所英男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
所 英男
基本情報
本名 所 英男
通称 小さなヴォルク・ハン
逆境ファイター
闘うフリーター
リングの魔術師
シンデレラボーイ
闘うストーカー
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1977-08-22) 1977年8月22日(41歳)
出身地 岐阜県揖斐郡揖斐川町
所属 チームPOD
→STAND
→リバーサルジム
チームZST
→リバーサルジム武蔵小杉 所プラス
身長 170cm
体重 61kg
階級 フェザー級
バンタム級フライ級
バックボーン 総合格闘技
テーマ曲 逆境ファイター(所ジョージ
テンプレートを表示

所 英男(ところ ひでお、1977年8月22日 - )は、日本男性総合格闘家岐阜県揖斐郡揖斐川町出身。リバーサルジム武蔵小杉 所プラス所属。DREAMバンタム級日本トーナメント優勝。

グラウンド中心のファイトスタイルながら、豊富なスタミナを生かして、非常に激しく動き回る上、極めの強さも持ち合わせ、滅多に試合を膠着させない。「小さなヴォルク・ハン」、「闘うフリーター」、「リングの魔術師」などの異名を持つ。

来歴[編集]

揖斐高校時代までは野球部に所属していた。兄がUWFリングスのファンだった影響で格闘技に興味を持つ。1999年、格闘技の興業のチケットを山本喧一が当時主宰していたジムであるパワー・オブ・ドリームに買いに行った際に誘われて、格闘技を始める。

2001年総合格闘技のアマチュア大会で実績をあげ、プロに転向。会社を辞めてアルバイトをしながら活動する。プロ・アマ問わずの大会「タイタンファイト」で好成績を残し、その後「STAND」所属としてコンテンターズ、パンクラスなどへの活動を開始。2001年に行なわれ、所にとっては初の大型大会となったプレミアムチャレンジでは、矢野卓見に勝利する金星を上げ、プロ選手としての認知度を高めた。

2002年からリングスの流れを継ぐ総合格闘技団体ZSTに参戦。「ZST四兄弟」(長男:矢野卓見、二男:今成正和、三男:所英男、四男:小谷直之)の1人として活躍。

2004年3月7日、ZST GT-F(フェザー級グラップリングトーナメント)に出場し、優勝を果たした。

HERO'S[編集]

2005年7月6日、HERO'Sに初参戦。HERO'Sミドル級(-70kg)世界最強王者決定トーナメント開幕戦において、修斗世界ライト級(-65kg)王座を6年間5回防衛をしているアレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラを延長1R、右バックハンドブローでTKOする大金星を挙げ、一躍シンデレラボーイとして、脚光を浴びることになった。

2005年12月31日、K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!より所属がスタンドよりリバーサルへ変更。

2007年3月12日、HERO'S 2007 開幕戦 〜名古屋初上陸〜では永田克彦と対戦予定だったが、永田側の負傷欠場により急遽安廣一哉に変更。試合は腕ひしぎ十字固めで1R一本勝ち。

2007年6月2日、Dynamite!! USAブラッド・ピケットと対戦。腕ひしぎ十字固めで1R一本勝ち。アメリカでの初試合を白星で飾った。

2007年12月31日、K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!で憧れの選手であった田村潔司と対戦、ストレートアームバーで一本負け。試合開始直前に田村の左頬に張り手を見舞い、口頭注意が与えられた[1]

DREAM[編集]

2008年6月15日、DREAM初参戦となったDREAM.4ダレン・ウエノヤマと対戦し、判定勝ち。

2008年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜中村大介と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本負けを喫した。この試合で右腕尺骨を骨折した[2]

2009年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜のDREAM vs SRC 対抗戦でキム・ジョンマンと対戦し、判定勝ちを収めた。試合後のリング上で観戦に訪れていた練習仲間でもある内藤大助に現役続行を求めるエールを送った[3]

2010年12月31日、Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜渡辺一久と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。試合後のリング上で、癌で闘病中の練習仲間・宮下トモヤへのエールを送った[4]

2011年5月、自身のブログで2月に結婚していた事を発表[5]。同年6月には自身のジム、リバーサルジム武蔵小杉 所プラスをオープンさせた[6]

2011年5月29日、DREAM JAPAN GPのバンタム級日本トーナメント1回戦で前田吉朗と対戦し、2RTKO勝ち。同日の準決勝で山本篤と再戦し、判定勝ちを収め雪辱を果たす。7月16日の決勝戦では今成正和と対戦し、判定勝ちでDREAMバンタム級日本トーナメント優勝を果たした。

2011年9月24日、DREAM.17でのDREAMバンタム級世界トーナメント1回戦でアントニオ・バヌエロスと対戦し、判定負け。12月31日、元気ですか!! 大晦日!! 2011のDREAMバンタム級世界トーナメントリザーブマッチではユサップ・サーデュラエフと対戦。バスターで叩きつけられ失神TKO負けを喫した。

2012年12月24日、VTJ 1st佐藤ルミナと対戦し、開始39秒でパウンドでKO勝ち。

2013年10月5日、VTJ 3rdでウィル・カンプザーノと対戦し、僅差の判定負け。試合後、所陣営は判定結果に納得が行かず、インターナショナル修斗コミッション及びVTJに判定結果について抗議するも、結果は覆らなかった。なお、この試合後にカンプザーノはUFCと契約している。

2014年7月29日、アメリカの総合格闘技団体Bellator MMAと契約した事が発表された。

2015年3月27日、Bellator 135でL.C.デイビスと対戦し、両者ノンストップの激闘を繰り広げるが、1-2の判定負け。

2015年12月29日、RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYS SARABAの宴で才賀紀左衛門と対戦し、1R5分16秒腕ひしぎ十字固めで勝利した。

2016年4月、RIZIN.1で桜庭和志とのタッグチームでヴァンダレイ・シウバ、田村潔司とグラップリングダブルバウトで対戦し時間切れドロー。

2016年12月21日、レミギウス・モリカビュチスが銃弾に倒れたことを受け、勝村周一朗ら日本の有志と「レミーガ追悼委員会」を結成。レミギウスの子供たちの養育費を集めた[7]

人物・エピソード[編集]

  • アマチュア時代は黒いトランクスを着用していたが、現在は赤いトランクスで試合に出場している。これは憧れの選手である田村潔司が試合では赤いパンツを着用しているからである。
  • 実家はクリーニング屋。
  • お笑いコンビバナナマン日村勇紀とは一緒に旅行に行く仲。
  • 練習の合間に清掃業のアルバイトをして生計を立て、普段の食事はもっぱらコンビニ弁当、住んでいる部屋は風呂なし六畳間という苦労人であったが、格闘技に専念するためアルバイトを辞め、2006年、稼いだファイトマネーで風呂つきのワンルームマンションに引越した。
  • 前田日明に目をかけられ、前田の自宅やジムなどで「ゴッチ式トレーニング」を行っている。宮田和幸なども一緒にトレーニングしている。
  • 2005年12月31日のK-1 PREMIUM 2005 Dynamite!!では、苗字が同じという縁で、所ジョージが入場テーマ曲「逆境ファイター」を提供(アルバム「安全第二」に収録)。また、バラエティ番組「所萬遊記」にも度々出演している(所ジョージには「息子」と呼ばれている)。
  • 2007年12月から、エックスビズが運営していた求人サイト『414510.biz(ヨイシゴト)』のイメージキャラクターとして起用されていた。
  • 2008年7月16日、東京都町田市鶴間の国道16号で、自家用車を運転中に追突事故に遭い、腰椎に1週間の怪我をしたが、翌日には練習に復帰。5日後の7月21日の試合では山崎剛に判定勝利している。
  • プロボクサー内藤大助佐々木基樹がボクシングコーチを務めている。
  • 2016年7月7日、第1子の男児が誕生[8]

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
58 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
31 4 18 9 0 1 0
26 10 5 11 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 堀口恭司 1R 1:41 TKO(右フック→パウンド) RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 1st ROUND -夏の陣- 2017年7月30日
山本アーセン 1R 1:19 腕ひしぎ十字固め RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント FINAL ROUND 2016年12月31日
× クロン・グレイシー 1R 9:44 リアネイキドチョーク RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 開幕戦 2016年9月25日
才賀紀左衛門 1R 5:16 アームバー RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYS 2015年12月29日
× L.C.デイビス 5分3R終了 判定1-2 Bellator 135: Warren vs. Galvao 2015年3月27日
× ビクター・ヘンリー 2R 3:52 TKO(右フック→パウンド) GRANDSLAM -Way of the Cage- 2014年7月13日
× ウィル・カンプザーノ 5分3R終了 判定1-2 VTJ 3rd 2013年10月5日
テイラー・マコーストン 2R 2:34 ヒールホールド VTJ 2nd 2013年6月22日
佐藤ルミナ 1R 0:39 KO(パウンド) VTJ 1st 2012年12月24日
× ユサップ・サーデュラエフ 1R 0:42 TKO(バスター) 元気ですか!! 大晦日!! 2011
【バンタム級世界トーナメント リザーブマッチ】
2011年12月31日
× アントニオ・バヌエロス 5分3R終了 判定1-2 DREAM.17
【バンタム級世界トーナメント 1回戦】
2011年9月24日
今成正和 2R(10分/5分)終了 判定3-0 DREAM JAPAN GP FINAL -2011バンタム級日本トーナメント決勝戦-
【バンタム級日本トーナメント 決勝】
2011年7月16日
山本篤 2R(10分/5分)終了 判定2-1 DREAM JAPAN GP -2011バンタム級日本トーナメント-
【バンタム級日本トーナメント 準決勝】
2011年5月29日
前田吉朗 2R 0:43 TKO(タオル投入) DREAM JAPAN GP -2011バンタム級日本トーナメント-
【バンタム級日本トーナメント 1回戦】
2011年5月29日
渡辺一久 3R 2:50 腕ひしぎ十字固め Dynamite!! 〜勇気のチカラ2010〜 2010年12月31日
× ヨアキム・ハンセン 1R 2:48 三角絞め DREAM.16 2010年9月25日
× 西浦"ウィッキー"聡生 1R 2:51 TKO(右フック→パウンド) DREAM.14 2010年5月29日
キム・ジョンマン 5分3R終了 判定3-0 Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜 2009年12月31日
× 高谷裕之 2R 0:32 KO(パウンド) DREAM.11 フェザー級グランプリ2009 決勝戦
【フェザー級グランプリ 準決勝】
2009年10月6日
エイブル・カラム 2R 1:38 チョークスリーパー DREAM.9 フェザー級グランプリ2009 2nd ROUND
【フェザー級グランプリ 2回戦】
2009年5月26日
× DJ.taiki 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM.8 ウェルター級グランプリ2009 開幕戦
【フェザー級グランプリ 1回戦】
2009年4月5日
× 中村大介 1R 2:43 腕ひしぎ十字固め Dynamite!! 〜勇気のチカラ2008〜 2008年12月31日
× 山本篤 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦 2008年9月23日
山崎剛 2R(10分/5分)終了 判定3-0 DREAM.5 ライト級グランプリ2008 決勝戦 2008年7月21日
ダレン・ウエノヤマ 2R(10分/5分)終了 判定3-0 DREAM.4 ミドル級グランプリ2008 2nd ROUND 2008年6月15日
× 田村潔司 3R 3:08 ストレートアームバー K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!! 2007年12月31日
稲津航 1R 1:35 腕ひしぎ十字固め ZST.15 〜旗揚げ5周年記念大会〜 2007年11月23日
× ブラックマンバ 1R 4:47 TKO(パウンド) HERO'S 2007 ミドル級世界王者決定トーナメント開幕戦
【ミドル級トーナメント 1回戦】
2007年7月16日
ブラッド・ピケット 1R 2:41 腕ひしぎ十字固め Dynamite!! USA 2007年6月2日
安廣一哉 1R 3:00 腕ひしぎ十字固め HERO'S 2007 開幕戦 〜名古屋初上陸〜 2007年3月12日
ホイラー・グレイシー 5分3R終了 判定3-0 K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!! 2006年12月31日
金子賢 1R 1:50 腕ひしぎ十字固め HERO'S 2006 ミドル&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント決勝戦 2006年10月9日
× アイヴァン・メンジバー 5分2R終了 判定0-2 HERO'S 2006 ミドル&ライトヘビー級世界最強王者決定トーナメント準々決勝
【ミドル級トーナメント 準々決勝】
2006年8月5日
× ブラックマンバ 1R 0:43 KO(右膝蹴り) HERO'S 2006 ミドル級世界最強王者決定トーナメント開幕戦
【ミドル級トーナメント 1回戦】
2006年5月3日
池田祥規 1R 0:49 三角絞め HERO'S 2006 2006年3月15日
× エリカス・ペトライティス 2R 4:03 KO(膝蹴り) ZST.9 2006年2月18日
ホイス・グレイシー 10分2R終了 時間切れ K-1 PREMIUM 2005 Dynamite!! 2005年12月31日
ガブリエル・リムレイ 1R 1:12 三角絞め K-1 WORLD MAX 2005 〜世界王者対抗戦〜 2005年10月12日
× 宇野薫 5分2R終了 判定0-3 HERO'S 2005 ミドル級世界最強王者決定トーナメント準決勝
【ミドル級トーナメント 準々決勝】
2005年9月7日
アレッシャンドリ・フランカ・ノゲイラ 延長R 0:08 TKO(右バックブロー) HERO'S 2005 ミドル級世界最強王者決定トーナメント開幕戦
【ミドル級トーナメント 1回戦】
2005年7月6日
エリカス・ペトライティス 判定 Shooto Lithuania: Chaosas 2005年4月7日
× 大石真丈 延長R終了 判定1-2 ZST-GP2 ファイナルステージ
【フェザー級トーナメント 準決勝】
2005年1月23日
× ダリウス・スクリアウディス 5分2R終了 判定0-3 Shooto Lithuania: Bushido」 2004年11月20日
勝村周一朗 1R 0:38 ギロチンチョーク ZST-GP2 オープニングステージ
【フェザー級トーナメント 1回戦】
2004年11月3日
× 小谷直之 1R 1:44 ヒールホールド ZST.6 2004年9月12日
佐東伸哉 1R 3:23 三角絞め ZST BATTLE HAZARD 01 2004年7月4日
レミギウス・モリカビュチス 1R 3:30 三角絞め ZST.5 2004年5月5日
エリカス・ペトライティス 2R 3:40 チョークスリーパー Shooto Lithuania: Vendetta 2004年4月4日
× TAISHO 1R 0:53 TKO(右ハイキック) ZST GP 決勝大会
【2回戦】
2004年1月11日
大石"JACKAL"真丈 1R 3:13 腕ひしぎ十字固め ZST GP 開幕戦
【1回戦】
2003年11月23日
中原太陽 1R 4:56 腕ひしぎ十字固め ZST.4 2003年9月7日
× レミギウス・モリカビュチス 1R 1:45 KO(膝蹴り) ZST.3 2003年6月1日
× アンタナス・ジャスビュティス 5分2R終了 ロストポイント1-2 Bushido Rings 7: Adrenalinas 2003年4月5日
松本秀彦 延長R終了 判定2-1 ZST.2 2003年3月9日
坪井淳浩 2R 4:09 腕ひしぎ十字固め ZST.1 2002年11月23日
滝田J太郎 1R 1:41 TKO(ドクターストップ) DEMOLITION 020908 2002年9月8日
矢野卓見 10分1R終了 判定3-0 プレミアムチャレンジ 2002年5月6日
× 小谷直之 5分3R終了 判定0-2 リングス BATTLE GENESIS Vol.8 〜壮大なる格闘実験〜 2001年9月21日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
志田幹 5分2R終了 時間切れ PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR
【パンクラスゲート】
2002年2月17日
× 山本高行 1R 3:50 TKO 第4回タイタンファイト
【準決勝】
2001年7月1日
× 鈴木雅史 1R 1:57 TKO 第3回タイタンファイト
【1回戦】
2001年4月30日
× 岩崎成敦 1:52 フロントスリーパーホールド 第1回東日本アマチュア修斗フレッシュマントーナメント
【ライト級 2回戦】
2001年4月15日
出見世雅之 4分1R終了 ポイント25-23 第1回東日本アマチュア修斗フレッシュマントーナメント
【ライト級 1回戦】
2001年4月15日
× 久松勇二 1R 0:56 ドロップアウト 第2回タイタンファイト
【3回戦】
2001年1月21日
好川統 1R 2:19 腕ひしぎ十字固め 第2回タイタンファイト
【2回戦】
2001年1月21日
小林悟朗 1R終了 ポイント同点 キングダムエルガイツ No name HERO III 2000年10月29日
× 市川直人 2R 3:59 スリーパーホールド 第1回タイタンファイト
【準々決勝】
2000年9月29日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
アルテミジェ・シテンコフ 2R 0:52 三角絞め HERO'S FIGHTING NETWORK '06 Lithuania Round
【GT-Fルール】
2006年11月11日
× 勝村周一朗 1R 4:55 TKO(三角絞め) ZST GT-F2
【準決勝】
2006年5月27日
今泉堅太郎 2R終了 判定3-0 ZST GT-F2
【1回戦】
2006年5月27日
ジェイソン・ラインハルト 1R 2:27 膝十字固め ZST.8
【GT-Fタイトルマッチ】
2005年11月23日
若林次郎 2R 2:39 チョークスリーパー ZST GT-F
【決勝】
2004年3月7日
松本秀彦 2R終了 判定2-1 ZST GT-F
【準決勝】
2004年3月7日
大石真丈 2R終了 判定3-0 ZST GT-F
【1回戦】
2004年3月7日
中原太陽 5分2R終了 ドロー Club Contenders 2002 2002年8月24日
× 今成正和 5分2R終了 判定38-40 The CONTENDERS 7 NEXT 2002年7月7日
× 矢野卓見 5分2R終了 判定38-39 The CONTENDERS X-RAGE vol.2 2002年3月10日
× 門脇英基 2R 3:29 チョークスリーパー The CONTENDERS X-RAGE vol.1 2001年12月14日
阿部裕幸 5分2R終了 時間切れ CLUB CONTENDERS:01 2001年8月15日

獲得タイトル[編集]

メディア出演[編集]

吹き替え[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]