八木毅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

八木 毅(やぎ たけし、1967年[1][2] - )は、日本映画監督特技監督プロデューサー

来歴[編集]

東京都出身[1][2]で、早稲田大学[2]でシネマ研究会に在籍し、卒業後は円谷プロダクションに入社[1]する。

満田かずほが部長を務める第二制作部に配属され、当初はテレビ番組『ウルトラマンM730』のAD、次いで上海市のアニメスタジオ・タスコを担当して数々のコマーシャルフィルムやゲームなどでAD、として勤務したのちに、平成ウルトラセブン助監督となる。

1996年に『ムーンスパイラル』(ビデオオリジナル版)でディレクターを担当し[1][2]特撮テレビドラマウルトラマンティガ』、『ウルトラマンダイナ』、『ウルトラマンガイア』で助監督を担当する。

1999年に『ウルトラマンガイア』第49話『天使降臨』で、放送作品の監督特技監督を兼任する[2]

2000年に映画『ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY』でビジュアルエフェクトコーディネーターを担当する。

2003年に『ウルトラQ dark fantasy』でメイン監督となる。

2004年に『SDガンダムフォース』で各話を演出する。

2005年に『ウルトラマンマックス』でメインプロデューサーとして企画を立案し、テレビウルトラシリーズで初めて最終話の監督と特技監督を担当して最多演出となる8本を監督した[1][2]

2007年に『ULTRASEVEN X』でメイン監督と企画・シリーズ構成を兼任した。2007年末に円谷プロから独立する。

2008年に『大決戦!超ウルトラ8兄弟』で、劇場映画を監督し、平成のウルトラマン映画で興行収入が最高額となる。

2009年WOWOWドラマWで『都市伝説セピア』を監督する。

2012年3月に女優の天川紗織と結婚する。

2013年に『怪奇大作戦 ミステリー・ファイル』の特技監督を担当し、放送クレジットは特撮技術、脚本表記は特殊技術となる。

2014年に映画『The Sward and the Hairpin』(京都フィルムメイカーズラボ)でプロデューサー、映画『学校の怪談 呪の言霊』で特撮、NHK BSプレミアム『ゴジラの大逆襲〜お前は何者か』で取材とディレクター、をそれぞれ担当する。

2015年に『AKBホラーナイト アドレナリンの夜』を監督する

2016年に『AKBラブナイト 恋工場』を監督する。上海で撮影した日本未公開の中国特撮ドラマで特技監督を担当する。

2017年に新感覚ホラードラマ『霊魔の街』の全話を監督する。

監督作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

◎ パイロット(メイン)監督 ★ シリーズ最多演出 △ 最終回担当。太文字の作品は、特技監督兼任。

OV[編集]

監督以外の作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e ウルトラマンマックス マックス!マックス!マックス!怪獣大画報』 宇宙船編集部 編、円谷プロダクション 監修、朝日ソノラマファンタスティックコレクション〉、2006年10月30日、49頁。ISBN 4257037350
  2. ^ a b c d e f 「ウルトラマンメビウス白書 八木毅」『ウルトラマンメビウス アーカイブ・ドキュメント』 朝日ソノラマファンタスティックコレクションNo.∞〉、2007年6月30日、79頁。ISBN 978-4-257-03745-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]