ウルトラ闘魂伝説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウルトラ闘魂伝説
ジャンル ベルトスクロールアクションゲーム
対応機種 アーケード
開発元 キッド
発売元 バンプレスト
人数 1 - 2人
稼働時期 1993年
デバイス 8方向レバー+3ボタン
テンプレートを表示

ウルトラ闘魂伝説』(ウルトラとうこんでんせつ)は、1993年バンプレストから発売されたアーケードゲーム

ストーリー[編集]

ウルトラ戦士たちは、数多くの星で怪獣たちを倒し、人々を救ってきた。これにより、大宇宙は平穏な時が流れていた。ところがそんなある日のこと、地球にて再び怪獣たちが暴れだしたのである。この情報はウルトラの国に届き、パトロールから帰ってきたウルトラマン、セブン、タロウの3人にも伝えられた。 大隊長は3人に対し、太陽系(地球)へ向かうよう指示を出す。怪獣との戦いによって負傷してしまったレオたちに代わり、急いで地球へと飛び立った3人は怪獣たちを倒し、再び地球の平和を取り戻すことができるのか。

ゲーム内容[編集]

3頭身にスーパーデフォルメ化されたウルトラ兄弟ウルトラ怪獣が戦うベルトスクロールアクションゲーム。プレイヤーはウルトラマンセブンタロウの3人の中から選択し、次々と現れる怪獣を倒すのが目的である。全6ラウンド構成。ライフがなくなるか、制限時間が0になると1ミスとなり、残機数をすべて失うとゲームオーバーになる。2人同時プレイも可能で、途中参加もできる。

操作方法[編集]

8方向レバー+3ボタンとなっている。Aボタンは攻撃、Bボタンはジャンプ、Cボタンはウルトラボンバーの使用となっている。Aボタンを押し続けるとため技を繰り出すことができる。しかし、ためすぎるとばてる。怪獣と組み合った状態で、Aボタンを押すと持ち上げることができ、再度Aボタンを押すと投げることができる。ただし、怪獣を持ったままの状態で放置しておくと、押しつぶされる。背後にまわった場合はジャイアントスイングとなる。

怪獣[編集]

通常[編集]

ザラブ星人は、にせウルトラマンか、にせウルトラセブンのどちらかに姿を変える。

ボス[編集]

アイテム[編集]

ステージの途中で上から降ってくる。

ライフカプセル
体力を回復する。小・中・大の3種類ある。
ウルトラボンバー
ウルトラ兄弟の必殺技を繰り出す。プレイ開始時は3つストックされており、最大6つまでストックできる。

参考文献[編集]

  • エミュレータ研究室アーケード p.127(スナップ写真とゲームの紹介) ISBN 978-4861902543

外部リンク[編集]