今度は円谷プロ側がユーエム社に対して中国でのキャラクター商品の販売差し止めと損害賠償を求め、北京市の裁判所に提訴した。2013年4月に裁判所は和解勧告を出したが、円谷プロは拒否[40]。同年9月29日の最高裁判決で、契約書に押された円谷エンタープライズの社判が本物であることを根拠に譲渡契約の有効性を認め、円谷プロ側の敗訴が確定した[41]
しかし後に、ユーエム社は自身が起こしていた『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』のキャラクター商品権に関する訴訟を、判決直前となる2019年3月に突如取り下げ、以降は中国におけるライセンスを主張していない[4]
広州藍弧文化伝播(ブルーアーク)との訴訟
2017年7月、中国において広州藍弧文化伝播有限公司(通称:ブルーアーク)から、アニメ映画『鋼鐵飛龍(翻訳:ドラゴンフォース中国語版)』の続編であるアニメ映画『鋼鐵飛龍之再見奧特曼(翻訳:ドラゴンフォース さようならウルトラマン英語版)』の製作が発表され、ウルトラマンシリーズのキャラクターと覚しきものが登場するトレーラーが発表された[42]。これについて円谷プロは無許可製作である旨の発表を行っている[43]
しかし、広州藍弧文化伝播はユーエム社から正式にライセンスを受けた作品であるとして、円谷プロからの警告を無視して同年10月1日に映画を劇場公開した。円谷プロはそれに対し法的措置として上海市の裁判所へ告訴した[44]。この裁判は2019年1月から始まったが、裁判中であるにも関わらず、さらに広州藍弧文化伝播は2018年11月21日に続編のネットアニメ『鋼鐵飛龍2 奧特曼力量(翻訳:ドラゴンフォース2 パワー・オブ・ウルトラマン)』の配信と、2019年1月18日には続編のアニメ映画『鋼鐵飛龍之奧特曼崛起(翻訳:ドラゴンフォース ライズ・オブ・ウルトラマン中国語版)』を劇場公開した[45][46]
2020年6月30日、上海市の裁判所においてこの映画に対する判決が出て、円谷プロが勝訴した。判決結果は、「ユーエム社が主張する利用権が仮に正当なものであったとしても、その権利の範囲にキャラクター(または一定の改変を加えたキャラクター)を用いて新作映画を撮影することは含まれていない」というものである[47]

2014年時点の権利[編集]

上記のとおりチャイヨー・プロダクションはウルトラマンの海外使用権をバンダイとの契約で、1998年に放棄していたにも関わらず、ユーエム社へ同権利の譲渡契約を2008年に結んでおり、ユーエム社も権利放棄の事実を知りながら裁判の継続と事業展開を開始するなどをしていたが、2014年現在の法的判断では{タイ国:権利はすべて円谷プロ}{日本国:日本国内は円谷プロ。海外はチャイヨープロから権利購入したバンダイ}となっている。今後諸外国の司法においてチャイヨーへの譲渡契約書は有効の判決があっても、同時に1998年の独占利用権行使放棄の契約が有効になるため、ユーエム社の権利は存在しない。

2011年(平成23年)7月27日に判決の言い渡しがあり、オンライン公開されている知的財産高等裁判所の判決文の記載されているチャイヨーとバンダイとの間で交わされた平成10年契約の文面には、同契約の目的が、「チャイヨ・補助参加人(バンダイ)間の現在の紛争を排除し,かつ,両当事者間における将来の紛争を回避することを唯一の目的に締結された。」と記されている[48]。故に、平成10年契約は、独占利用権行使放棄の契約ではなく、当時、チャイヨーと円谷との間で係争中の裁判からバンダイを切り離すための訴権放棄の契約である。また、同判決文に記載されている平成10年契約に記されている訴権放棄の対象項目には、一連のクラシック・ウルトラマン作品の配給権(3.1)、広告権(3.6)および商業上の目的のためにする複製(3.7)が含まれているが[49]、2014年12月に出版された「ウルトラマンと著作権」に添付されている1976年契約の書面上に記載されている第3条ライセンスの範囲3.2「制作権」、第3条3.3「複製権」、3.4「著作権」、3.5「商標権」および3.8「上記の権利の第三者への譲渡」が含まれていない[50]。故に、2008年12月のチャイヨーからユーエム社への一連のクラシック・ウルトラマンのライセンス権利譲渡は有効となる[2]。さらに、平成10年契約はチャイヨー(および引き継いだユーエム社)とバンダイとの間でのみ交わされたものであり、故に1976年契約によりチャイヨーに与えられた権利の有効性には直接影響を与えないことから、現時点で日本以外の海外市場での全てのライセンス権利は、ユーエム社にある。ただし、バンダイが、海外市場で一連のクラシック・ウルトラマン作品の配給権、広告権および複製権を行使したとしても、平成10年契約が有効である限り、チャイヨーからライセンスを引き継いだユーエム社は、バンダイを訴えないという構図になる。ただし、これはユーエム社側の見解であることに注意する必要がある。

米国での円谷プロ全面勝訴[編集]

2018年(平成30年)4月24日、円谷プロは会見を開き、4月18日にカリフォルニア中央区地方裁判所にて、「1976年3月4日付の契約書は真正に作成されたものではない」という円谷プロの主張を全面的に認める判決が下されたと報告。米国では両当事者の持つ膨大な資料や通信履歴を顕出し、長時間をかけ調査分析を行う「ディスカバリー」を用いたことで新事実並びに新たなる証拠が顕出され、1976年の契約書は無効との判決が下されたと説明している。会見の中で円谷プロは「今回の米国での全面勝訴判決は、これまでの長い係争のいわば集大成であると考えております」とコメント[51]。なお、ソムポートは出廷を命じられたにも関わらず拒否しており、譲渡契約書の原本も提出しなかったうえ、チャイヨーには1976年の譲渡契約書以降に結んだとされるライセンス書類が残されていたことも判明した[52]

この一審判決を不服として2018年5月7日にユーエム社が控訴していたが、2019年12月5日の控訴裁判においても一審判決が全面的に認められ陪審員の評決も円谷プロの主張を認めて円谷プロが勝訴[53]。2020年3月4日の上告期限までにユーエム社側から上告がなされなかったため、円谷プロ側の勝訴が確定した。この結果、ユーエム社には円谷プロへ対して400万ドル(約4億円)の弁済が命じられている[5]

2020年時点の権利[編集]

日本およびタイにおける権利は2014年の時点と変わっていないが、米国および中国における権利は2018年のカリフォルニア地裁判決以降大きく変わった[51][52]。2018年時点でソムポートとともに行動している元円谷プロ社長の円谷英明は、このような判決が出ても米国1国の地裁の結果にすぎず、今後も最高裁まで5年は裁判が続くことから、円谷プロの考えるようなウルトラマンの世界展開などはできないので、和解した方が有益であるという見解を主張していたが[54]、実際にはユーエム社は2019年の時点で中国における訴訟を取り下げ[4]、2020年の時点で米国の最高裁にも上告しなかった[5]。このことから、円谷プロ側はもはやウルトラマンシリーズの海外展開を妨げるものはないと解釈している。

代表作[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ライブステージ[編集]

  • Ultraman Live Show 4D

PROJECT ULTRAMAN[編集]

2006年6月より、タイ、中国でチャイヨー・プロダクション制作のウルトラマンが放映される予定だったが、2005年に円谷プロにタイ、中国で提訴されて放映中止になった。2009年にタイ、中国での裁判で円谷プロ側が勝訴したため、タイ、中国で今後制作することは不可能となった[39]

ストーリー[編集]

時は近未来、地球に巨大な隕石が落ちた影響で発生した大津波により、全世界の人口が半減する。人類はそこから復興に向けて歩みだしたが、やがて地球はマスクを被った男たちに支配され、それに合わせるかのように13体もの怪獣が次々と地球を襲い出す。怪獣たちは何かの目的があって地球を襲っているようだ。ミレニアム・ダーク・エリートは互いに力を合わせ、地球の平和を守るため、これに立ち向かっていく。

キャスト[編集]

キャラクター[編集]

ウルトラマン以外のキャラクター[編集]

ジャイアント
ハヌマーン

ウルトラマンに関連するキャラクター[編集]

2001年のタイでのウルトラマン裁判の第1審判決で新作ウルトラマンを作る権利が認められたとして[55]、チャイヨー・プロダクションでは独自のウルトラマンを発表し、ライブステージにてショー『Ultraman Live Show 4D』の実施や、ウルトラマン玩具のテレビコマーシャル出演などを行っていた。ただし、タイの特撮ライターは第1審判決は新作の制作権を否定していないが、肯定してもいないと証言していた[56]。その後、テレビドラマシリーズ『PROJECT ULTRAMAN』が発表されたが、前述したように、2007年に新作の制作権はチャイヨーにないとの判断がタイの裁判所で改めて出されたため、円谷プロの許諾なしに制作することは不可能となった。

なお、ミレニアム・ダーク・エリートの出身地は従来のウルトラ兄弟と同じくM78星雲という設定になっているが、『ウルトラマンメビウス』(または『大怪獣バトル』)以降の作品には未登場。詳細は#ウルトラマン訴訟を参照。

ウルトラマンミレニアム(ULTRAMAN MILLENNIUM)
ムエタイで戦う青い目のウルトラマン。必殺技はルナパス・ビームなど。以前、地球に来たときに起きた「次元の墓」と呼ばれる事件(詳細不明)を解決したことで、他のウルトラマンから信頼を得たとされる。
  • 身長:40メートル
  • 体重:4万トン
  • 年齢:2600歳
  • 出身地:M78星雲
ダークウルトラマン(DARK ULTRAMAN)
赤い目で黒い模様があるウルトラマン。ウルトラマンミレニアムのライバル。必殺技はアタック・ビームなど。4万年前に初めて地球を訪れた。「次元の墓」事件を起こしたウルトラマンとしてかつてミレニアムに倒されたが、復活した。本質的には善の心を持っているが、自分の意思では善の心も悪の心もコントロールできない。
  • 身長:45メートル
  • 体重:4万5千トン
  • 年齢:7万歳
  • 出身地:M78星雲
ウルトラマンエリート(ULTRAMAN ELITE)
青くて大きな四角い目が特徴のウルトラマン。一般的なウルトラマンの2倍の能力を持っている。ウルトラセブンと同じく全身が赤い、「レッド族」の血を受け継ぐ。他のウルトラマンに比べてまだ若いために戦闘経験は少ないが、次元を超えての移動が最も速い。
  • 身長:42メートル
  • 体重:4万2千トン
  • 年齢:2400歳
  • 出身地:M78星雲
エルボー星人
ウルトラマンミレニアム、ダークウルトラマン、ウルトラマンエリートの宿敵。故郷のエルボー星が破壊されたために住む星がない。ウルトラマンが自分たちの星を破壊したという誤解から彼を恨んでおり、ウルトラマンがいる地球を訪れて滅ぼそうと考えている。
  • 身長:45メートル
  • 体重:5万5千トン
  • 出身地:エルボー星

ウルトラマン博物館[編集]

タイのアユタヤに郊外に、約10億バーツ(約29億円)をかけて建築する。2006年6月着工、2009年頃オープン予定とされていたが[57]、現在は廃墟と化し閉鎖されている[58]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1976年当時の円谷英明は高校生であり、会社業務には一切関わっていない。

出典[編集]

  1. ^ a b ユーエム株式会社,ウルトラマン海外利用権”. ユーエム株式会社. 2018年4月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e 映画秘宝』2009年4月号、p.49
  3. ^ a b “ウルトラ裁判、タイ人逆転勝訴”. livedoor NEWS. (2010年9月30日). http://news.livedoor.com/article/detail/5043460/ 2018年4月27日閲覧。 
  4. ^ a b c “中国の「ウルトラマン」商品化差し止め訴訟、原告が取り下げ 円谷プロ「今後商品化が妨げられることは、恐らくない」 すでにタイとアメリカで「契約書は偽造である」との判決。”. ねとらぼ. (2019年3月20日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1903/20/news135.html 2020年7月29日閲覧。 
  5. ^ a b c “円谷プロ、海外での「ウルトラマン」利用権めぐる米国の訴訟で勝訴確定 期限までに相手方の上告がなかったことから勝訴が確定しました。”. ねとらぼ. (2020年3月10日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2003/10/news119.html 2020年7月29日閲覧。 
  6. ^ 安藤健二『封印作品の憂鬱』洋泉社、2008年、pp.169、181-182
  7. ^ 安藤健二『封印作品の憂鬱』洋泉社、2008年、pp.176、242
  8. ^ 安藤健二『封印作品の憂鬱』洋泉社、2008年、pp.241-243
  9. ^ 安藤健二『封印作品の憂鬱』洋泉社、2008年、pp.214-215
  10. ^ 安藤健二『封印作品の憂鬱』洋泉社、2008年、p.220
  11. ^ 安藤健二『封印作品の憂鬱』洋泉社、2008年、p.237
  12. ^ 円谷英明『ウルトラマンが泣いている 円谷プロの失敗』講談社現代新書、2013年、p.191
  13. ^ 日本経済新聞』2008年3月10日号。
  14. ^ 「ウルトラマン、誰に販売権 国ごとに司法判断、口挟めず」『朝日新聞』2008年2月15日付け
  15. ^ 円谷英明『ウルトラマンが泣いている 円谷プロの失敗』講談社現代新書、2013年、p.60
  16. ^ 円谷英明『ウルトラマンが泣いている 円谷プロの失敗』講談社現代新書、2013年、p.195
  17. ^ “タイ人側「円谷プロと和解したい」 ウルトラマン裁判勝訴で声明”. livedoor ニュース. (2010年10月12日). http://news.livedoor.com/article/detail/5067799/ 2010年10月12日閲覧。 
  18. ^ “「ウルトラマン」海外利用権争い泥沼化 円谷プロvsタイ実業家”. SankeiBiz. (2011年5月2日). オリジナルの2011年8月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110822093533/http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/110502/cpd1105021027006-n1.htm 2018年4月27日閲覧。 
  19. ^ a b 【知財ニュース】第227号”. 株式会社ブライナ (2011年8月3日). 2018年4月27日閲覧。
  20. ^ 平成21(ワ)6194 譲受債権請求承継参加申立事件”. 最高裁判所. 2018年4月27日閲覧。
  21. ^ 知的財産裁判例 平成9年(ワ)第15207号 平成11年1月28日 東京地方裁判所 裁判所ウェブサイト
  22. ^ 平成11(ネ)1106”. 最高裁判所. 2018年4月27日閲覧。
  23. ^ 平成12(オ)929  著作権確認等請求事件”. 最高裁判所. 2018年4月27日閲覧。
  24. ^ 平成13(ワ)12140”. 最高裁判所. 2018年4月27日閲覧。
  25. ^ 平成15(ネ)1532”. 最高裁判所. 2018年4月27日閲覧。
  26. ^ 裁判の記録2004上”. 日本ユニ著作権センター (2004年4月27日). 2018年4月27日閲覧。
  27. ^ ウルトラマン利用権巡り円谷プロを提訴・タイ人会社社長[リンク切れ] 日本経済新聞 2006年5月19日
  28. ^ “ウルトラマンの海外利用権、円谷プロがまた敗訴”. 日経新聞. (2010年10月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXNZO15578860R01C10A0CC1000/ 2018年4月27日閲覧。 
  29. ^ “円谷プロが逆転勝訴 ウルトラマン商品販売権めぐる争い”. 朝日新聞. (2011年7月27日). オリジナルの2011年7月29日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20110729192722/http://www.asahi.com/national/update/0727/TKY201107270715.html 2018年4月27日閲覧。 
  30. ^ 平成22(ネ)10080 譲受債権請求承継参加申立控訴事件”. 最高裁判所. 2018年4月27日閲覧。
  31. ^ “円谷プロの勝訴確定 ウルトラマングッズ販売権訴訟”. 朝日新聞. (2012年4月27日). オリジナルの2012年4月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120427173819/http://www.asahi.com/national/update/0427/TKY201204270426.html 2018年4月27日閲覧。 
  32. ^ 大塚大 (2010年11月4日). “駒沢公園行政書士事務所日記:ウルトラマン海外ライセンス契約事件-著作権 譲受債権請求承継参加申立事件判決(知的財産裁判例集)-”. 駒沢公園行政書士事務所. 2018年4月27日閲覧。
  33. ^ 野口東秀 (206-09-13). “著作権めぐり中国で裁判 ウルトラマン勝手に増殖?”. 産経新聞. http://www.sankei.co.jp/enak/2006/sep/kiji/24ultraman.html 2018年4月27日閲覧。 
  34. ^ “【タイ】円谷プロ、タイ製ウルトラマン撲滅へ”. NNA ASIA. (2007年6月21日). オリジナルの2008年6月16日時点におけるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2008-0616-2306-15/news.nna.jp/free/tokuhou/060503_asa/07/0621a.html 2018年4月27日閲覧。 
  35. ^ 安藤健二『封印作品の憂鬱』洋泉社、2008年、p.121
  36. ^ 安藤健二『封印作品の憂鬱』洋泉社、2008年、pp.178-179
  37. ^ “ウルトラマン著作権侵害訴訟、円谷プロがタイ最高裁で全面勝訴”. 日経トレンディネット. (2008年2月6日). http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20080206/1006842/ 2018年4月27日閲覧。 
  38. ^ “ウルトラマンの海外著作権侵害訴訟、円谷プロがタイ最高裁で勝訴”. AFP BB News. (2008年2月6日). オリジナルの2008年2月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080207162604/http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2347094/2605037 2018年4月27日閲覧。 
  39. ^ a b “円谷プロ 中国のウルトラマン著作権裁判で勝訴判決”. アニメ!アニメ!ビズ. (2009年10月29日). http://www.animeanime.biz/archives/1910 2018年4月27日閲覧。 
  40. ^ 円谷英明『ウルトラマンが泣いている 円谷プロの失敗』講談社現代新書、2013年、pp.196-197
  41. ^ 安藤健二 (2013年12月27日). “ウルトラマン裁判、中国最高裁で円谷プロが敗訴 ユーエム社「中国版ウルトラマンでリメイクも」”. ハフィントンポスト日本版. https://www.huffingtonpost.jp/2013/12/26/ultraman_n_4502664.html 2018年4月27日閲覧。 
  42. ^ “円谷プロ、中国映画のウルトラマン物議で声明「断固として非難」 法的措置も”. ORICON NEWS. (2017年7月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2094349/full/ 2017年7月19日閲覧。 
  43. ^ “中国におけるウルトラマンキャラクターを利用した無許諾映像作品の製作発表について” (プレスリリース), 株式会社円谷プロダクション, (2017年7月19日), http://m-78.jp/news/n-4899/ 2017年7月19日閲覧。 
  44. ^ “中国でウルトラマン使用の映画が強行公開 円谷プロが法的措置を明言 製作発表イベントにおける著作権侵害行為に対しては既に提訴中。”. ねとらぼ. (2017年10月2日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1710/02/news121.html 2020年7月29日閲覧。 
  45. ^ “中国版「ウルトラマン」続編映画が公開間際 円谷プロは「訴訟を継続」 円谷プロはあらためて法的措置を明言。”. ねとらぼ. (2019年9月16日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1901/16/news145.html 2020年8月9日閲覧。 
  46. ^ “中国企業、「ウルトラマン」映画を無許可公開”. 日本経済新聞. (2019年1月23日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40351620T20C19A1EAF000/ 2020年7月29日閲覧。 
  47. ^ “円谷プロ、中国の“無許可ウルトラマン”巡る裁判に勝訴 2017年公開の「ドラゴンフォース~さようならウルトラマン~(原題:鋼鐵飛龍之再見奧特曼)」問題。”. ねとらぼ. (2020年7月9日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2007/09/news086.html 2020年7月29日閲覧。 
  48. ^ 平成22年(ネ)第10080号 譲受債権請求承継参加申立控訴事件(原審 東京地方裁判所 平成21年(ワ)第6194号,被参加事件 平成18年(ワ)第10273号)  裁判所ウェブサイト p.20
  49. ^ 平成22年(ネ)第10080号 譲受債権請求承継参加申立控訴事件(原審 東京地方裁判所 平成21年(ワ)第6194号,被参加事件 平成18年(ワ)第10273号)  裁判所ウェブサイト p.21
  50. ^ 上松盛明、大家重夫『ウルトラマンと著作権』青山社、2014年、pp.489-491 ISBN 4883593282
  51. ^ a b 円谷プロ、米国のウルトラマン海外権利訴訟で勝訴 タイ人実業家の契約書は「真正ではない」との判断”. ねとらぼ (2018年4月24日). 2018年4月25日閲覧。
  52. ^ a b 円谷プロ「ウルトラマン」、完全勝訴の全内幕 米裁判所が1976年の版権譲渡書は偽物と判断”. 東洋経済オンライン (2018年4月24日). 2020年7月29日閲覧。
  53. ^ “海外でのウルトラマン利用権めぐる米国での訴訟、円谷プロが控訴審でも勝訴 地裁に続き、控訴裁でも円谷プロが勝訴。”. ねとらぼ. (2019年12月10日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1912/10/news130.html 2020年7月29日閲覧。 
  54. ^ “「ウルトラマンを世界展開できるという主張は無理がある」創業者の一族が円谷プロを批判”. ハフポスト日本版. (2018年6月5日). https://www.huffingtonpost.jp/2018/06/05/tsuburaya-hideaki_a_23443456/ 2020年7月29日閲覧。 
  55. ^ 安藤健二『封印作品の憂鬱』洋泉社、2008年、p.215
  56. ^ 安藤健二『封印作品の憂鬱』洋泉社、2008年、p.218
  57. ^ タイにウルトラマンの街、誕生へ 博物館に怪獣数千体 asahi.com 2006年1月14日(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  58. ^ ウルトラマンの第2故郷の成れの果て in アユタヤ - バンコク深夜探検隊

関連項目[編集]

外部リンク[編集]