アイキャラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アイキャラ
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
企画 前田直敬(P兼務)
プロデューサー 長江努、吉田享史、堀内基弘
前田直敬(企画兼務)
伊東修(CP)
出演者 バカリズム
小出祐介
夢眠ねむ
外部リンク 公式サイト
シーズン1
放送時間 木曜日 1:29 - 1:59(30分)
放送期間 2016年1月14日 - 3月31日(全12回)
出演者 新田恵海[1]
ナレーター 杉田智和
シーズン2
放送時間 木曜日 1:29 - 1:59(30分)
放送期間 2016年7月21日 - 10月6日(全11回)
ナレーター 梶裕貴
オープニング 1/2ぶんこ(みみめめMIMI[2]
シーズン3
放送時間 月1回・土曜日 1:35 - 2:20(45分)
放送期間 2017年7月1日 -
ナレーター 梶裕貴
市川太一
テンプレートを表示

アイキャラ』は、日本テレビで深夜に放送しているバラエティ番組。シーズン1が2016年1月から3月まで全12回放送され、またシーズン2が同年7月21日から10月6日まで全11回放送された。番組は関東ローカルだが、ニコニコ動画日テレオンデマンドで放送終了後から無料配信。過去の放送も無料で視聴できる。 2017年6月30日よりシーズン3が放送されている。月1回の放送だが前シーズンの30分より、45分に放送時間を拡大した。

概要[編集]

出演者3人がこたつで会議を行い、まきこまれ先生の協力を得て、2次元キャラクターを育成し、現実世界でのデビューを目指す。シーズン1では3つの企画がスタートし、番組から誕生したキャラクター「小林咲彩」(CV.寧々)、「桐原アイ」(CV.新田恵海)が歌手デビューした。

出演者[編集]

キャラクター声優[編集]

ナレーター[編集]

  • 杉田智和(シーズン1担当。ひらがな男子「ぬ」)
  • 梶裕貴(シーズン2から担当。ひらがな男子「あ」)
  • 市川太一(シーズン3から担当。ひらがな男子「う」)

まきこまれ先生[編集]

虹の2次元(シーズン1)[編集]

企画[編集]

28歳 アイキャラ <小林咲彩>[編集]

シーズン1企画第1弾。28歳の女性アイドル「小林咲彩」(こばやし さや)を制作する企画[3]。年齢などの基本設定は3人の会議で決まり、原画及び命名は一般募集。担当声優は音楽アプリ「nana」とのコラボレーションで一般募集され、寧々が選ばれた[4]。2016年3月31日にデビュー曲「Tweet」の配信が開始された[5]。シーズン2ではライバルキャラの育成がスタート。

日本アニメ最強のヒロイン <桐原アイ>[編集]

シーズン1企画第2弾。新田恵海の発案企画。17歳の女子高校生「桐原アイ」(きりはら アイ)を制作する企画。原画は三浦菜奈、命名や設定は一般募集、担当声優は新田[6]。2016年3月23日、ストーリーアルバム「明日は少し笑ってみよう」が発売された[7]。シーズン2では第7回より番組枠内で桐原アイ主演のショートアニメ『アイコトバ』を放映。

ひらがな男子[編集]

シーズン1企画第3弾。平仮名擬人化し、男子キャラを制作する企画[8]。原画は一般募集。ゲーム化を想定したプロローグ映像が制作された。出演声優は梶裕貴(あ)、天野七瑠(ぁぃ)、佐香智久(も)、佐藤ひろ美(ひ)、榎木淳弥(ち)、杉田智和(ぬ)[9]。シーズン2では、佐藤ひろ美の代わりとなる声優を一般募集している。アプリ化に向けて進行中。

さやべぇのライバル <綾瀬陽菜>[編集]

シーズン2企画第1弾。シーズン1で製作した「小林咲彩」のライバルキャラとして、19歳の王道アイドル「綾瀬陽菜」(あやせ ひな)を製作する企画[10]。基本設定は3人の会議で決まり、番組放送前にニコニコ生放送等で告知、原画及び命名は一般募集。担当声優は花澤香菜。小林咲彩と共にNHN comico運営のオンラインコミックサイト兼コミックアプリであるcomicoとのタイアップでコミカライズ化されることが決定した。

かわヤン[編集]

シーズン2企画第2弾。「かわいい」と、対極の「ヤンキー」を組み合わせて“かわヤン”を作る企画[11]。案・原画は一般募集したが、募集前の会議で夢眠が考えた「おにぎり」キャラの応募が多く、おにぎりシリーズに決定。

スタッフ[編集]

シーズン3現在[編集]

過去のスタッフ[編集]

※=シーズン1のみのスタッフ
  • MIX:大場悟(※)
  • MA:馬場由布子(※、スタジオエンデバー)
  • 編成:原司、荻野陽介(シーズン2まで)
  • AD:中村理美、石田晃人、塚正しほこ(全員→※)、小谷直茂(シーズン2)
  • ディレクター:五十嵐真
  • プロデューサー:山本信幸(※)、新田真紀(途中まではAP)

テーマ曲[編集]

シーズン2のオープニングテーマ曲はみみめめMIMIの「1/2ぶんこ」[2]。オープニングムービーも担当している。

  • イラストレーション:ちゃもーい
  • アニメーション:くろやなぎてっぺい

シーズン1ではクレジットされていなかったが「瞬間リアリティ」が使用されていた。

関連商品[編集]

ディスコグラフィ[編集]

発売日 タイトル 楽曲 備考
2016年
3月23日 明日は少し笑ってみよう 桐原アイ(新田恵海 「Hello」 札幌テレビジョシスタ あいく的』2016年4月エンディングテーマ[12]
「Calling me」
君をのせて 天空の城ラピュタ』主題歌のカバー
3月31日
(配信)
Tweet 小林咲彩(寧々) 「Tweet」
「Tell Me 〜28歳...さやべぇ 愛のテーマ〜」

ライブ・イベント[編集]

公演日 タイトル 出演 会場
2016年
5月21日 桐原アイ「明日は少し笑ってみよう」リリース記念イベント[13][注 1] 新田恵海[注 2] 科学技術館サイエンスホール(東京都
9月13日 アイキャラFes vol.1[14][15][16] 出演キャラクター:小林咲彩(CV:寧々)、綾瀬陽菜(CV:花澤香菜)、桐原アイ(CV:新田恵海)、ミス・モノクローム、ひらがな男子(CV:杉田智和梶裕貴榎木淳弥、市川太一)
スペシャルゲスト:天野七瑠、市川太一、中村繪里子、新田恵海、花澤香菜、松浦裕暁、水島精二みみめめMIMI
MC:バカリズム小出祐介夢眠ねむ
恵比寿LIQUIDROOM(東京都)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ イベントの模様はシーズン2の第2回放送で紹介された。
  2. ^ 小林咲彩(CV:寧々)が前座として出演した。

出典[編集]

  1. ^ 日テレ新番組「アイキャラ」に人気声優・新田恵海が参戦”. スポニチ (2015年12月21日). 2016年4月16日閲覧。
  2. ^ a b みみめめMIMI 日テレ『アイキャラ2』OP映像に参加! ちゃもーい描き下ろしイラスト&新曲「1/2ぶんこ」提供”. Billboard JAPAN (2016年7月21日). 2016年8月5日閲覧。
  3. ^ アイキャラ制作日誌 - 28歳 アイキャラ”. 日本テレビ. 2016年4月16日閲覧。
  4. ^ 日テレ新番組「アイキャラ」最終オーディション収録レポート!28歳のアイキャラ小林咲彩の声に選ばれたのは…!?”. nana (2016年2月11日). 2016年4月16日閲覧。
  5. ^ 小林咲彩”. VAP. 2016年4月16日閲覧。
  6. ^ アイキャラ制作日誌 - 日本アニメ最強のヒロイン”. 日本テレビ. 2016年4月16日閲覧。
  7. ^ ストーリーアルバム 明日は少し笑ってみよう”. VAP. 2016年4月22日閲覧。
  8. ^ アイキャラ制作日誌 - ひらがな男子”. 日本テレビ. 2016年4月16日閲覧。
  9. ^ 【ひらがな男子ごじゅうおん(仮)CV】”. アイキャラ公式Twitter (2016年3月23日). 2016年4月16日閲覧。
  10. ^ アイキャラ制作日誌 - さやべぇのライバル”. 日本テレビ. 2016年8月5日閲覧。
  11. ^ アイキャラ制作日誌 - かわヤン”. 日本テレビ. 2016年8月5日閲覧。
  12. ^ 【桐原アイ業務報告】”. アイキャラ公式Twitter (2016年4月2日). 2016年8月11日閲覧。
  13. ^ 桐原アイ「明日は少し笑ってみよう」リリース記念イベント”. VAP. 2016年8月11日閲覧。
  14. ^ 夢眠ねむ、小出祐介、バカリMC「アイキャラ」フェス開催!綾瀬陽菜役の花澤香菜も”. 音楽ナタリー (2016年8月11日). 2016年8月11日閲覧。
  15. ^ アイキャラFes”. アイキャラ2 - 日本テレビ. 2016年8月11日閲覧。
  16. ^ 新田恵海ら『アイキャラFes』出演“ひらがな男子”の応援上映も決定”. ORICON STYLE (2016年8月20日). 2016年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]

日本テレビ 木曜1:29 - 1:59(水曜深夜)枠
前番組 番組名 次番組
アイキャラ
(2016年1月 - 3月)
日テレプッシュ
日テレプッシュ
アイキャラ2
(2016年7月21日 - 10月6日)