後妻業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
後妻業
著者 黒川博行
発行日 2014年8月30日
発行元 文藝春秋
ジャンル ミステリ推理小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製カバー装
ページ数 416
公式サイト books.bunshun.jp
コード ISBN 978-4-16-390088-9
ISBN 978-4-16-790629-0文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

後妻業』(ごさいぎょう)は、黒川博行小説である。『破門』で直木賞を受賞した後の第1作で、『別冊文藝春秋2012年3月号から2013年11月号まで連載され、2014年8月30日文藝春秋から単行本が刊行された。

高齢者の遺産を狙った犯罪を題材にしており[1]、実際に起こった事件に本書の題名が用いられることがある[2]

後妻業の女』(ごさいぎょうのおんな)と題して大竹しのぶ主演で映画化され、2016年8月に公開された。

2019年1月期にテレビドラマ化される予定。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

武内小夜子
柏木亨
中瀬耕造
中瀬朋美
西木尚子
本多芳則

書籍情報[編集]

映画[編集]

後妻業の女
監督 鶴橋康夫
脚本 鶴橋康夫
原作 黒川博行『後妻業』(文藝春秋刊)
製作 市川南
製作総指揮 秦祐子
臼井央
出演者 大竹しのぶ
豊川悦司
尾野真千子
笑福亭鶴瓶
津川雅彦
永瀬正敏
音楽 羽岡佳
撮影 柳島克己
編集 山田宏司
制作会社 ROBOT
製作会社 東宝映画
配給 東宝
公開 日本の旗 2016年8月27日
上映時間 128分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 15.2億円[3]
テンプレートを表示

後妻業の女』(ごさいぎょうのおんな)のタイトルで、2016年8月27日に公開された。監督・脚本は鶴橋康夫大竹しのぶ主演[4]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

作品の評価[編集]

2016年8月30日、第40回モントリオール世界映画祭・World Greats 部門(非コンペティション部門)にて上映された。上映前には約200人の行列ができ、映画館のスタッフによると、これほどの行列は映画祭始まって以来の状況だった[5]

関連作品[編集]

漫画『後妻業の女』
村上たかしによりコミカライズされ、『ビッグコミックオリジナル』2016年17号(8月20日発売)より[6]、22号(11月5日発売)まで連載された。

テレビドラマ[編集]

後妻業
ジャンル テレビドラマ
放送時間 火曜21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2019年1月22日 - (予定)
放送国 日本の旗 日本
制作局 カンテレ
企画 栗原美和子
演出 光野道夫
都築淳一
木村弥寿彦
原作 黒川博行『後妻業』
脚本 関えり香
プロデューサー 栗原美和子
杉浦史明
萩原崇
水野綾子
出演者 木村佳乃
高橋克典
木村多江
泉谷しげる
伊原剛志
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 データ放送
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

後妻業』(ごさいぎょう)のタイトルで2019年1月22日から関西テレビ制作・フジテレビ系の「火曜21時枠」で放送される予定である[7]。主演は木村佳乃

キャスト(テレビドラマ)[編集]

スタッフ(テレビドラマ)[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1話 1月22日
(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)
カンテレ制作・フジテレビ 火曜21時枠
前番組 番組名 次番組
僕らは奇跡でできている
(2018年10月9日 - 12月11日)
後妻業
(2019年1月22日 - 〈予定〉)
-

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 細谷正充 (2014年10月5日). “【書評】『後妻業』黒川博行著”. 産経新聞. 2015年2月13日閲覧。
  2. ^ 関西連続「後妻業」事件 交際男性が激白「色仕掛け」の手口”. 週刊朝日 (2014年12月12日). 2015年2月13日閲覧。
  3. ^ 2016年(平成28年) 興行収入10億円以上番組 (PDF)”. 日本映画製作者連盟. 2017年1月30日閲覧。
  4. ^ a b 大竹しのぶ、結婚詐欺師役で鶴瓶と初共演 ベッドシーンも”. ORICON (2015年8月4日). 2015年8月4日閲覧。
  5. ^ “大竹しのぶ『後妻業の女』モントリオールで大行列!映画祭始まって以来の人気ぶり”. シネマトゥデイ. (2016年9月1日). http://www.cinematoday.jp/page/N0085704 2016年9月1日閲覧。 
  6. ^ “大竹しのぶ×豊川悦司「後妻業の女」村上たかしがマンガ化、8月に連載スタート”. 映画ナタリー. (2016年7月27日). http://natalie.mu/eiga/news/196034 2016年7月28日閲覧。 
  7. ^ ““ヤバ妻”怪演の木村佳乃 今度は遺産狙う後妻業の女 敵対・木村多江とビンタ合戦も”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2018年11月9日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/11/19/kiji/20181118s00041000320000c.html 2018年11月19日閲覧。 
  8. ^ “泉谷しげるドラマ版「後妻業」で津川雅彦さんの役を継承「何かの縁だろう」”. スポーツ報知. (2018年12月11日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181211-OHT1T50103.html 2018年12月14日閲覧。 

外部リンク[編集]