ムーンスパイラル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムーンスパイラル
ジャンル SF
脚本 岡田一八、酒井三保子、右田昌万
監督 円谷昌弘、夢野ケン、高野敏幸
出演者 宮坂ひろし
山田まりや
天本英世
大滝明利
小柳恵美
須賀由美子
萬野展
オープニング 清水一登れいち「ムーンスパイラル・オープニングテーマ」
エンディング 米川英之ムーンスパイラル
製作
プロデューサー 円谷昌弘(円谷プロ)
塩谷憲昭、前田伸一郎(日本テレビ)
近貞博(バップ
制作 円谷プロダクション日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1996年5月7日 - 5月21日
放送時間 1:45 - 2:15
放送分 30分
回数 3

特記事項:
未放送エピソードあり

ムーンスパイラル』は、1996年5月7日から5月21日にかけて日本テレビ系で放送された円谷プロダクション制作の特撮テレビドラマ。深夜番組枠『NEO HYPER KIDS』内で放送された。

概要[編集]

ノストラダムスの予言を実現するべく暗躍する謎の組織「ムーンスパイラル」と戦う捜査官・八股傑作とその娘・ちひろの活躍を描く。山田まりやの女優デビュー作[1][2][3]

当時話題になっていたノストラダムスの予言をストーリーの中心に据え、ヒーローが登場しない深夜枠のSFドラマとして制作された。放送時のキャッチコピーは「1990年代のウルトラQ」だが、レギュラーの悪役が登場するなど『ウルトラQ』のイメージとかけ離れた設定も目立つ。本作は『Xファイル』や『NIGHT HEAD』などからなる当時のSFミステリードラマブームに対するの円谷プロダクションからの回答であったとしている[3]

本作は『ウルトラセブン 太陽エネルギー作戦』(1994年、日本テレビ)で脚本を務めた右田昌万が、同作で繋がりのできた日本テレビのプロデューサーに対して企画を提案することを円谷昌弘に進言したことがきっかけで製作された[4]。日本テレビのスタッフも当時自分たちのやりたいことをできずにいたためこの企画に飛びついてきたというが、本作のみでは枠を確保できないため『NEO HYPER KIDS』枠での放送となった[4]

ビデオ発売と同時期に第2シーズンの放送も予定されていたが[5]、実現しなかった[2]。企画書では登場人物の背景や未登場キャラクターが設定されており[5]、「宇宙船 YEAR BOOK 1997」に掲載されている[2]

本作がきっかけで円谷プロダクションとバップの親好が深まり、オリジナルビデオ『平成ウルトラセブン』シリーズの製作へと繋がった[4]

スタッフ[編集]

  • 監修:円谷一夫(円谷プロ)
  • 企画・プロデューサー:円谷昌弘(円谷プロ)、塩谷憲昭(日本テレビ)、前田伸一郎(日本テレビ)、近貞博(バップ
  • 脚本:岡田一八、酒井三保子、右田昌万
  • 音楽:清水一登れいち
  • 主題歌:「ムーンスパイラル
  • 撮影:大内一徹
  • VE:河合雅人
  • 照明:三浦弘
  • 美術:井口昭彦、伊藤茂、嶋影一、岡村隆男、飯村進
  • 録音:堀江二郎
  • 助監督:満留浩昌、菊地雄一
  • スクリプター:黒河内美佳
  • 編集:佐藤康雄
  • 営業担当:笈田雅人
  • 制作担当:程塚貞男
  • 制作進行:斉藤玉恵、渋谷浩康
  • タイトルロゴ・デザイン:丸山浩
  • 監督:円谷昌弘、夢野ケン、高野敏幸
  • チーフディレクター:満田かずほ(ビデオオリジナル)
  • ディレクター:八木毅(ビデオオリジナル)
  • シナリオ:右田昌万(ビデオオリジナル)
  • 企画制作:日本テレビ、バップ
  • 製作:円谷プロダクション

出演[編集]

ゲスト[編集]

  • 女性レポーター:大神いずみ(日本テレビ)(1)
  • 改造人間:横尾和則(1)
  • 白崎:吉田朝(2)
  • 吉野健一:古賀清(2)
  • 須藤由美子:佐藤勝英(2)
  • 受付嬢:藤崎由美(2)
  • ホステス:大地輪子(3)
  • おばさん:記平佳枝(3)
  • うぐいす嬢:井沢希旨子(3)

ビデオオリジナル・ゲスト[編集]

放送リスト[編集]

話数 放映日 サブタイトル 脚本 監督
1 1996年5月7日 人間改造 岡田一八 円谷昌弘
2 1996年5月14日 異様な小鳥たち 酒井三保子 夢野ケン
3 1996年5月21日 天使の囚人 右田昌万 高野敏幸
4 2018年10月21日[6] 赤巻紙、青巻紙、黄巻紙 右田昌万 八木毅

映像ソフト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『宇宙船』Vol.77(1996年夏号)、朝日ソノラマ、1996年9月1日、 雑誌コード:01843-09。
  2. ^ a b c 『宇宙船YEAR BOOK 1997』 朝日ソノラマ宇宙船別冊〉、1997年2月28日、pp.69-70。雑誌コード:018844-02。
  3. ^ a b 大石真司、江口水基・島崎淳・間宮尚彦 『円谷プロ全怪獣図鑑』 小学館、2013年、274頁。ISBN 9784096820742
  4. ^ a b c 「その後の円谷怪奇ドラマ ムーンスパイラル 右田昌万」『洋泉社MOOK 別冊映画秘宝 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦』 洋泉社、2013年、144頁。ISBN 9784800301741
  5. ^ a b 宇宙船』Vol.76(1996年春号)、朝日ソノラマ、1996年6月1日、 40頁、 雑誌コード:01843-06。
  6. ^ 1996年9月1日発売のビデオ・LDで初公開、2018年10月21日「EXまにあっくす」内でTV初放送