ウルトラマンになりたかった男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ウルトラマンになりたかった男』(ウルトラマンになりたかったおとこ)は、1993年10月18日TBS系列月曜ドラマスペシャル』で放送された、『ウルトラ』シリーズを題材にしたドラマ作品。正式なタイトルは『ウルトラマンになりたかった男 怪獣に魅せられた男の感動ドラマ』。

劇中の特撮パートでは、初代ウルトラマンウルトラセブンウルトラマンジャックウルトラマンAウルトラマンタロウウルトラマンレオウルトラマン80が登場している。

あらすじ[編集]

ウルトラマンの新作映画『オールウルトラマンVS怪獣軍団』を製作中の円谷プロだったが、上層部の決定でコンピュータ・グラフィックが映画に導入されることとなる。海外でCGによる映像技術を学んだスタッフ・寺井が加わったことにより、朝見を始めとする古参のスタッフは現場を外されてしまい、朝見は遊園地のアトラクションでウルトラマンの着ぐるみを着ることとなる。

登場怪獣[編集]

ボスゴン[編集]

劇中で製作されていた映画『オールウルトラマンVS怪獣軍団』に登場する怪獣。

元々は本作とは別の特番のためにデザイン・製作された新怪獣だったが、特番が製作中止となったため、本作にて初登場となった[1]

ゴッドキング[編集]

劇中で製作されていた映画『オールウルトラマンVS怪獣軍団』のラストに登場した怪獣。ウルトラマンの10倍の大きさを誇り、同映画のラストでウルトラマンのスペシウム光線を受けて倒される。

劇中では「霧のスクリーンにCGを映して表現し、手や足、頭といった部分のアップを実物大の人形を使うという手法で撮影された」という設定になっている。実際の撮影には上半身のみのメカニックを内蔵したパペットが使用された。CGはモーフィングで顔面が歪むカットで実際に使用されている。

怪獣軍団[編集]

ボスゴン、ゴッドキングの他に、以下の怪獣が登場しウルトラ戦士と対決している。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

スーツアクター[編集]

  • ウルトラマン - 大滝明利
  • ボスゴン - 松岡稜士

脚注[編集]

  1. ^ 『懐かしのヒーロー・ウルトラ怪獣99の謎』(二見書房・1994年)p.223では「NG企画からの流用」との旨が記されているが、同書籍中にはNGとなった企画名や番組名そのものについては記載されていない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]