ウルトラギャラクシー大怪獣バトル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウルトラシリーズ > ウルトラギャラクシー大怪獣バトル
ウルトラギャラクシー大怪獣バトル
ジャンル 特撮テレビドラマ
放送時間 土曜 19:00 - 19:30(30分)
放送期間 2007年12月1日 - 2008年2月23日(13回)
放送国 日本の旗 日本
監督 菊地雄一
北浦嗣巳
村石宏實
脚本 荒木憲一
長谷川圭一
増田貴彦
赤星政尚
監修 円谷一夫
プロデューサー 渋谷浩康
岡崎聖
河野聡
出演者 南翔太
上良早紀
八戸亮
俊藤光利
蒲生麻由
小西博之
音声 ステレオ放送
オープニング Project DMM「エターナル・トラベラー」
エンディング 烈火斬「ジャンプ アップ」
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』(ウルトラギャラクシーだいかいじゅうバトル)は、円谷プロダクションが製作し、2007年12月1日から2008年2月23日まで土曜19:00 - 19:30にBS11で全13話放映された特撮テレビドラマ

概要[編集]

本作はバンダイのアーケードカードゲーム『大怪獣バトル ULTRA MONSTERS』と連動したテレビシリーズ[1]ウルトラシリーズとしては初のBSデジタルで先行放送された作品である。ネット配信も行われ、BS11の放送1週間前に有料で配信し、放送後1週間は無料配信、その後再び有料配信された[2]

歴代のウルトラ怪獣同士のバトルを題材としているゲーム版と同様、本作も怪獣同士の戦いがメインとなっている。そのため、作品としてはウルトラシリーズに位置付けされているが、従来の「ヒーローが怪獣や宇宙人から人々を守るために戦う」という要素は薄く、作中における戦いは「異星における怪獣同士のバトルロワイヤル」として描かれ、ウルトラマン的な役割は主役怪獣のゴモラ達が担っている[注釈 1]。しかし、その世界観はゲーム版と同様にウルトラマン達が地球を去った未来の世界を舞台にしており(ゲーム版の世界観の項を参照。)、他のウルトラシリーズとの繋がりを明確にした描写や設定が多々見られる。

撮影は本編から先に行われ、特撮は少数精鋭でローコストを目指して制作された[3]

ウルトラQ』より撮影スタジオとして長らく使われてきた東宝ビルトでの、セットを組んで撮影された最後の作品となった。また『ウルトラマンティガ』以来シリーズに関わってきた円谷一夫、キャラクターデザインの丸山浩、CG制作の円谷CGI-ROOM、主題歌のProject DMM、といったメンバーでの制作によるテレビシリーズも本作が最後である。

2013年現在、YouTubeにある専用チャンネルで第1話等の映像を無料で視聴する事が可能である。

続編である第2シリーズ『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル NEVER ENDING ODYSSEY』が2008年に製作された。

ストーリー[編集]

時は、宇宙時代を迎えた近未来。人類は豊富な資源を求め、スペースミッションのエキスパート集団「ZAP SPACY」を組織し銀河の彼方へと進出していた。とある日、貨物を輸送していた、スペースペンドラゴンの乗員達は、通信が途絶えた辺境の開拓惑星ボリスへと向かった。

登場人物、怪獣、宇宙人[編集]

用語、メカニック[編集]

キャスト[編集]

ゲスト[編集]

  • 調査団員:山賀教弘矢崎文也(7)
  • カレンの父:渋谷浩康(7)※写真のみ
  • 生存者:早川プロダクション(7)
  • ゴースタードラゴンのクルー:川又シュウキ、松永直也(10,11)
  • 赤ん坊のレイ:飯田信矢(11)
  • レイブラット星人の声:佐藤正治(12)

スーツアクター[編集]

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

参照:宇宙船YB 2008, p. 別冊P.40、超全集 2009, pp. 38-39

話数 放送日 サブタイトル 対戦怪獣 脚本 監督
第1話 2007年
12月01日
怪獣無法惑星 テレスドン
サドラ
レッドキング
ペギラ
荒木憲一 菊地雄一
第2話 12月08日 五人目のクルー テレスドン
ジュラン
ゴルザ
ムカデンダー
第3話 12月15日 透明怪獣襲撃! ネロンガ
グドン
長谷川圭一 北浦嗣巳
第4話 12月22日 ベムスター参上! ベムスター 荒木憲一
第5話 12月29日 ベラルゴシティの罠 ファイヤーゴルザ
バンピーラ
ガンQ
長谷川圭一
第6話 2008年
1月05日
もう一人の怪獣使い ツインテール
ガンQ
第7話 1月12日 怪獣を呼ぶ石 フログロス(B)
ブルトン
ネロンガ
テレスドン
レッドキング
荒木憲一 村石宏實
第8話 1月19日 水中の王者 ケルビム
アーストロン
エレキング
増田貴彦
第9話 1月26日 ペンドラゴン浮上せず! アングロス
グロマイト
アリゲラ
ゾアムルチ
赤星政尚
第10話 2月02日 予期せぬ再会 ノーバ
サラマンドラ
ルナチクス
キングジョーブラック
長谷川圭一
第11話 2月09日 ウルトラマン アーストロン
レッドキング
ベロクロン
ドラゴリー
ゼットン
荒木憲一 菊地雄一
第12話 2月16日 レイブラッド ゼットン
キングジョーブラック
レイブラッド星人
最終話 2月23日 惑星脱出 ゼットン
キングジョーブラック

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送時間 放送区分
日本全国 BS11 2007年12月1日 - 2008年2月23日(本放送)
2008年3月1日 - 5月24日(再放送1回目)
2008年5月31日 - 8月23日(再放送2回目)
2008年9月20日 - 12月13日(再放送3回目)
土曜 19:00 - 19:30 BSデジタル
東京都 TOKYO MX 2008年4月5日 - 6月28日(本放送)
2008年7月5日 - 9月27日(再放送1回目)
2009年4月4日 - 6月27日(再放送2回目)
土曜 17:30 - 18:00 独立UHF局
兵庫県 サンテレビ 2008年7月5日 - 9月27日 土曜 7:30 - 8:00
熊本県 熊本放送 2009年5月3日 - 7月26日 日曜 5:30 - 6:00 TBS系列
日本全国 ファミリー劇場 2009年1月18日 - 4月12日 本放送:
日曜 19:30 - 20:00
再放送:
金曜 16:00 - 16:30
土曜 11:30 - 12:00
CS
2009年7月25日 - 9月27日[注釈 2] 本放送:
土曜 10:30 - 11:00
再放送:
火曜 26:00 - 26:30
2010年2月27日 - 4月24日[注釈 3] 本放送:
土曜 10:30 - 11:00
再放送:
日曜 19:00 - 19:30
火曜 25:30 - 26:00
関東広域圏 テレビ東京 2009年10月1日 - 12月24日 木曜 17:30 - 18:00
アニメ530枠)
テレビ東京系列
字幕放送あり)
北海道 テレビ北海道
愛知県 テレビ愛知
大阪府 テレビ大阪
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
日本全国 BSジャパン 2009年10月2日 - 12月25日 金曜 18:30 - 19:00 BSデジタル

ファミリー劇場の一挙放送[編集]

放送日 放送時間 放送話数
2008年10月12日 16:00 - 19:30 1 - 7話
2008年10月19日 16:30 - 19:30 8 - 13話
2008年10月20日 19:30 - 22:00 1 - 5話
2008年10月22日 20:00 - 22:00 6 - 9話
2008年10月23日 20:00 - 22:00 10 - 13話
2009年4月18日 14:30 - 17:30 1 - 7話
2009年4月19日 16:30 - 19:30 8 - 13話
2009年4月24日 23:00 - 翌5:30 1 - 13話
2009年5月4日 6:30 - 8:30 1 - 4話
2009年5月5日 6:30 - 8:30 5 - 8話
2009年5月6日 6:30 - 9:00 9 - 13話
2009年7月21日 17:00 - 19:00 1 - 4話
2009年7月22日 17:00 - 19:00 5 - 8話
2009年7月23日 17:00 - 19:30 9 - 13話
2009年9月28日 17:30 - 20:00 1 - 5話
2009年9月29日 17:30 - 19:00 6 - 8話
2009年9月30日 17:30 - 20:00 9 - 13話[注釈 4]
2009年10月9日 6:30 - 7:00 9話[注釈 4]
2010年4月25日 16:00 - 19:00 8 - 13話

主題歌[編集]

オープニング主題歌
「エターナル・トラベラー」
作詞・作曲・編曲:大門一也
歌:Project DMM
エンディング主題歌
「ジャンプ アップ」
作詞・作曲:ベーナー
編曲:田靡秀樹・烈火斬
歌:烈火斬

13話のみ「エターナル・トラベラー」がエンディングとして使用された。

音楽ソフト[編集]

  • オリジナルサウンドトラック
    • 1月23日発売。劇中BGMと主題歌テレビサイズの全47曲を収録

映像ソフト[編集]

  • 2008年4月25日 - 同年7月25日にDVDが発売。全7巻で2話(1のみ1話)収録。2以降は2巻ずつ同時発売。

備考[編集]

関連漫画、コミカライズ漫画[編集]

本作のコミカライズ漫画と関連漫画が以下の雑誌で掲載された。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 怪獣同士のバトルロワイヤルは『ウルトラQ』の幻の第3クール、「歴代怪獣をパートナーにして戦う」案は『ウルトラセブン』のカプセル怪獣の初期案などでも検討されていた。
  2. ^ 9月27日は10:30 - 12:30に4話放送
  3. ^ 8話で放送終了、後の回は連続放送のみ。
  4. ^ a b 2009年9月30日に放送された第9話において、本編の前半パートが繰り返し2度流され、後半パートが流されないという放送事故が発生した。その振り替えとして、同年10月9日に第9話が再放送された(元々は『ファ見る!』10月号が放送予定だった)。

出典[編集]

  1. ^ 宇宙船YB 2008, p. 別冊P.22.
  2. ^ テレビ放送前は有料、放送後1週間は無料配信 「ウルトラ怪獣」新番組 ITmedia 2007年11月16日閲覧
  3. ^ 『円谷ヒーロー ウルトラマン全史』 講談社 編、講談社〈講談社MOOK〉、2013年、84頁。ISBN 978-4-06-389762-3
  4. ^ 『NEWTYPE THE LIVE 特撮ニュータイプ』角川書店、2008年3月号、139項
  5. ^ 特撮ニュータイプ』2008年11月号の荒木憲一のインタビューより[要ページ番号]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テレビ東京系列 木曜17:30枠(アニメ530の第1枠)
前番組 番組名 次番組
NARUTO -ナルト- 少年篇
(水曜のみに)
ウルトラギャラクシー大怪獣バトル