学校の怪談 呪いの言霊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
学校の怪談 呪いの言霊
監督 落合正幸
脚本 落合正幸
原作 常光徹
製作 松尾信一、松井洋子
製作総指揮 小林幹男
出演者 東京女子流
石橋杏奈
武田航平
葉山奨之
井之脇海
黒木辰哉
主題歌 東京女子流
十字架 〜映画「学校の怪談 -呪いの言霊-」 Ver.〜
撮影 木村祐一郎
編集 深沢佳文
制作会社 エル・ティー・コーポレーション
製作会社 「学校の怪談」製作委員会
配給 エル・ティー・コーポレーション
プレシディオ(配給協力)
公開 日本の旗 2014年5月23日
上映時間 105分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

学校の怪談 呪いの言霊』(がっこうのかいだん のろいのことだま、英題: Kotodama – Spiritual Curse [1])は、2014年5月23日に公開された日本のホラー映画。脚本・監督は落合正幸

常光徹の小説『学校の怪談』シリーズを原作とするホラー映画。同作を原作とする劇場公開作品としては1999年公開の『学校の怪談4』以来、実に15年振りである。

2014年7月19日から27日までアメリカ合衆国サンフランシスコで開催された『サンフランシスコ日本映画祭』でプレミア上映された[1]

あらすじ[編集]

ある年の7月18日、詩織は昭和63年発行の4枚の10円玉が小刻みに揺れる不思議な物音で目を覚ました。母の日記から高1当時の思い出を読み返し、その日が母親の同級生たちがガス事故で亡くなった命日だったと知り、母の母校「北山田高校」を訪ねることにした。北山田高校は廃校になっており、取り壊しが決定していた。

一方、高校では彩乃、未夢、友梨、芽生、由佳、美晴、佑治、満夫、靖彦ら1年3組の生徒たちが過去に1年4組で起こったガス事故について噂話をしていたところ、不可思議な現象が発生し始める。閉鎖されているはずの1年4組の教室から物音が聞こえたり、体育館保健室に謎の人影が現れたり…

時を同じくして、ネット上にフェイクホラー映像を流すために一樹、公雄、義人、ひとみの4人は廃校に忍び込み撮影を行っていた。

そしてひとみは公雄から聞いた異界に繋がる“きつねの窓"を作り、その中を覗こうとし…

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

キャッチコピー[編集]

この”きつねの窓”絶対に覗いちゃだめだよ。

ロケーション[編集]

  • 旧静浦中学校(静岡県沼津市
  • 沼津グランドホテル(静岡県沼津市)

映像ソフト[編集]

2014年9月17日発売。発売元 プレシディオ、販売元 ポニーキャニオン

  • 学校の怪談 呪いの言霊 Blu-ray豪華版(2枚組(本編+特典)BD、PCXE.50431)
  • 学校の怪談 呪いの言霊 Blu-ray通常版(PCXE.50432)
  • 学校の怪談 呪いの言霊 DVD通常版(PCBE.54660、レンタル版:PCBE.74660)

脚注[編集]

  1. ^ a b Kotodama – Spiritual Curse”. サンフランシスコ日本映画祭公式サイト. 2014年7月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]