ULTRASEVEN X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウルトラシリーズ > ULTRASEVEN X
ULTRASEVEN X
ジャンル 特撮巨大ヒーロー
放送時間 金曜 26:25 - 26:55(27分)
放送期間 2007年10月5日 - 12月21日(12回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 CBC
企画 江藤直行、平山博志、林朋夫
岡崎剛之(CBC)
製作総指揮 大岡新一
監督 八木毅鈴木健二梶研吾
小中和哉
脚本 小林雄次太田愛福田卓郎
金子二郎、林壮太郎
長谷川圭一
監修 円谷一夫
プロデューサー 表有希子、近貞博、山西太平
岩佐芳弘
出演者 与座重理久加賀美早紀
脇﨑智史伴杏里
音声 ステレオ
エンディング 『Another day comes』
Pay money To my Pain
外部リンク ULTRASEVEN X
テンプレートを表示

ULTRASEVEN X』(ウルトラセブン エックス)は、2007年10月5日から2007年12月21日まで、中部日本放送 (CBC) を制作局としてTBS系列で全12話が放送された円谷プロダクション・の特撮テレビドラマ、およびその劇中に登場する変身ヒーローの名称。

概要[編集]

ウルトラセブン』40周年記念作品。ウルトラ戦士の登場作品としては初の深夜帯放映作品[1][注釈 1]かつ初の1クール作品であり、実写作品としては画面縦横比16:9のハイビジョン放送で制作された初の作品である。制作局は『ネクサス』から『メビウス』までの作品に引き続き、中部日本放送(CBC)が務めている。

『セブン』は過去に、直接的な続編の『平成ウルトラセブン』が製作されたが、本作は新しい世界観での作品となる。企画はセブン好きを公言する八木毅の主導で行われ、また本作のメイン監督とシリーズ構成も務めた[2]。ただし、公式サイトには当初から「オリジナルのウルトラセブンとSEVEN Xの関係こそが全話を貫く最大の謎」という記述がされており、それは最終話にて明かされた。

深夜特撮らしく「ホラー」「怪奇」がメインとなっており、初期ウルトラシリーズで描かれていた「人間に寄生や擬態するエイリアン」、「人間社会に溶け込み、暗躍するエイリアン」がメインであるが、「人間自身がエイリアンの起こす事件の原因に関与している」という過去のウルトラシリーズとは異なる部分がある。また、SEVEN Xとエイリアンとの戦いがメインではなく、「エイリアンが起こす怪事件や殺人を組織が捜査し、その事件の首謀者であるエイリアンをSEVEN Xが倒す」という構図がメインとなっている。平成ウルトラシリーズとしては珍しく、エイリアンが起こす事件で死者が出たり、数シーンであるが流血がある[注釈 2]

リアリティを重視するため、特撮パートは極力セットを抑え、実景との合成・CGを主体とする[3][2]。また、他のウルトラシリーズと比較して戦闘シーンが極めて少なく、ドラマパートに重点が置かれている。ウルトラシリーズでは初の本格的なワイヤーアクションが取り入れられている点も、特徴の1つである。

「戦闘機などの巨大兵器」「組織内の統一された隊員服」とそれまでのウルトラシリーズの要素や、『セブン』『平成セブン』に登場した「カプセル怪獣」の要素は、本作には無い。

高年齢層を対象として深夜枠で放送された作品であるが、児童向けの超百科[4]では他のウルトラシリーズと同様に取り扱われ、収録されている。

ウルトラシリーズとしては最後の地上アナログ放送作品であると同時に、現時点では、TBS系列で放送された最後の作品でもある。

世界観[編集]

近未来を思わせる、我々の世界とは似て非なる世界。あらゆる戦争やテロが根絶され、町には政府の意図やさまざまな情報を報じるモニターが各所に設置されており、人々はその情報によって支配される高度な管理社会を形成している。一方、第2話でpH3.6の酸性雨が降ることを報じる天気予報の内容から、大気汚染などは深刻化している可能性が高い。

あらすじ[編集]

深い水の中に漂う夢。その夢と共に男は目覚めるが、彼はそれまでのすべての記憶を失っていた。

すると、白いドレスの女が男の前に現れて赤い眼鏡を託し、腕時計型の機械のスイッチを入れる。「お願い。あなたにこの世界を救って欲しいの」と告げる彼女に促され、窓から飛び降りた男は腕時計の力で地上に降り立つ。その直後、2人の居た高層ビルは爆破される。

用意された車で自宅に戻った男は、自分の素性にまつわる一切の痕跡が消されていることを知る。戸惑いを隠せない男のもとに、腕時計型の機械から無機質な声が響く。「エージェント・ジン。新たなミッションだ」。それにより、男は「ジン」という語句が、自分の名前を意味することを知る。

状況が把握できないままクラブでエージェント・ケイと合流したジンは、自分たちがエイリアンを密かに抹殺する組織「DEUS」の一員であることを聞かされる。人間の女性に擬態したエイリアンを追ったジンは、彼らのアジトにたどり着く。そこに再び白いドレスの女が現れ、「戦いなさいジン。貴方はこの世界の救世主よ」と告げる。

やがてエイリアンの円盤は飛び立ち、ジンはそこから飛び降りて赤い眼鏡(ウルトラアイ)を手にする。それを装着したジンは、赤い巨人(ULTRASEVEN X)に変貌すると、エイリアンたちの放った巨大怪獣(ガルキメス)を倒し、彼らの円盤を破壊した。こうして、世界を守ると決意したジンの孤独な戦いが始まるが、その様子を何者かが監視していた。

登場人物[編集]

ジン / ULTRASEVEN X
25歳。本作の主人公。DEUSのエージェント。記憶を失っているが、時折水に全身を包まれる感覚と白いドレスの女性と相対する自分の姿というイメージだけは残っている。寡黙だが内面は熱く、変身後のULTRASEVEN Xの力でこの世界を守ることを決意している。本来の性格も、Episode6で記憶を失う前に出会った隆男と初対面で意気投合して盛り上がるなど、暗いわけではない。エージェントとしての実力は高く、直感力や洞察力に優れ、瞬時の判断にも長ける。また、生身でもエイリアンに対抗できる戦闘力を有している。
記憶を失う前はエレアの恋人で、AQUA PROJECTの裏に潜むグラキエスの存在と陰謀に気付き、エレアにさまざまな情報を教えていた。最終局面でようやく全ての記憶を取り戻した。愛車はキャディラックSRXで、他のDEUSエージェントからのウルトラガンによる攻撃を弾いていた。
エレア
22歳。本名・冴木エレア。本作のヒロイン。ジンに「ウルトラアイ」を授けた。神出鬼没で、ジンに助言や警告を与えると同時に、彼の失った記憶を気に掛けている。
DEUSのエージェントではなく、以前はAQUA PROJECTに関わっていた科学者であり、ジンからAQUA PROJECTの真実を聞かされ、地下でグラキエスへの抵抗活動を続けると同時に、記憶を失ったジンを導いていた。
劇中で名前は終盤まで謎だったが、エンディングでは第1話からエレアとしてクレジットされている。第6話で記憶を失う以前のジンが、バーで「星の好きな恋人」だと話していたことが明らかにされている。
ケイ
25歳。ジンとパートナーを組むことの多いDEUSのエージェント。やや軽い性格で劇中ではコメディリリーフな役割が多いが、エージェントとしての腕は確かで、地球を守ることに使命感と誇りを持っている。その使命感ゆえに最終局面ではジンとエレアを信じてDEUSを裏切り、グラキエスの打倒に協力した。服装は白を基調とし、ジンとは対照的。甘党で、プリンが好物なことは自分の理想像に合わないようだが、止められないらしい。エスには頭が上がらない。
エス
25歳。ジンやケイと共にパートナーを組むことの多いDEUSのエージェントで、潜入捜査を得意とする。チョコが好物らしく、食べていることが多い。エージェントとして銃の扱いにも長けているが、格闘技が最も得意。死んだと思われたエージェント・ディーが現れたり、ジンが裏切り者として指名手配されても彼らを信じ続けるなど、強い仲間意識を持つ。最終局面では、DEUS司令の行動に疑念を抱き、ジンのAQUA PROJECTの調査に協力した後、ケイと共にDEUSを裏切った。衣装は黒で、ジンとエレアが対になるように、ケイと対になるようになっている。
アール
Episode2「CODE NAME"R"」に登場。かつてはケイも認めるほどの凄腕のエージェントであった。妻が自殺を遂げたことからこの世界に疑問を持ち、DEUSを抜けて「船」が人々を連れ去るのに力を貸していた。船の主からの指令であるウルトラアイ奪取を一度は果たすも、ジンの説得を受けてこれを返した。最後まで船を信じ続け、その意思を尊重したジンに見送られながら自身も船に乗り込もうとしたが、指令に従わなかった行為が反逆とみなされ、船から照射された光線によって抹殺された。
ディー
Episode7「YOUR SONG」に登場。母星を裏切ったヴァイロ星人ナタルと相思相愛になり、彼女を護るために殉職を装ってDEUSを抜けた。電磁棒1本でヴァイロ星人と互角に渡り合うなど、戦闘能力は高い。SEVEN Xをはじめとする仲間たちの協力もあり、同エピソードで星人打倒を果たし、ナタルと共に平和な日常を手にした。
DEUS司令
DEUSの司令官。ビデオシーバーを通して各エージェントにミッションを伝える。どこにいるのかも、何をしているのかも謎に包まれている。正体はグラキエスが作り上げたデータそのもので、人類のみならずDEUSエージェントすら影で監視していた。中継地点を破壊するべく潜入したケイとエスの前で正体を現し、2人の抹殺を図るが、爆弾によって施設ごと完全に吹き飛んだ。
白い服の女性
Episode10以降、ジンの脳裏に浮かぶ湖のふちに立つ女性。その正体はアンヌであり、ジンではなくセブンの記憶であり、ラストでついに彼女はダンと再会を果たす。

ULTRASEVEN X[編集]

防衛組織「DEUS(デウス)」のエージェント、ジンが変身する超人。

額のビームランプ、胸と肩のプロテクター、腹から足への銀色のラインなど、従来のセブンのデザインを踏襲しているが、小さくなった頭部や吊り上がった形状の目、アイスラッガーのデザインなどの相違点も見受けられる。

変身方法はオリジナルと同様で「ウルトラアイ」を使用し、必殺技もワイドショット、アイスラッガー、エメリウム光線と従来のセブンと同様であるが、アイスラッガーは発光せず、普通のブーメランのように回転しながら飛行する。身長も、等身大から巨人へと自由に変化する。

作中では、ボーダ星人戦やメカ・グラキエス戦を除けば苦戦することはほとんどなく、圧倒的な戦闘力で敵エイリアンを倒している。また、「赤い巨人」と呼ばれており、「ウルトラセブン」の名は最終話でジンとグラキエスの口から語られるのみである。

上記の作風や設定ゆえに後年の作品に客演することはないうえ、ステージイベントに登場することもほとんどない。

DEUS[編集]

地球上に侵入したエイリアンを捜索して抹殺することを主な目的とする、国際的秘密組織。従来のウルトラシリーズとは違いメンバーは隊員ではなく「エージェント」と呼ばれ、メンバー同士はコードネームで呼び合っている。

エージェントは普段、一般市民として生活しているが、ビデオシーバーで司令官からの指示を受け、複数でミッションを遂行する。各エージェントは通信以外にも多くの機能を持つビデオシーバー (VC) と、対エイリアン用にカスタムされた特殊銃「ウルトラガン」を携帯する。

アイテム
ビデオシーバー
エージェントたちの通信をつなぐほか、簡易の検査機能、GPS機能や電磁バリア展開機能を含めて機能はさまざまで、反重力システム(第1話で使用。「ANTI GRAVITY」の文字が表示される)を起動させれば、高層ビルから落下しても無事に着地できる。腕時計と同様、手首に巻いて携帯する。
ウルトラガン
エージェントたちが携帯する、対宇宙人用にカスタマイズされた小型レーザー銃。
『ウルトラセブン』でウルトラ警備隊が使用していた銃と同名だが、形状は大きく異なり、銃身より銃把が多くを占める近未来的なものになっている。
ゲーム『怪獣バスターズ』では、ウルトラガンXという名称で登場している。
ブロップは後年の作品『ウルトラ銀河伝説外伝 ウルトラマンゼロVSダークロプスゼロ』へ流用され、サロメ星人イラテ、ガナエスがそれぞれ携帯している。[要出典]

エイリアン[編集]

特記のない限り、別名や数値データは公式サイトに基づく。

時空生命体 ガルキメス
Episode1「DREAM」に登場。
人間に擬態していた謎のエイリアンたちが操る巨大な人型生命体。時空のゲートを経由して地球上に出現し、手から光弾を発射して都市に対しての破壊活動を行う。最終的には正面からアイスラッガーの直撃を受けて消滅し、エイリアンたちも円盤ごとエメリウム光線で撃墜される。自分たちの侵略活動をチェスに例えていたエイリアンたちの正体は終始明かされず、最後まで人間の姿であった。
  • 身長:40メートル
  • 体重:6万トン
  • 出身:不明
マーキンド星人
Episode3「HOPELESS」に登場。
人間に擬態し、タマルと名乗っていた昆虫型エイリアン。目と腕から破壊光線を出す。地球を侵略する意志はなく、他種族からの依頼で商品を製作し、販売する商人。侵略兵器製造の依頼を受け、仕事の無い人間たち「ホープレス」を雇って侵略兵器を造っていた。飛行能力を持つが、戦闘では地上での格闘戦が主体である。「侵略兵器の製造を依頼したのは人間だ」と言い残した直後、アイスラッガーの攻撃を側面から受けて爆死する。
  • 身長:170 - 190センチメートル
  • 体重:70 - 100キログラム
  • 出身:マーキンド星
  • 『円谷プロ全怪獣図鑑』では、別名を宇宙商人と記載している[5]
ウルトラマンX』に登場するマーキンド星人
第14話「光る大空、繋がる大地」に登場。
メカゴモラのスパークドールズとXioが保有するスパークドールズの情報をギナ・スペクターに提供するが、その代金を請求した際にシャプレー星人によって銃殺される。
パラサイト宇宙生物 ペジネラ
Episode4「DIAMOND"S"」に登場。
ナノサイバティクスの社員や機能性化学薬品「シャイナー05」を服用する人間に寄生していた、パラサイト型エイリアン。肉塊のような身体に爬虫類を思わせる体表を持つ。元は本能のみで活動する生命体だったが、人間に寄生することで知能を得てシャイナー05を使って効率的に増殖したうえ、人間とは違う新しい体を製造していた。無数の小型ペジネラが合体することで、巨大生物に変化する。破壊光線のほか、粘液状の小型ペジネラを吐いて相手の動きを封じる。動きは身軽で、アイスラッガーも受け止める。最後はエメリウム光線を受けて爆発し、小型ペジネラも本体が倒されると同時に全て消滅する。しかし、同話の最後では回収し切れなかった販売済みのシャイナー05が存在していたことから、ペジネラを殲滅できてはいないことが示唆されている。
  • 身長:42メートル
  • 体重:4万トン
  • 出身:不明
  • その後、スーツは『ウルトラマンX』のホオリンガに改造された[7]
チャムダ星人
Episode5「PEACE MAKER」に登場。
アルファケンタウリ星系のエイリアン。同星系に住むボーダ星人とは戦争状態にある。蒼い肌と額にも目を持つ三つ目以外は外見に地球人との相違は無いが、地球に来ていたチャムダ星人は全員が同一の容姿をしている。身体能力はきわめて低く、地球の重力下では長時間の歩行すらままならない。その肉体の脆弱さと社交性の高さから、侵略の危険は無いとDEUSに判断され、亡命を認められている。しかし亡命は表向きの理由でしかなく、真の目的はボーダ星人が地球に隠した守り神「オリファム(鉱石)」を発見し、彼らに対抗することであった。地球への害意は無かったが、オリファム発見後はボーダ星人を殲滅することで戦争を終わらせる旨を述べ、帰還する。結局、双方の星が滅亡してしまったため、後述のグラキエスには「双方とも愚か」と一蹴される。
  • 身長:177センチメートル
  • 体重:60キログラム
  • 出身:チャムダ星
  • クレジットでは「細身の男」と表記。
凶暴エイリアン ボーダ星人
Episode5「PEACE MAKER」に登場。
アルファケンタウリ星系のエイリアン。戦力は腕から放つ破壊光線。同星系に住むチャムダ星人とは戦争状態にあり、彼らから「守り神」「彼らの全て」などと称される緑色に発光する石「オリファム」を奪い、地球に隠していた。複数のチャムダ星人が亡命を理由に地球に飛来してオリファムの探索を開始したため、彼らを抹殺するために再び地球へ侵入し、次々と殺害していく。頭部内にもう1つ凶暴な牙を隠し持っているほか、大柄な体格とは裏腹に俊敏な動きと高い格闘能力を持っており、チャムダ星人曰くオリファムの力がなければ不死身らしい。ULTRASEVEN Xを追い込むが、最後にはオリファムで驚異的な力を手に入れたチャムダ星人にダメージを負わされ、その直後にワイドショットの直撃を受けて爆死する。
  • 身長:2メートル
  • 体重:120キログラム
  • 出身:ボーダ星
  • ザ☆ウルトラマン』の第24話にも同名の星系の抗争が描かれていたが、関係は不明。[独自研究?]
ヴァイロ星人
Episode7「YOUR SONG」に登場。
地球を侵略するために先兵を送り込んでいたヒューマノイド型エイリアン。死ぬと跡形もなく消滅してしまう。侵略を行う兵士は最高権力者から白い仮面を直接手渡され、死ぬまでその仮面を外してはならない。先遣隊として地球へ侵入し、侵略のための調査を行っていたナタルは地球への愛から仮面を外してしまったため、反逆者としてかつての同胞たちから命を狙われていた。統制の取れた集団行動を行いながら、仮面の口元に取り付けられた円形の装置に両手を当てて強力な衝撃波を伴う甲高い声を発し、敵を攻撃する。ウルトラガンの攻撃を素手で偏向した隊長格と思われる個体もいたが、全員がエージェントやナタルによって駆逐される。隊長格と思われる個体は、死ぬ間際に宇宙船からバドリュードを出現させる。
公式でも文献でも肩書きは設定されていない。
  • 身長:175 - 180センチメートル
  • 体重:70キログラム
  • 出身:ヴァイロ星
  • 『円谷プロ全怪獣図鑑』では、ナタルの数値を「身長:166センチ、体重:47キロ」と記載している[8]
生物機械兵器 バドリュード
Episode7「YOUR SONG」に登場。
地上で全滅したヴァイロ星人が死ぬ間際に宇宙船から出現させたロボット型怪獣。ヴァイロ星人の仮面と同様に、口元に両手を当てて発射する超音波光線で敵を攻撃する。エージェントたちに超音波光線を発射するが、アイスラッガーに遮断されたうえに軌道を変えたアイスラッガーの直撃で瞬殺され、宇宙船もエメリウム光線で破壊された。スチール写真では、ULTRASEVEN Xに肉弾戦でも圧倒されている。
  • 身長:45メートル
  • 体重:6.5万トン
  • 出身:ヴァイロ星
殺戮宇宙人 ヒュプナス
Episode8「BLOOD MESSAGE」に登場。
エイリアンである記憶を消され、人間の姿で普通の生活を営んでいる。しかし、一度極度の肉体的苦痛を受けると、エイリアンとしての殺戮本能が覚醒し、周囲の人間を無差別に殺害する(ただし、殺害を実行している時以外は覚醒後も人間としての容姿を保ち、生活することが可能である)。両手に鋭利な爪を持ち、一掻きで人間を絶命させるその目的は、何者かの命により人間社会にまぎれて殺人を犯すこと。過去2体が発見されており、今回出現した3体目はアイスラッガーとエメリウム光線で倒されるが、どれだけの数が社会に潜伏しているかは判っていない。
  • 身長:175 - 180センチメートル
  • 体重:75キログラム
  • 出身:不明
獣人
Episode9「RED MOON」に登場。
朔(サク)と名乗る兄と共に星から星へと旅をしていた異星人。地球人と同じ外見をしており、望(ノゾム)と名乗っていた。水に触れると体細胞が変化する特異な体質のために水を恐れていたが、百年前に恋に落ちた地球人の女性・鷺ノ宮まひるの願いを聞き入れてやむなく水に触れ、全身が鱗に覆われた半魚人のような怪物と化してしまう。この際にまひるを殺害しているが、本人はその事実を受け入れず、百年ぶりに目覚めてもまひるを探していた。最後はアイスラッガーの直撃が致命傷となり、朔の腕に抱かれた状態で消滅する。望が水に触れたのは「自分のまひるへの想いが宿命を超えてくれる」と願ってのことであったが、叶わなかった。現代人として生活していた朔も、この件で正体が発覚したため、姿を消す。
  • 本作でULTRASEVEN Xが戦った最後の着ぐるみ怪獣でもある。[独自研究?]
  • 身長:180 - 190センチメートル
  • 体重:70キログラム
  • 出身:不明
グラキエス
Episode12「NEW WORLD」に登場。
情報網を支配することで気付かれずにジンたちの世界を影で操り、AQUA PROJECTを利用して平行世界への侵攻も企んだ「支配者たち」。老紳士と中年の男女の3人の人間のイメージで現れ、自分たちの目的は侵略と支配ではなく、平和な世界の維持だと嘯く。本来は虫のような小型エイリアンであり、攻撃力は高くない。Episode12で真の姿を現し、集団で地下深くに巣食っていたところをアイスラッガーとワイドショットで殲滅される。
  • 着ぐるみではなくフルCGで表現されている。
  • 『円谷プロ全怪獣図鑑』では、別名を小型集合体と記載している[8]
巨大機械生命体 メカ・グラキエス
Episode12「NEW WORLD」に登場。
攻撃力の高くないグラキエスが、自己防衛のために自分たちを模して造った。3機でフォーメーションを組んで現れ、火球を放ったり、粘着性のある糸で相手を絡め取るといった連携攻撃で一度はULTRASEVEN Xを退けるが、ウルトラセブンとしての覚醒を遂げて復帰したULTRASEVEN Xに3機とも上空まで持ち上げられ、急降下で地面に叩きつけられて2機が大破し、破壊をまぬがれた1機も空中からのエメリウム光線で爆発する。
  • グラキエス同様、着ぐるみではなくフルCGで表現されている。
  • 体長:89メートル
  • 体高:33メートル
  • 体重:9万トン
  • 出身:不明

用語[編集]

AQUA PROJECT
ある周波を水に照射することによって、原子力に代わるエネルギーを確保しようという政府の計画。しかし、その実験中に偶発的に異世界へのゲートが出現したため、AQUA PROJECTは凍結された。物語開始時点では何者か(グラキエス)が、この異世界(ウルトラセブンが存在する世界)への侵攻を目論んでいる。

キャスト[編集]

レギュラー・準レギュラー[編集]

ゲスト[編集]

スーツアクター[編集]

スタッフ[編集]

  • 監修・製作 - 円谷一夫
  • 製作統括 - 大岡新一
  • 企画 - 江藤直行(円谷プロ)、平山博志(バップ)、林朋夫(電通)、岡崎剛之(CBC)
  • 企画協力 - 渋谷浩康
  • プロデューサー - 表有希子(円谷プロ)、近貞博(バップ)、山西太平(電通)、岩佐芳弘(CBC)
  • 制作プロデューサー - 小山信行
  • シリーズ構成 - 八木毅
  • 音楽プロデューサー - 玉川静
  • 音楽ディレクター - 田靡秀樹
  • 音楽 - 斎藤高広 featuring 菰口雄矢
  • アクション監督 - 小池達朗
  • ULTRASEVEN Xデザイン・画コンテ - 酉澤安施
  • エイリアン・小道具デザイン - 丸山浩
  • ULTRASEVEN Xマスク造形 - 原口智生
  • 協力 - 京楽産業.
  • 製作著作 - 円谷プロダクション、中部日本放送、ULTRASEVEN X PROJECT(円谷プロダクション、バップ、電通、CBC)

放映リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル 登場エイリアン 脚本 監督 視聴率[11]
第1話 2007年
10月05日
DREAM 時空生命体ガルキメス 小林雄次 八木毅 1.8%
第2話 10月12日 CODE NAME"R" 太田愛 1.2%
第3話 10月19日 HOPELESS マーキンド星人 福田卓郎 鈴木健二 1.9%
第4話 10月26日 DIAMOND"S" パラサイト宇宙生物ペジネラ 太田愛 2.4%
第5話 11月02日 PEACE MAKER 凶暴エイリアンボーダ星人
チャムダ星人
金子二郎 1.7%
第6話 11月09日 TRAVELER - 小林雄次 梶研吾 1.8%
第7話 11月16日 YOUR SONG ヴァイロ星人
生物機械兵器バドリュード
林壮太郎 1.4%
第8話 11月23日 BLOOD MESSAGE 殺戮宇宙人ヒュプナス 長谷川圭一 小中和哉 1.2%
第9話 11月30日 RED MOON 獣人 太田愛 八木毅 1.1%
第10話 12月07日 MEMORIES - 小林雄次 小中和哉 1.5%
第11話 12月14日 AQUA PROJECT 八木毅 1.4%
最終話 12月21日 NEW WORLD 巨大機械生命体メカ・グラキエス
グラキエス
1.2%

主題歌[編集]

過去のウルトラシリーズと異なりエンディングはあるが、オープニングが存在しない。

「Another day comes」
作詞 - K / 作曲・歌 - Pay money To my Pain

放送局[編集]

放送対象地域 放送局 放送期間 放送日時 備考
中京広域圏 中部日本放送 2007年10月5日 - 12月21日 金曜 26:15 - 26:45 制作局
関東広域圏 東京放送 金曜 26:25 - 26:55
近畿広域圏 毎日放送 2007年10月6日 - 12月22日 土曜 27:25 - 27:55
山梨県 テレビ山梨 2007年10月11日 - 12月27日 木曜 25:55 - 26:25
熊本県 熊本放送 2007年10月14日 - 12月30日 日曜 5:30 - 6:00 [注釈 3]
全国放送 TBSチャンネル 2008年1月11日 - 4月4日 金曜 22:00 - 22:30 CS放送

映像ソフト化 [編集]

  • 2008年1月23日から同年6月25日にDVDが発売。全6巻。

小説版[編集]

ホビージャパン刊。小林雄次、小林英造によるノベライズ作品。カバーデザインはEpisode.6でタカオ役を演じた唐橋充が担当し、挿絵は酉澤安施が担当している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ウルトラシリーズとしては『ウルトラQ dark fantasy』以来2作目。[独自研究?]
  2. ^ 隊員が酷く負傷することや死亡することは平成ウルトラシリーズでもあるが、一般人がそうなることは初期ウルトラシリーズや、『ネクサス』に多く見られた。[独自研究?]
  3. ^ 地上波では唯一の全日帯放送。

出典[編集]

  1. ^ 「宇宙船vol.120特別付録 宇宙船 YEARBOOK 2008」、『宇宙船』vol.120(2008.春号)、ホビージャパン2008年4月1日、 別冊p.20、 ISBN 978-4894256934
  2. ^ a b ウルトラマン全史 2013, p. 83.
  3. ^ 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, pp. 247.
  4. ^ 決定版 ウルトラヒーロー 最強100大決戦超百科 2012, pp. 51.
  5. ^ 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 248.
  6. ^ お待ちかねの第14話を配信!そして「宮野真守ドキュメンタリー」フジテレビNEXTで10/24(土)放送 新ウルトラマン列伝オフィシャルブログ『ウルトラマン“ブログ”列伝』
  7. ^ ウルトラマンX BDBOX I 2015, 「EPISODE GUIDE 第10話」.
  8. ^ a b 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, p. 249.
  9. ^ 『週刊ウルトラマンオフィシャルデータファイル』第37号エピソードガイドより[要ページ番号]
  10. ^ ULTRASEVEN X。 - 新上参上
  11. ^ ビデオリサーチ調べ(関東地区)*テレビ視聴率季報

参考文献[編集]

  • 『決定版 ウルトラヒーロー 最強100大決戦超百科』 講談社〈テレビマガジン デラックス〉、2012年ISBN 978-4063048230
  • 大石真司、江口水基・島崎淳・間宮尚彦 『円谷プロ全怪獣図鑑』 小学館、2013年ISBN 9784096820742
  • 『円谷ヒーロー ウルトラマン全史』 講談社 編、講談社〈講談社MOOK〉、2013年ISBN 978-4-06-389762-3
  • Blu-ray『ウルトラマンX Blu-ray BOX I』(バンダイビジュアル BCXS-1026)封入 SPECIAL NOTES(構成・執筆:ガイガン山崎、島崎淳)

外部リンク[編集]

中部日本放送 金曜26:15 - 26:45枠
前番組 番組名 次番組
ラブ★コン
(25:55〜26:25)
R30
(26:25〜26:55)
  • 25:25〜26:15に繰り上げ
ULTRASEVEN X
  • 30分繰り上げ