葉山奨之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
はやま しょうの
葉山 奨之
生年月日 (1995-12-19) 1995年12月19日(22歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府
身長 177 cm[1]
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 俳優モデル
活動期間 2011年[2] -
活動内容 テレビドラマ映画
事務所 トライストーン・エンタテイメント
公式サイト トライストーン・エンタテイメントによるプロフィール

葉山 奨之(はやま しょうの、1995年12月19日 - )は、日本俳優大阪府出身[1]トライストーン・エンタテイメント所属。身長177cm[1]

略歴[編集]

大阪府出身。小学2年生の時に親の仕事の関係で上京する[3]。映画『クローズZERO』の小栗旬に憧れ、中学3年生の時にオーディションを受け[要出典]同じ事務所に入る[4]

2011年テレビドラマ鈴木先生』でデビュー[4]。趣味はバスケットボール、音楽鑑賞[1]好きなアーティストはKREVAOKAMOTO'S[要出典]

2018年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭ニューウェーブアワードを受賞[5]

出演[編集]

役名太字は主演作品。

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ドキュメンタリー[編集]

CM[編集]

同時期に企業の異なる2つのCMで同じ女優と共演している。

インターネットドラマ[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

  • miwa「片想い」(2012年2月1日)
  • MACO 「手紙」(2016年9月21日)

書籍[編集]

カバーモデル[編集]

  • 『真夏のヒーロー 〜大切な人〜』(小学館エンジェル文庫、2014年5月23日)※表紙

新聞連載[編集]

  • 『葉山奨之の初めまして』(読売新聞東京版金曜夕刊コラム、2014年10月 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d トライストーン・エンタテイメントによるプロフィール
  2. ^ 葉山 奨之”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ. 2018年1月2日閲覧。
  3. ^ a b 朝ドラ『まれ』に抜擢された注目株・葉山奨之、デビュー当時は先輩・小栗旬を意識”. クランクイン!. ハリウッドチャンネル (2015年1月4日). 2018年1月2日閲覧。
  4. ^ a b c 葉山奨之. INTERVIEW 葉山奨之. インタビュアー:池上愛. +act.. https://www.wani.co.jp/act/interview/interview.php?id=47 2018年1月2日閲覧。 
  5. ^ 日本映画に"新しい波"を起こす!葉山奨之、川栄李奈、岡田磨里が「ゆうばり」ニューウェーブアワードを受賞”. Movie Walker. KADOKAWA (2018年3月7日). 2018年5月15日閲覧。
  6. ^ 地域発信型映画: 日曜日、すずは口笛を吹いた”. 吉本興業. 2015年10月25日閲覧。
  7. ^ 『恋につきもの』”. 東京藝術大学 大学院 映像研究科. 2015年10月25日閲覧。
  8. ^ 『あしたになれば。』キャスト・監督・ストーリー紹介/藤井寺市ホームページ”. 藤井寺市 (2015年1月30日). 2015年8月31日閲覧。
  9. ^ 「まれ」弟 葉山奨之が映画初主演!荒川ちかとラブストーリー”. スポニチアネックス. 2015年8月31日閲覧。
  10. ^ “波瑠主演『流れ星が消えないうちに』公開決定! 恋人役に入江甚儀・葉山奨之”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル株式会社). (2015年6月16日). http://www.crank-in.net/movie/news/37426 2015年10月25日閲覧。 
  11. ^ 映画「青空エール」つばさ役は土屋太鳳、大介役は竹内涼真!葉山奨之も出演”. コミックナタリー (2016年1月11日). 2016年1月11日閲覧。
  12. ^ “高畑充希、松居大悟監督作に出演 難役に「なんとか乗り切れた」”. ORICON STYLE. (2016年7月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2074473/full/?ref_cd=tw 2016年7月4日閲覧。 
  13. ^ 葉山奨之がピュア男子、平祐奈がドS女子に!「きょうのキラ君」に出演”. 映画.com (2016年8月8日). 2016年8月8日閲覧。
  14. ^ 小松菜奈×大泉洋「恋雨」に清野菜名、磯村勇斗、葉山奨之、松本穂香、山本舞香ら出演”. 映画ナタリー (2018年1月24日). 2018年1月29日閲覧。
  15. ^ “映画『ねことじいちゃん』追加キャストに小林薫、田中裕子、柄本佑ら(クランクイン!) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース. https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00057042-crankinn-movi 2018年7月19日閲覧。 
  16. ^ 『まれ』俳優・葉山奨之、主演ドラマでストーカー(?)役”. Oricon Style ((株)オリコン) (2015年9月22日). 2015年9月23日閲覧。
  17. ^ 松井珠理奈、連ドラ初主演!ドラマ「死幣」で大学生役”. ニュースウォーカー (2016年6月8日). 2016年6月8日閲覧。
  18. ^ 石井百合子 (2017年8月8日). “「セトウツミ」が高杉真宙&葉山奨之主演で連ドラ化”. シネマトゥデイ. 2018年1月2日閲覧。
  19. ^ 葉山奨之、演じていて「何やっているのだろう」?「リフレイン」撮影裏側を語る”. cinemacafe.net (2017年12月28日). 2018年1月2日閲覧。
  20. ^ 葉山奨之“表と裏の顔”を持つミステリアスな役に挑戦 ディーン・フジオカ主演「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」出演決定”. モデルプレス (2018年3月22日). 2018年5月15日閲覧。
  21. ^ ONE ASIA アジア麺ロードを行く(TBS)、2014年9月8日閲覧
  22. ^ DeNA、『逆転オセロニア』にて12月22日よりTVCM放映開始 CM記念キャンペーンで好きな属性のS+キャラ(駒)1体確定の「超絶ミラクルガチャ!!」開催”. Social Game Info (2017年12月21日). 2018年1月29日閲覧。
  23. ^ “『恋は雨上がりのように』スピンオフ!葉山奨之×松本穂香ドラマ配信”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年5月7日). https://www.cinematoday.jp/news/N0100589 2018年5月7日閲覧。 

外部リンク[編集]