鶴橋康夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鶴橋 康夫(つるはし やすお、1940年1月15日 - )は、日本テレビディレクター映画監督。本名は、倉田康夫[1]新潟県村上市出身[1]。長男は、ドラマ制作を手がける日本テレビ社員・倉田貴也[誰?]

略歴・人物[編集]

兄妹は自身を含め2男1女で、弟は新潟日報編集委員[1]。出生名は鶴橋康夫であるが、婿取婚であるために改姓している[1]

新潟県立村上高等学校中央大学法学部卒業[1]。最初は新聞社志望だった[1]が、読売新聞記者だった伊藤一男に讀賣テレビ入社を勧められる[1]

1962年讀賣テレビ放送(読売テレビ)へ入社[2]。東京支社制作部に所属[3]し、一貫してドラマ演出を手がける[2]

社会派ドラマの名手として知られ、特に「木曜ゴールデンドラマ」枠における単発作品群で数多くの賞を獲得したことから「芸術祭男」の異名を取る[1]カットバックを駆使した独特の演出手法を用いる[1]1982年芸術選奨新人賞(放送部門)受賞[1]、他1980年代にはギャラクシー賞も受賞[1]

同局取締役待遇エグゼクティブディレクターを経て[1]2000年に定年。[要出典]しばらくは嘱託社員として在籍する[要出典]が、2003年に読売テレビを退社[2]し、東北新社へ移籍する[2]。同社では「エグゼクティブディレクター」の肩書きにて活動中[2]

2005年、『砦なき者』により[4]芸術選奨文部科学大臣賞受賞[2]2007年紫綬褒章受章[2]2013年旭日小綬章受章[5]

自らの作風について、「テレビジョンっていうのは、遠くを見るっていうのが語源でね(…)いちばん遠いものって何だろうって考えたら自分の心じゃないかなと。だから心の闇を見てみよう」と思っており[6]、「他のドラマに対抗するのではなく、一流の文学や映画に対抗し得る、人の人生に深く刺さるような作品を創って、映像で人々を説得したい」とそれぞれ話している[1]。また、テレビ評論家の佐怒賀三夫は鶴橋の作風について「事象をただ単一的な目で見ず、人間心理にまで入り込んで抽出して映像を心理的な遠近法でとらえている。最初から映像表現の可能性と多様性を知っている」と評する[1]。“鶴橋学校の生徒”を自称していた脚本家の野沢尚は「とにかくたくさん集めた映像を時間をかけて丁寧に編集している。中にはOKが出た映像も容赦なくカットしている」と話している[1]

1976年のテレビドラマ『新車の中の女』では、信越本線西上田駅でロケに臨んだ際、浅丘ルリ子に「視聴者と相手役と監督である自分と、そして映像の神様への四者に向けてのためなので、4つの映像を撮るんです」としてロング、アップ、クロスカッティング、逆アングルの4パターンの映像全てで同じ演技を要求したという[1]。他に、役所広司大竹しのぶ真田広之古尾谷雅人らが鶴橋作品の常連と言われ[1]、大竹は鶴橋について「役者や自分自身よりも、作品の方を大切にする人」と話している[1]

作品[編集]

テレビドラマ(単発)[編集]

読売テレビ時代[編集]

  • 四角い空(1963年) - 芸術祭参加作品
  • 悪女の倫理 サリー(1965年
  • 悪女の倫理 ささやかな祭り(1965年)
  • 悪女の倫理 平凡な女(1965年)
  • 坂部ぎんさんを探して下さい(1978年) - 芸術祭参加作品
  • 死刑執行命令(1979年
  • 虹の果てには(1980年
  • 五瓣の椿1981年) - 芸術選奨文部大臣新人賞
  • かげろうの死(1981年) - 芸術選奨新人賞
  • いもうと(1982年
  • 性的犯罪(1982年)
  • 非行主婦(1982年)
  • 知床の子(1983年
  • 仮の宿なるを(1983年) - 芸術祭優秀賞
  • 危険な年ごろ(1984年
  • 秘戯記(1984年)
  • 魔性(1984年)
  • 殺して、あなた…(1985年
  • 夢のあとさき(1985年)
  • 風の家(1985年)
  • 夫婦関係(1986年
  • 遠めがねの女(1986年)
  • 手枕さげて(1987年) - ギャラクシー特別個人賞
  • 月は船(1987年) 
  • ここの岸より(1987年)
  • かくれんぼ(1988年
  • 喝采(1988年)
  • 最後の恋(1988年)
  • おれは裸だ(1988年)
  • 松本清張サスペンス・結婚式1989年) - ギャラクシー選奨
  • 密写された女(1989年)
  • 風の棲む家(1989年)
  • 愛の世界(1990年) - 芸術作品賞、第17回放送文化基金賞優秀賞、ATP賞、ギャラクシー優秀賞
  • 渇いた夏(1990年)
  • 朝日のあたる家(1991年
  • 小指の思い出(1991年)
  • 東京ららばい(1991年) - ギャラクシー奨励賞
  • 性的黙示録(1992年) - ギャラクシー選奨
  • 雀色時(1992年) - 芸術作品賞
  • 私が殺した男(1993年
  • 愛が叫んでる(1996年
  • 院内感染(1997年
  • 楽園への橋(1998年
  • 松本清張七回忌特別企画・熱い絹(1998年)
  • 刑事たちの夏(1999年) - ギャラクシー大賞、放送文化基金賞個人賞、日本民間放送連盟最優秀賞

読売テレビ退社以降[編集]

テレビドラマ(連続)[編集]

すべて読売テレビの放送作品。

映画[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 「現代の肖像・鶴橋康夫」(「AERA」1999年2月22日号 60~64頁)
  2. ^ a b c d e f g 源氏物語 千年の謎 プロフィール紹介”. 東宝. 2017年6月16日閲覧。
  3. ^ 「悪を描かず テレビ時代劇衰退 視聴率のせい」読売テレビ 鶴橋康夫ディレクター”. 京都新聞 (1998年9月5日). 2017年6月16日閲覧。
  4. ^ 妻夫木聡がクールな誘拐犯役を熱演”. オリコン (2007年9月8日). 2017年6月16日閲覧。
  5. ^ 「頑張らないで、一所懸命…」倍賞千恵子に旭日小綬章”. スポーツニッポン (2013年4月29日). 2017年6月16日閲覧。
  6. ^ 私の中の見えない炎 鶴橋康夫監督トークショー 2015年2月28日閲覧

関連項目[編集]