ウルトラマンキング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウルトラシリーズ > ウルトラマンレオ > ウルトラマンキング

ウルトラマンキング(英表記:Ultraman King)は、円谷プロダクション制作の特撮テレビドラマシリーズ「ウルトラシリーズ」の作品に登場する、架空のキャラクター。

1974年放映の『ウルトラマンレオ』第26話「日本名作民話シリーズ! ウルトラマンキング対魔法使い」[注釈 1]で初登場[1]

概要[編集]

ウルトラ族伝説の超人で、光の国のプラズマスパーク建設に尽力した、ウルトラ長老の1人。全宇宙の平和を見守り[1]、ウルトラ戦士たちから見ても、神のような存在とされている。M78星雲・光の国をはじめ、ウルトラマンレオとアストラの故郷・獅子座L77星や、『ザ☆ウルトラマン』に登場したU40でも[2]「必ずどこかにいる」と言われながら、それまで一度も姿を見せたことはなかったとされていたが、2009年公開の『ウルトラ銀河伝説』においてまだ若いころのウルトラの父やゾフィーの前に姿を見せている。

普段は無人の惑星・キング星[注釈 2]に1人で住んでいる[3][1]。また、『ウルトラマンメビウス外伝 ヒカリサーガ』では無人の惑星トワールに住み、謎の老人に変装していた。

ウルトラ兄弟を遥かに凌ぐ能力を持ち、ウルトラマンキングとウルトラ兄弟を比較するとウルトラ兄弟と人間ほどの能力差があるとされる。

ウルトラ戦士たちが束になっても敵わなかったウルトラマンベリアルを封印したり[1]ブニョに身体をバラバラにされたレオを復活させたりするなど、まさに神の如き驚異的な能力を持った奇跡の超人である。

小学館の学習雑誌『小学二年生』1974年11月号で、光の速さで移動するなどの設定とともに、「ゾフィーの祖父という噂もある」と記述されている[要ページ番号][注釈 3]

居村眞二の漫画『ウルトラ超伝説』のエピソード「プロメテウス伝説」では、ピコという名前で登場した。この頃から超能力を発揮し始め、念動力や予知や瞬間移動を体現させている。

登場作品[編集]

テレビシリーズ[編集]

  1. ウルトラマンレオ』(1974年):第26、39、50話
  2. ウルトラマンジード』(2017年):第1話

劇場版・オリジナルビデオなど[編集]

  1. ウルトラマン怪獣大決戦』(1979年
  2. 新世紀ウルトラマン伝説』(2002年
  3. 新世紀2003ウルトラマン伝説 THE KING'S JUBILEE』(2003年
  4. ウルトラマンメビウス外伝 ヒカリサーガ』(2006年):全話
  5. ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス』(2008年):STAGE2
  6. 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』(2009年
  7. ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』(2010年
  8. 劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!』(2015年
  9. ウルトラファイトビクトリー』(2015年)

ウルトラマンキングを演じた人物[編集]

声の出演[編集]

  • 清川元夢(『ウルトラマンレオ』第39話、『ウルトラマンメビウス外伝 ヒカリサーガ』、『ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス』STAGE2)
  • 増岡弘(『ウルトラマンレオ』第50話)
  • 二又一成(『ウルトラマングラフィティ おいでよウルトラの星』)
  • 小泉純一郎(『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』)

※初登場の『ウルトラマンレオ』第26話及び、『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』、『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!』では台詞なし。

データ[編集]

身体特徴[編集]

頭の球体
宇宙で起こることの全てをキャッチする。
キングレッドアイ
ウルトラ族の数万倍の視力を誇る赤い目。偽物を瞬時に見分けることが可能。
ウルトラ族の髭は、ウルトラ族の年齢で4万5千歳を越えないと生えないという。
グレートプロテクター
エネルギーを発する、肩のプロテクター。
ウルトラ大勲章
腰のベルト。

技・能力[編集]

キングフラッシャー[4]
両手先を水平に伸ばして放つ必殺光線。『レオ』第26話では、レオのシューティングビームとの同時発射でプレッシャーを倒した。
キングスパーク[4]
『レオ』第39話でにせアストラがウルトラ兄弟に向けて構えていたウルトラキーを破壊した[注釈 6]雷のような光線。
洗礼光線[3][4][1]
胸のルビーから放つ変身解除光線。『レオ』第39話でにせアストラに化けていたババルウ星人に浴びせ、正体を見破った。
キング再生光線[4](キングビーム)
両腕を交差させて放つ再生光線。『レオ』第50話でブニョの策略でバラバラにされたレオを元に戻した。
テレポーテーション
どこでも行きたい場所へ自由に瞬間移動できる。
天変地異の術(本編未使用)
指を鳴らすだけで雷や猛吹雪を起こして武器にできる。内山まもる版の漫画で使用。
キングショット
NINTENDO64用ゲームソフト『PDウルトラマンバトルコレクション64』で使用できる光線。発射ポーズや光線のエフェクトは初代ウルトラマンのスペシウム光線と同じだが、威力は勝る。

上記の他、ウルトラマンヒカリにナイトブレスを授けたり、宇宙牢獄を作り上げてウルトラマンベリアルを封印するなどの能力を映像作品中で発揮している。

道具・武器[編集]

キングハンマー[3][4]
プレッシャー星人の魔法で小さくされたウルトラマンレオの体を元に戻した打ち出の小槌のような武器。ゲーム『大怪獣バトルRR』では、キングハンマーを振ることで逆に相手を縮小させ、縮んだ相手をハンマーで叩き潰す技を使用した。
ウルトラマント
背中に装着している特殊マント。様々な武器に変形する機能を有している。レオに1枚与えたが何枚も持っており、映画『新世紀2003ウルトラマン伝説』では誕生パーティーの参加者たちから新しいマントをプレゼントされている。
マントの裏地は『レオ』第26話でレオに渡した物は赤色、第50話登場時に着用していた物は青紫色になっている。

劇中での活躍[編集]

『ウルトラマンレオ』[編集]

第26話、第39話、第50話に登場。

第26話ではプレッシャーに小さくされたレオを元の大きさに戻し、ウルトラマントをレオに与え、最後はレオとともにプレッシャーを倒した。第39話ではレオと戦うウルトラ兄弟の前に現れ、にせアストラに化けたババルウ星人の変身を見破った。第50話ではブニョに身体をバラバラにされたレオを再生した[注釈 7]

雑誌などで公開された裏設定によると、マグマ星人に捕らわれていたアストラを救出し、治療のための大手術を施したという[注釈 8]。なお、アストラが捕らわれた際に付けられた左太腿の鎖「マグマチックチェーン」はキングの超能力を受け付けず、今でも外せないままとなっている[5]。 『新ウルトラマン列伝』第14話でのウルトラマンゼロも、マグマチックチェーンはマグマ星人に捕まっていた時の名残だと説明している。

映画『新世紀2003ウルトラマン伝説 THE KING'S JUBILEE』[編集]

大勢のウルトラマンや怪獣たちに30万歳の誕生日を祝ってもらった。

『ウルトラマンメビウス』[編集]

テレビシリーズには登場しなかったが(第50話では名前のみ登場)、インターネット作品『ウルトラマンメビウス外伝 ヒカリサーガ』全話とオリジナルビデオ『ウルトラマンメビウス外伝 アーマードダークネス』STAGE2、外伝小説『守るための太刀』[6]に登場。

  • 『ヒカリサーガ』では、酉澤安施により笠がデザインされていたが、映像には登場しなかった[7]

映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』[編集]

K76星でのレオとウルトラマンゼロの特訓を見守った。岩石の下敷きになりそうだったピグモンを助けたゼロにウルトラマンの名を贈り、ウルトラセブンのアイスラッガーを通してウルトラマンベリアルが復活したことを知り、怪獣墓場に向かわせた。ベリアルが倒された後は復興した光の国で演説を行ない、ウルトラ戦士としての使命を述べて皆を鼓舞した。

回想シーンでは光の国に現れたベリアルを宇宙牢獄に閉じ込め、ギガバトルナイザーを炎の谷に封印した。

  • スーツはオリジナルのデザイン画に準じて頭部が作り直され、等身も改められた[8]。手袋のファーはウサギの毛が用いられている[8]
  • プロデューサーの岡部淳也は、完成したマスクを見て小泉純一郎を声優に起用することを閃き、無理を承知でオファーをかけたところ小泉本人から承諾を受けたという[9]

映画『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』[編集]

光の国を襲撃したダークロプス軍団を撃破した。

映画『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!』[編集]

礼堂ヒカルが授かるウルトラフュージョンブレスを生み出した主として、ウルトラマンゼロのイメージ内に登場。

『ウルトラファイトビクトリー』[編集]

ウルトラマンヒカリの回想シーンに登場。ジュダ・スペクターの復活を企む巨大ヤプールの野望をいち早く察知し、A、レオ、アストラ、ヒカリに出動を命じた。

『ウルトラマンジード』[編集]

第1話に登場。

ウルトラマンベリアルが超時空消滅爆弾を用いて引き起こしたクライシス・インパクトによる作中世界の宇宙の崩壊を、宇宙と一体化することで修復したが、その代償としてキングの存在は宇宙全体に拡散してしまう。それから6年後、ウルトラカプセルの捜索に作中世界へ転移してきたゼロでも連絡が取れないままとなっている。

その他[編集]

2012年公開の映画『ウルトラマンサーガ』の初期案で登場が予定されていた[10]

2014年2月、マレーシア内務省はウルトラマンキングが登場するマレー語版の漫画作品『ウルトラマン ザ・ウルトラパワー』を印刷機・出版物法に基づく発禁処分とした。同省は「登場するキャラクターの中のウルトラマンキングをイスラム教の神(アラー)に準えている。ウルトラマンキングとアラーを同一視することはイスラム教徒の青少年を混乱させ信仰を損ない公序良俗を蝕むことになる」と処分の理由を説明している[11][12]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ フィルムによっては「ウルトラマンキングのおくりもの」となっている。
  2. ^ 『ウルトラマン オフィシャルデータファイル』によると、M78星雲内にあるという[要ページ番号]
  3. ^ 小学館刊『ウルトラマンレオ 完全復刻版』(作:内山まもる)のコラムにおいて、当時の学年誌の記事が紹介されている[要ページ番号]
  4. ^ 旧設定では20万歳以上とされていたが、2003年以降現在の設定に統一される。
  5. ^ a b 『ウルトラマンレオ』放映当時は「テレポート移動する」との設定のため、記述なし。
  6. ^ 『心にウルトラマンレオ』(辰巳出版)によると、怒りに駆られた今のウルトラ兄弟には正しく使いこなせないと判断し、ウルトラキーを折ったと記載されている[要ページ番号]
  7. ^ それを地球人に目撃されていたことが、『ヒカリサーガ』のDVD封入の作品解説書「HIKARI FILE」で判明している。
  8. ^ 手術によってアストラの姿が変わったというが、『レオ』第22話でのおおとりゲン(レオ)の回想シーンでは、すでに現在の姿になっている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i ウルトラヒーロー - 円谷ステーション
  2. ^ ビデオ作品『ウルトラマンワールド ウルトラマンヒストリー 赤の章』での紹介。
  3. ^ a b c d e ウルトラ怪獣大全集 1984, p. 73, 「ウルトラマンキング」
  4. ^ a b c d e 超技全書 1990, pp. 104-105, 「ウルトラマンキング 全技」
  5. ^ 『ウルトラマン大辞典』(中経出版・2001年)p.20
  6. ^ アーカイブ・ドキュメント 2007, pp. 88-91, 赤星政尚「短篇怪獣絵物語 ウルトラマンメビウス外伝 守るための太刀」.
  7. ^ アーカイブ・ドキュメント 2007, p. 64.
  8. ^ a b ウルトラ銀河伝説VisualFile 2010, pp. 40-41, 「ウルトラマンキング」
  9. ^ ウルトラ銀河伝説VisualFile 2010, p. 84, 「staff interview プロデューサー・脚本・ビジュアルスーパーバイザー:岡部淳也」.
  10. ^ 「監督おかひでき×特技監督三池崇史対談」『ウルトラマンサーガ超全集』 構成 間宮尚彦・乗浜彩乃、小学館てれびくんデラックス 愛蔵版〉、2012年4月23日、57頁。ISBN 978-4-09-105137-0
  11. ^ 伊東誠 (2014年3月8日). “ウルトラマン漫画 発禁 マレーシア政府 「宗教上の理由」”. 東京新聞. オリジナル2014年3月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140308135608/http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2014030802000108.html 2014年3月15日閲覧。 
  12. ^ “ウルトラマン漫画本を発禁=イスラムの神と同一視が問題か-マレーシア”. 時事通信. (2014年3月15日). オリジナル2014年3月15日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/7vZe6 2016年4月22日閲覧。 

参考文献[編集]