松尾諭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
まつお さとる
松尾 諭
松尾 諭
生年月日 1975年12月7日(40歳)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県
身長 176.5 cm
血液型 AB型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2000年 -
配偶者 あり[1]
事務所 エフ・エム・ジー
公式サイト 公式プロフィール
主な作品

テレビドラマ
SP 警視庁警備部警護課第四係
警視庁機動捜査隊216』シリーズ
映画

SP THE MOTION PICTURE

松尾 諭(まつお さとる、1975年12月7日 - )は、日本俳優兵庫県尼崎市[2]出身。関西学院大学中退。身長176.5cm。血液型AB型エフ・エム・ジー所属。

来歴[ソースを編集]

高校時代はラグビー部に所属。高校2年の時に学校行事で生まれて初めて見た舞台をきっかけに、俳優を志す[3]1995年関西学院大学へ入学すると先輩の紹介で産経新聞大阪本社整理部でアルバイトとして勤務。3年次に大学を中退した後も勤務を継続し正社員を勧められるまでに至るも、役者の道を目指すため1998年に退職[4]

2000年に俳優を目指して上京。劇団のオーディションなどを受ける中、たまたま路上で拾った封筒入りの航空券を交番に届けたところ、お礼をしたいという落とし主の女性と表参道の喫茶店で会うこととなって、世間話の中で落とし主が芸能プロダクションエフ・エム・ジーの社長(現・会長)であることがわかり、エフ・エム・ジーへの所属が決まる[3][4][5]。少しずつオーディションを紹介してもらいつつ、同年の映画『忘れられぬ人々』で俳優としてデビュー[6]。下積み時代には同事務所の女優・井川遥の付き人も務める[7]

映画『亡国のイージス』(2005年)や『初雪の恋 ヴァージン・スノー』(2006年)、テレビドラマ『電車男』(2005年)などに出演した後、2007年フジテレビ系のテレビドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』でオーディションを経て主要SP役5人の中の1人、山本巡査部長役に抜擢され、注目を集める[3]。以降は、NHK大河ドラマ天地人』(2009年)や同連続テレビ小説てっぱん』(2011年 - 2012年)、映画『テルマエ・ロマエ』(2012年)や『進撃の巨人』(2015年[8]など、多数のテレビドラマ・映画へ出演している[6]

人物[ソースを編集]

趣味は総合格闘技、ラグビー、絵を描くこと[9]

同年代のラグビー選手・渡部謙吾(現・謙吾)のパンクラスデビューや自身と似た体型のイゴール・ボブチャンチンPRIDEでの活躍をきっかけに総合格闘技に興味を持ち、やがて自らも総合格闘技を始める。所英男の所属する格闘技ジムで練習を開始するが、始めてみると想像以上にきつく次第に足が遠のくものの、テレビドラマ『SP 警視庁警備部警護課第四係』のオーディションで趣味の「総合格闘技」が関係者の注目を受けたことで急遽練習を再開することとなる[1][10]UFCのファンであり、格闘技好きのタレントとして関連番組にも出演する[11]。映画『進撃の巨人』のアクションシーンではロイ・ネルソンマーク・ハントなどもイメージしながら演じたという[12]

出演[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

テレビドラマ[ソースを編集]

バラエティほか[ソースを編集]

(2014年1月18日、NHK-BSプレミアム) ※コント:お弁当くださいっ!/(2014年1月25日、NHK-BSプレミアム) ※コント:ランプの魔人/(2014年3月15日、NHK-BSプレミアム) ※コント:横山と川栄/(2014年5月24日、NHK-BSプレミアム) ※コント:36人選抜集合!/(2014年9月13日、NHK-BSプレミアム) ※コント:打ち合わせ/(2014年11月15日、NHK-BSプレミアム) ※コント:金のスマホ/(2015年5月23日、NHK-BSプレミアム) ※コント:コーヒーショップ

舞台[ソースを編集]

CM[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “究極の格闘技イベント『UFC』。アジア人初のUFC王者を目指す堀口恭司の魅力を俳優・松尾諭が熱く語る! UFC186を4/26(日)午前11:00〜WOWOWライブにて生中継!” (プレスリリース), WOWOW, (2015年4月23日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002679.000001355.html 2015年12月1日閲覧。 
  2. ^ 松尾 諭さんのツイート
  3. ^ a b c 滝沢卓 (2015年9月26日). “(旬)俳優・松尾諭 拾った「夢行き」チケット”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://digital.asahi.com/articles/DA3S11985001.html?rm=150 2015年11月30日閲覧。 
  4. ^ a b 松尾諭「SP」をPR!実は新聞マンだった[リンク切れ] サンスポ 2011年8月27日
  5. ^ 今回の極上空間 7月4日(土) 第218回 ゲスト:武田梨奈×松尾諭”. SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。. BS朝日. 2015年12月1日閲覧。
  6. ^ a b 松尾諭”. 人物情報. 映画.com. 2015年11月30日閲覧。
  7. ^ 真紀和泉 (2011年4月8日). “【エンタがビタミン♪】「リアルにSPやってた」。SP俳優の松尾諭が井川遥の付き人時代を暴露。”. Techinsight (メディアプロダクツジャパン). http://japan.techinsight.jp/2011/04/matuosatoru-igawaharuka-sp.html 2015年11月30日閲覧。 
  8. ^ “三浦貴大 駆逐したいものは松尾諭”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2015年8月1日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2015/08/01/0008264274.shtml 2015年12月1日閲覧。 
  9. ^ 松尾諭 プロフィール”. エフ・エム・ジー. 2015年12月1日閲覧。
  10. ^ 田辺ユウキ (2010年10月29日). “『SP 野望篇』松尾諭&神尾佑インタビュー”. eo映画 (ケイ・オプティコム). http://eonet.jp/cinema/news/2010/3032984_1678.html 2015年12月1日閲覧。 
  11. ^ “格闘技好きのタレント・著名人が光浦靖子・ラブリに格闘技プレゼン合戦!「3時間生放送!究極格闘技をなめんなよ!」 を無料生放送!” (プレスリリース), WOWOW, (2015年9月23日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002883.000001355.html 2015年12月1日閲覧。 
  12. ^ “松尾諭:「進撃の巨人」アクションでUFC意識? 堀口恭司選手のタイトル戦に期待”. MANTANWEB(まんたんウェブ) (毎日新聞デジタル). (2015年4月17日). http://mantan-web.jp/2015/04/17/20150417dog00m200024000c.html 2015年12月1日閲覧。 
  13. ^ “キャスト”. 映画「シン・ゴジラ」公式サイト. http://shin-godzilla.jp/cast/ 2016年4月16日閲覧。 
  14. ^ “杏主演月9、国仲涼子・Hey! Say! JUMP中島裕翔ら新キャスト発表”. modelpress. (2014年12月5日). http://mdpr.jp/news/detail/1451344 2014年12月5日閲覧。 

外部リンク[ソースを編集]