ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウルトラマンティガ > ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY
ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY
監督 村石宏實
脚本 長谷川圭一
製作総指揮 円谷一夫
出演者 長野博V6
吉本多香美
高樹澪
大滝明利
影丸茂樹
増田由紀夫
古屋暢一
川地民夫
岡部健
石橋けい
小西博之
加納竜
小倉一郎
婆裟羅天明
松田優
木之元亮
布川敏和
斉藤りさ
加瀬尊朗
小野寺丈
山田まりや
つるの剛士
芳本美代子
音楽 矢野立美
主題歌 V6TAKE ME HIGHER
撮影 大岡新一
編集 松木朗
製作会社 映画ウルトラマンティガ製作委員会
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公開 2000年3月11日
上映時間 85分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 6億円
前作 ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦
次作 ウルトラマンコスモス THE FIRST CONTACT
テンプレートを表示

ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』(ウルトラマンティガ ザ・ファイナル・オデッセイ)は円谷プロダクション製作の特撮映画。2000年3月11日全国松竹系で公開された。

キャッチコピーは「光か闇か?! 3000万年ティガ伝説、ついに完結!!

概要[編集]

テレビシリーズ『ウルトラマンティガ』の完結編であり、『ウルトラマンダイナ』の前日談でもある劇場版。ティガを巡る光の巨人伝説の核心や、テレビシリーズでは明確に語られなかったイルマとユザレの関係、『ウルトラマンダイナ』第49話で語られた「F計画」や封印される経緯などを描いた。また、ウルトラマンティガの過去の姿として、3種の新形態ティガダークティガトルネードティガブラストが登場する[1]

平成ウルトラシリーズの映画としては初めて同時上映作品がなく、単独での公開となった[2]。これは対象年齢を高めに設定したことと、これまでの作品の分析により無理にサブプログラムを作るよりその分の予算をメインプログラムに割いたほうが有効であるという判断がなされたためである[1]

本作でのティガの声はテレビシリーズで担当していた真地勇志に代わり、主役である長野博が務め、冒頭のテレビシリーズのティガの戦いのダイジェストシーンや回想シーンでも長野に差し替えられており、映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』でも長野が担当している。また、ユザレ役もテレビシリーズでは長内美那子が担当していたが、本作ではイルマ役の高樹澪が担当[注釈 1]しており、作中では後にスーパーGUTS隊員となる人物が登場している。これは前々作『ウルトラマンティガ&ウルトラマンダイナ 光の星の戦士たち』で旧GUTS隊員が再会という形で登場したのとは対照的であり、スーパーGUTS隊員となる人物が登場が登場する際、『ダイナ』本編のアレンジBGMが使用されている。

制作[編集]

本作は『ウルトラマンダイナ』の後番組である『ウルトラマンガイア』のテレビシリーズ終了後に製作・公開されたが、その理由は、V6がパーソナリティを務めるラジオ番組に出演した当時円谷プロダクション社長の円谷一夫のコメントによると、「テレビシリーズ終了後も『ティガ』人気は根強かったが、主演の長野博がテレビシリーズ放映中からスケジュールが多忙であったため、ティガを主役とした劇場版を並行して製作できなかったため」とのことである[出典無効][注釈 2]。『ティガ』終了後にはファンによる嘆願書も提出されており、円谷も『ダイナ』放映中のインタビューで制作への意欲を語っていた[4]。映画前作『ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦』の公開前後には企画が動き出していた[1]

プロデューサーの鈴木清は、テレビシリーズから3年経過していることから、対象年齢を上げた作風としている[1]。また、監督の村石宏實は、『ティガ』の頃に戻るのではなく『ガイア』までの3作品の延長線上として制作するという心持ちであったことを述べている[5]。脚本は長谷川圭一右田昌万がそれぞれプロットを執筆し、両者をまとめる形で脚本が完成された[1][注釈 3]。準備稿ではキリエルの預言者が登場する予定であった[1][6]

ラストシーンはダイゴとレナの結婚式が描かれる予定であったが、尺の都合で撮影がとりやめられ、冒頭の夢のシーンのみに留まった[1]

当初、ミドリカワ・マイ役の山田まりやは設定年齢の都合から登場予定がなかったが、山田がスタッフに直談判したことにより、急遽追加シーンが撮影された[7][注釈 4]

ストーリー[編集]

グリッターティガが最強の敵ガタノゾーアとの戦いに勝利してから2年が経過した2012年、ダイゴとレナは結婚を目前にし、平和な時をすごしていた。

そんな中、超古代遺跡ルルイエに調査に向かったGUTSのイルマ隊長とサエキ隊長ほかTPCの隊員たちは遺跡の中でティガと同じく石像と化した巨人の像を3体発見する。この謎の3体の石像に対し、上層部は運び出すことを計画していた。計画に反対するイルマ隊長はこの場所を爆破して封印しようとするが、サエキ隊長に断固反対され武器などを没収されてしまう。その時、3体の石像の封印が解けて他のTPC隊員を次々と襲った。その混乱で気を失ったイルマ隊長は地球星警備団のユザレの能力を発揮して巨人たちをルルイエの中に閉じ込めることに成功した。

イルマ隊長の消息が途絶えてから2日、隊長の安否を探索するためにルルイエに向かったムナカタ、シンジョウ、ホリイ。そこで目にしたのは調査隊に化けていた超古代怨念翼獣シビトゾイガー。大量のシビトゾイガーの前に、一時撤退せざるを得なくなる一行。

一方、ダイゴの前には闇の巨人「カミーラ」が現われる。彼女はダイゴを幻影で責め立て、3千万年前にユザレに導かれる以前は、ティガもまた闇の巨人の仲間だったことを教える。そして、ティガの本質は闇であると告げてその場を去る。彼らの本当の目的はティガの闇の力でユザレの結界を解こうというものだった。

ダイゴは人間として囚われの身になった隊長を救い出そうと決意する。そして彼は再び、ウルトラマンティガとして戦いへと赴いた。

超古代文明の滅亡の真相[編集]

劇中ではダイゴの夢の中で怪獣や宇宙人などの侵略者から守ってきた巨人達が突如勢力争いを起こし、そこを闇の巨人に一掃されて文明と共に滅び去ったという客観的な描写しか語られなかったが、詳しい真相がパンフレットで明かされた[8]

栄華を誇っていた超古代の都。そこは理想郷(ユートピア)であり、人々は未来永劫の繁栄を信じ、何の不安もなく日々を生きていた。
そこへある日「闇」が来訪し、恐ろしい怪獣たちを生み出し、人々に恐怖と絶望を与えた。しかし、その脅威の中に「光」が人々の前に降臨。「光」は戦士たちを選び、戦士たちと同化することで光の巨人へと変身する。「光」は人々に勇気と希望を与え、怪獣を次々と倒すのだった。「光」は人々に力を授けて平和を取り戻した後、故郷の宇宙へと旅立っていった。
ところが、戦士と同化した光の巨人の内の4人が人の心に潜む「闇」により闇の巨人へと変貌し、文明を破壊し始める。光の巨人は闇の巨人に立ち向かったが、強大なパワーの前には成すすべもなく、多くの巨人と文明都市が次々と崩れ去ってしまう。
しかし、闇の巨人となってしまった4体の巨人の中の一人、ダーク(ティガ)がユザレと関わり正義の心と光の巨人の姿を取り戻し、残りの闇の3巨人との戦いに勝利しルルイエへと封印する。
戦いの果てに闇の脅威は去り戦いは終結したが、超古代文明は滅亡した。ティガを含め僅かな巨人等が生き残り、未来の人類に希望を託してその力を人の遺伝子の奥に刷り込んで永い眠りについた。再び同じ悲劇が繰り返さないことを願って。

登場人物[編集]

ウルトラマンティガ[編集]

ティガダーク
超古代、闇の巨人へと変化した時の姿。相反する闇の肉体と光の心を持つため、充分な能力を発揮できない。
ティガトルネード
ダーラムの闇の力(パワー)を光に変えて身に付けた、ティガの進化の第一段階。パワータイプに近い能力を持つが、ティガダーク同様に完全な能力を発揮できるわけではない。
ティガブラスト
ヒュドラの闇の力(スピード)を光に変えて身に付けた、ティガの進化の第二段階。スカイタイプに近い能力を持つが、やはり完全な能力を発揮できるわけではない。
ウルトラマンティガ マルチタイプ
カミーラの歪んだ愛を自らとレナの純粋な愛で光に変えて、完全に光の巨人となった姿。
グリッターティガ
超古代遺跡に残っていた太古の光の巨人達の光が、ティガに降り注いだために誕生した、黄金色に輝く超巨大戦士。

闇の巨人[編集]

超古代文明を滅ぼした3体の巨人。光の巨人が闇の力に取り込まれた存在であり、かつてティガと共に多くの戦士達を葬り、地上の文明を破壊しつくしてきたが、ユザレとの邂逅で光の巨人に再帰したティガによって超古代遺跡ルルイエに封印されていた。

愛憎戦士 カミーラ[編集]

三巨人のリーダー格であり、かつてのティガの恋人。変身する時は、金色のスパークレンスを使う。頭が切れる策略家。必殺技は右腕から放つ氷の鞭カミーラウィップ[12][13][10][14][11][15]と氷剣アイゾード[12][13][10][14][11]。他にも、素手で敵の攻撃を防御するプロケアテクト[10][14][11](劇中未使用)、空中浮遊能力も用いる他に幻覚を見せる等様々な特殊能力を持つ。また、人間体時は電撃を使い、これでユザレのタイムカプセルを破壊し、イルマを跳ね飛ばした。

かつて自分が愛した闇のティガ(ティガダーク)をよみがえらせるべく、ダイブハンガー内に他の2巨人とともに現れ、ダイゴに闇のスパークレンス(ブラックスパークレンス)を手渡す。そしてダイゴにテレパシーで破滅のメッセージを伝え、ルルイエへといざなうが、彼女の意と反して、ダイゴは正義の心を持ったままティガダークへと変身した。

ティガに他の2巨人が倒され、ティガが段々光を取り戻していく中、自らも変身してティガと対峙する。その戦いの中、ついにティガが完全に光を取り戻し、更に今のティガには愛すべきものがいると分かり、彼女の憎しみは頂点に達し、ルルイエ上空においてデモンゾーアへと変貌する。一度はティガを倒すものの、完全に朽ち果てたと思われた巨人たちが光を与えた為にティガは復活し、敗北。「光、私も欲しかった」と言い残し、かつて自らが愛したティガ(ダイゴ)の手の中で、静かに息を引き取った。

  • 脚本を担当した長谷川圭一は、カミーラのコンセプトを「美しい敵」としているが、『ウルトラマンガイア』終盤に登場するゾグでも同様の提案をしていたため[注釈 5]、神々しい「静」のイメージのゾグに対しカミーラを攻撃的な「動」のキャラクターとしている[6]
  • 初期脚本「光よ、永遠に」では北極海に現れ、ルルイエの巨人像と一体化するという展開であった[1]
  • 映画『新世紀2003ウルトラマン伝説 THE KING'S JUBILEE』では他の怪獣と共にウルトラマンキングの誕生日を祝福する。
  • 円谷ジャングルのイベントに登場。ティガ、ダイナ、ガイアの三人組に対抗する為、いつものようにヒュドラ、ダーラムとタッグを組む。マノン星人チャリジャがティガ達の邪魔をしたため、ティガが自分達の仲間に復帰すると勘違いを起こした。最終的には他の4人と共に倒されるが、死ぬ寸前に仲間に復帰すると思った時は嬉しかったと告げる。[要出典]

ライブステージ2003に登場したカミーラ[編集]

  • このシナリオは「赤い勇気ルート」と「青い優しさルート」に分岐されているため、日によって内容が異なる。
  • 光の国に保管されている魔石・コスモクリスタルの前でウルトラマンたちが平和を守り続けることを誓う日の式典を狙い、セミ人間やワロガやゴドラ星人ドラコが警備網(このシステムは“ウルトラ戦士”なら普通に通過できる)を突破する為にゾンビとして、ダーラムやヒュドラと一緒に復活させた。彼女達がキングウルトラの父ウルトラの母マンセブンジャック21ゾフィーコスモスと交戦している途中にワロガ達がクリスタルの欠片を奪取。この時、仲間のダーラムを倒される。
「赤い勇気ルート」
ティガの追跡を逃れる為の殿役も引き受けられるが、ティガにワロガが倒されるとティガやコスモスに自責の念に苦しみながら感謝の言葉を残し、消滅。ゴドラ星人はチャンドラーペギラを欠片で召喚するが、ウルトラ戦士達に撃墜された。
「青い優しさルート」
仲間のヒュドラを倒され、セミ人間とゴドラ星人(後にセブンに敗北)とワロガに再召喚されるが、コスモスがワロガを倒した事で彼に謝罪しながら消滅した。なお、生き残ったセミ人間は自らを生贄に欠片で赤い人馬型怪獣を召喚したが、ジャスティスファイヤーマンミラーマンジャンボーグAの応援で奮い立ったウルトラ戦士達に葬られる。[要出典]

剛力戦士 ダーラム[編集]

三巨人の1人。ルルイエ遺跡の地底湖でティガダークと戦った。粗暴で寡黙な性格。人間体でも片手でダイゴの首を掴んで持ち上げ、そのままクレーンフックに引っ掛けて吊るしてしまうほどの怪力の持ち主。全身の筋肉がとても硬い上に鋼の鎧を身に付けており、本能のまま考えるより先に敵を攻撃する。獰猛な動物のように狙った獲物に襲い掛かる。闇の巨人として行動を共にしていた頃のティガとは、仲がよかったらしくティガことダイゴに対して口癖は「マイ フレンド」。

得意技は相手の両足を掴んで持ち上げたり腕を掴んで背負い投げを浴びせたりする投げ技のダーラムホイップ[10]と泥に埋まった相手の体に飛び掛かり全体重をかけて更に深く地中にめり込ませ、行動不能にするスクイッダー、硬い岩石をも砕くほどの回し蹴りや飛び蹴りのラムースキック、連続超怪力パンチのダーラメッタ、パンチ技のダガーム

パワーを活かしたシンプルな怪力戦が得意であるが[12][13]、地面等を一時的に液化しすり抜ける特殊な能力を持つ。必殺技は右腕を地面に突き立てて拳から放つ、地を走る炎の衝撃波ファイアマグナム[12][13][10][16][11][15]。また、踵落としや両膝落としや締め技も得意とするだけでなく、巨大な石柱を持ち上げ、投げ付けてくることもある。最後はファイアマグナムを光に変えて吸収したティガトルネードのデラシウム光流で粉砕された。

俊敏戦士 ヒュドラ[編集]

三巨人の1人。夢幻空間ルマージョン[12][13][10][17][15]を作り出し、そこでティガトルネードと戦った。爬虫類のように冷酷な性格。空中戦が得意で俊敏な動きで相手を翻弄する。人間体でもその残忍な気質と素早さを誇る。その姿ではモヒカン頭が特徴。また、スピードキックが上手い。攻撃を仕掛ける際は常に不気味なポーズを取ることがあり、体内には冷血な血が流れているともされている。闇の巨人だった頃のティガとは、恋仲だったカミーラや親友だったダーラムと違い、行動こそ共にしていたが内心ではティガの事を嫌っていたようである(他の二人と比べて、ティガ(=ダイゴ)を積極的に攻撃する他、ティガを「裏切り者」と誹る)。

得意技は飛行しながら敵に襲い掛かり、パンチやチョップを打ち込む空中殺法、マッハ7で飛行しながらの急降下飛び蹴りジャノック[10][17]、右手首の武器ドラフォーク[13][10][17]から放つ青い破壊光弾バルテスター[13][10][17]。必殺技は右腕から放つ猛烈な突風ヒューガスト[12][13][10][17][11][15]。1発目繰り出したときはティガに避けられ、2発目はイルマ隊長が引き起こした爆弾の爆発でルマージョンを破られてしまうと同時にその爆風で吹き飛ばされてしまい、失敗に終わる。それでも3発目でようやく命中させたが、ヒューガストを光に変えて吸収したティガブラストのランバルト光弾で粉砕された。

  • 初期脚本「光よ、永遠に」では白人という設定で、ペルーに現れルルイエの巨人像と一体化するという展開であった[1]
  • 映画『新世紀2003ウルトラマン伝説 THE KING'S JUBILEE』では他の怪獣と共にウルトラマンキングの誕生日を祝福する。
  • PS3PS Vita用ゲーム『スーパーヒーロージェネレーション』では矢部雅史が声を担当。

登場怪獣[編集]

闇黒魔超獣 デモンゾーア
カミーラがルルイエ上空の闇:ガタノゾーアの怨念と融合した姿。頭部にはカミーラの上半身が浮かび上がることがある。空全体を覆い尽くす闇自体全てが自身の体である。武器は口から氷の槍を放つデモンジャバー[15]、デモンジャバーを体内で収束させ、一気に数十本も吐き出すジャブラッシュ[12][13][10][18][11]。他に額のカミーラ部分から放つ触手デモンフィーラー[13][10][18][15]がある。周囲の闇を取り込みながら無限に強大に変貌していく。
ルルイエ上空でティガと戦い、デモンジャバーでティガを圧倒し、ゼペリオン光線をジャブラッシュではじき返しそのままティガに命中させ、ティガの光を失わせた。その後、巨人たちに残っていた光によって蘇ったグリッターティガを体内に飲み込んだ際、ゼラデスビームを放たれて消滅した。
  • フルCGで表現。また、公式イラストでは鋏状の両手も描かれているが、劇中で披露する事はなかった。
  • 脚本を執筆した長谷川によれば、「闇その物。具体の怪獣ではなくて、カミーラが周りの波動を取り込んで暴走した怪獣。人間の中にあるぐちゃぐちゃしたものが暴走しているようなイメージでした。」と語っている[19]
超古代怨霊翼獣 シビトゾイガー
ルルイエに現れた小型のゾイガーで、かつてティガが倒したゾイガーの同族。
カミーラの指令で大群で飛来し、GUTSを苦戦させる。人間を喰い、その人間に化ける事が可能。口から破壊光弾ゾイガバルを発射する。また、体を槍状に変形させて高層ビルを貫くことも出来る。飛行速度はガッツウイング1号と同様のマッハ5.5[12][13][15]。ルルイエに近づくものには全て容赦なく襲い掛かる。大群で集られるとアートデッセイ号のウィングゲートですら開閉不能になる。アートデッセイ号のデラック砲で遺跡の出入り口を破壊されて出られなくなった。倒されるとその腹部に人面瘡が浮かび上がることがある。
  • 劇中では「ゾイガー」と呼ばれていた。
  • 造形物は1/1サイズのマペットが制作されたが、アップシーン以外はCGで表現された[21]

キャスト[編集]

スーツアクター[編集]

スタッフ[編集]

音楽[編集]

主題歌
TAKE ME HIGHER
作詞 - 鈴木計見 / 作曲 - Giancarlo PasquiniJennifer Batten・Alberto Contini / 編曲 - 星野靖彦 / ストリングス・アレンジ - 萩田光雄 / コーラス・アレンジ - 鈴木弘明 / 歌 - V6avex trax
挿入歌
「Brave Love, TIGA」
作詞 - サンプラザ中野 / 作曲 - バーベQ和佐田 / 編曲 - 福田裕彦 / 歌 - 地球防衛団(エアーズ

映像ソフト化[編集]

  • VHS及びDVD(セル、レンタル共通)は2000年12月21日発売された。
  • 2007年11月26日発売のDVD『ティガ ダイナ ガイア メモリアルボックス ザファイナル』に収録されている。
  • 2014年9月24日発売のDVD『ウルトラマンティガ Complete Blu-ray BOX』に初めてHDとなって収録。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当初、『ティガ』第1話で脚本を担当した右田昌万は、ユザレとイルマ隊長は高樹のダブルキャストを考えていたが、周囲に反対された[3]
  2. ^ 『ウルトラマンティガ』放映中の年に『ウルトラマンゼアス2 超人大戦・光と影』が公開していたこともある。
  3. ^ 第2稿「光よ、永遠に」の段階では、脚本は長谷川と右田の共同名義となっていた[1]
  4. ^ a b マイの登場シーンでは、見学に訪れていたつるの剛士も後ろ姿でエキストラ出演している[7]
  5. ^ 『ガイア』の時点では本作品の参加は決定していなかったという[6]
  6. ^ 『円谷プロ全怪獣図鑑』では「888メートル - 無限大」と記述している[15]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 平成ウルトラ映画全集 2001, pp. 86-87, 「大人の物語を重視 ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY」
  2. ^ 宇宙船YB 2001, p. 88.
  3. ^ 切通理作 2000, p. 110, 「第1章 ティガ編 右田昌万」.
  4. ^ 「INTERVIEW 円谷プロダクション社長 円谷一夫」『宇宙船YEAR BOOK 1998』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、1998年4月10日、38頁。雑誌コード:01844-04。
  5. ^ 切通理作 2000, p. 93, 「第1章 ティガ編 村石宏實」.
  6. ^ a b c 切通理作 2000, pp. 393-412, 「第3章 ガイア編 長谷川圭一
  7. ^ a b 切通理作 2000, p. 238, 「第2章 ダイナ編 対談 つるの剛士/山田まりや
  8. ^ 『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEYパンフレット 光と闇3000万年の戦い(超古代の設定:長谷川圭一)』
  9. ^ 平成ウルトラ映画全集 2001, p. 99, 「平成ウルトラ映画真百科事典」.
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af FCティガ/ダイナ/ガイア 2001, p. 80, 「劇場用映画(含むウルトラマンナイス)怪獣リスト」
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 画報 下巻 2003, p. 101, 「ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY」
  12. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 平成ウルトラ映画全集 2001, pp. 70-71, 「VILLANS」
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 宇宙船YB 2001, p. 29
  14. ^ a b c d e f 大辞典 2001, p. 92
  15. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 円谷プロ全怪獣図鑑 2013, pp. 245-246
  16. ^ a b c d 大辞典 2001, p. 194
  17. ^ a b c d e f g h 大辞典 2001, p. 272
  18. ^ a b c d e 大辞典 2001, p. 224
  19. ^ 長谷川圭一インタビュー5(THE FINAL ODYSSEY編)
  20. ^ a b c 大辞典 2001, p. 163
  21. ^ 平成ウルトラ映画全集 2001, pp. 94-95, 「特別企画 造形物としてのキャラクター図鑑」.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]