おかひでき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

おか ひでき1966年2月[1] - )は、日本映画監督特撮監督助監督

2017年4月以降は監督名を本名の岡秀樹[2]名義に改めている。

経歴[編集]

大阪芸術大学映像(計画)学科出身[2]1990年に伊丹市市制施行50周年記念映画である『ひとけたの夏』を監督[2]。1994年より助監督として活動。

ゴジラVSスペースゴジラ』に参加したことがきっかけとなり、それ以降も一般作品と並行して多数の特撮作品に関わる。テレビシリーズ『ウルトラマンダイナ』、『ウルトラマンガイア』、『ウルトラマンコスモス』、映画『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』、『ULTRAMAN』などに助監督として参加。『ゴジラVSデストロイア』『モスラ』ではデザインワークスに名を連ねている。特に『ゴジラVSデストロイア』では当時の川北組助監督としてストーリーコンペに参加し、『ゴジラVSバルバロイ』の企画名でストーリー構築に大きく関わった。テレビシリーズ『魔弾戦記リュウケンドー』で本格的に監督デビューし、『トミカヒーロー レスキューフォース』などを経て、OV作品『ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ』で初めてウルトラ作品の監督を務める。

中国資本の3Dホラー映画『怨霊人偶』の監督補、インドネシアの特撮ヒーロー番組『ガルーダの戦士ビマ』シリーズの脚本・監督など、日本国外でも活躍している。

商業作品での活動の傍ら、自主製作映画を作り続けており、自主映画団体「鉄ドン」に籍を置いている。

インディーズ作家、プロ監督、学生監督ら総勢28名が参加したオムニバス特撮怪獣コメディ『大怪獣チャランポラン祭り鉄ドン』では、企画・製作と総合演出を担当。

2017年から劇場先行上映が開始されたアニメ『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』では、シリーズ構成の福井晴敏と連名表記で全話の脚本を担当。

ジャンルムービーでの活動が目立つが、「いたって普通の泣ける話を撮りたい」という趣旨の発言をしている。フェイバリットムービーは『幸福の黄色いハンカチ』。

監督作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

Webドラマ[編集]

OV[編集]

助監督・脚本・ほか[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ スーパーバイザーのつぶやき 22年後の結実「ウルトラマンサーガ」
  2. ^ a b c 『日本映画人名事典 監督編』「岡秀樹」の項目、キネマ旬報社、1997年

外部リンク[編集]