西条みつとし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
西条みつとし
プロフィール
誕生日 (1978-04-12) 1978年4月12日(40歳)
出身地 日本の旗 日本 千葉県千葉市
血液型 A型
主な作品
テレビドラマ 下北沢ダイハード
映画 関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!
ゆらり
blank13
その他
TAIYO MAGIC FILM代表

西条みつとし(さいじょうみつとし、1978年4月12日 - )は、日本劇作家放送作家ドラマ映画脚本家

2010年3月までは「あれきさんだーおりょう」名義でピン芸人として活動していた。

略歴[編集]

人物[編集]

  • 「あれきさんだーおりょう」という芸名の名付け親はネプチューン名倉潤である。
  • ピン芸人時代、「さおとめ」という芸名で一時期活動していたが、程なくして「あれきさんだーおりょう」に改名している。
  • 青木さやかによる「青木軍団」の一員でもあり、青木とは親交が深かった。
  • 同期にはサイクロンZなどがいる。

ピン芸人時代の芸風[編集]

「呪い」ネタ
  • 丑の刻参り」を彷彿とさせる白装束姿に扮し、藁人形に釘を打ちつけながら「呪ってやる!呪ってやる!」と連呼し、日頃の恨みを晴らしていくというネタ。主にエンタの神様でこのネタを披露して知名度をあげた。
男前劇場
  • ネタの内容としてはまず冒頭で「お・と・こ・ま・え~、俺お・と・こ・ま・え~♪」と言う所から始まり、その後自身が体験した「かっこいい話」を披露した後ネタのブリッジとして「お・と・こ・ま・え~」というフレーズを挟む。それを何度か繰り返した後、最後に「お・と・こ・ま・え~だろうか~?」で締めるというものである。
  • 爆笑オンエアバトル」ではこのネタで参戦し、2006年6月9日放送回で初挑戦初オンエアを果たした。その後も順調に勝ち星を重ねていき、見事3連勝を達成。3勝目は自己最高となる485KBという高得点を叩き出した。あと1勝すれば「チャンピオン大会」出場の権利が獲得出来るという状況だったが、その後は失速し2連敗(そのうち1回は6位で惜しくもオフエア)を喫してしまい「チャンピオン大会」出場はならなかった。翌年以降のオンバトには一度も参戦していない。
  • コンビ時代にも「爆笑オンエアバトル」に参戦経験があり、1度だけオンエアを果たしている。

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

脚本[編集]

映画[編集]

脚本[編集]

バラエティ[編集]

舞台[編集]

TAIYO MAGIC FILM公演[編集]

脚本・演出[編集]

  • 旗揚げ公演(2012年5月)『HERO』
  • 第2回公演(2012年11月)『ウェディング・ドレス』
  • 第3回公演(2013年4月)『サクラサクコロ』
  • 第4回公演(2013年6月)『あかねの間』
  • 第5回公演(2013年11月)『ゆらり』
  • 第6回公演(2014年5月)『センチュリープラント。』
  • 第7回公演(2015年3月) 『ウエディングドレス2015』
  • 第8回公演(2015年6月) 『ゆらり2015』
  • 第9回公演(2015年11月) 『ぼくのタネ』
  • 第10回公演(2016年5月)『センチュリープラント2016』
  • 第11回公演(2016年10月)『サクラサクコロ2016』
  • 第12回公演(2017年9月)『時分自間旅行』
  • 番外公演ミニvo.1(2018年6月)『動き出すカーテン』

外部公演[編集]

  • 劇団K助Presents「オムニー」(2010年4月)『ウェディング・ドレス』 脚本・演出
  • 劇団K助Presents「オムニー2」(2010年8月)『球』 脚本・演出
  • 宝映テレビプロダクション新ユニット『素顔♪音符』第3回公演(2010年11月)『ポンポン島』 演出協力
  • pnishプロデュース(2011年1月)『パニックカフェ』(2011年1月) 演出協力
  • 劇団福援隊YOUNG!!(2011年5月)『町のちっちゃなレストラン』 脚本・演出
  • (2011年8月)『あかねの間』 脚本・演出 
  • 劇団K助Presents「オムニー3」(2011年8月)『夏に雪が降る』 脚本・演出
  • 劇団K助Presents「オムニー4」(2011年12月)『自主する男』 脚本・演出
  • 東京セレソンデラックス番外公演「ガッツ・ザ・セレソン」(2012年1月)『CAKE』 脚本・演出
  • 劇団福援隊YOUNG!!(2012年2月)『せせらぎの間』(再演) 脚本・演出
  • 劇団K助Presents「オムニー5」(2012年4月)『JURI』 脚本
  • スーパーエキセントリックシアタープロデュースBluePrint旗揚げ公演(2012年6月)『アグレソの石』 脚本
  • 劇団福援隊 第8回公演(2012年10月)『しにがみ。』 脚本
  • ビジュアルボーイ10周年記念イベント シェイクスピア朗毒パフォーマンス(2012年11月)『ベースボーーール・ハムレット』 演出 
  • スーパーエキセントリックシアター プロデュースBluePrint第3回公演(2013年6月)『DORON!』 脚本
  • 劇団ショーマンシップ公演(2013年6月)『フチガミさんのフトモモtheファイナル』 脚本
  • 劇団福援隊 第9回公演(2014年2月)『シアワセノBellが鳴る。』 脚本・演出 
  • 日本テレビ企画 劇団アイドル・リーグ(2014年3月)『怪人養成スクール・女子部』 脚本・演出
  • スーパーエキセントリックシアター プロデュースBluePrint第4回公演(2014年6月)『Monkey Magic』 脚本
  • 宝映テレビプロダクションプロデュース第12回公演(2014年7月)『いいわよ。』 脚本・演出
  • ワタナベエンターテインメントプロデュース(2014年9月) 『自首する男』脚本・演出
  • 劇団福援隊YOUNG!!(2015年1月) 『優しいKIOKU』脚本・演出
  • 劇団ショーマンシップ公演(2015年2月) 『九州の民話めぐり』脚本
  • スーパーエキセントリックシアター プロデュース BluePrint第5回公演(2015年6月)『鬼ヶ島』脚本
  • 宝映テレビプロダクションプロデュースVo.14(2016年2月) 『期間限定恋愛』脚本・演出

あれきさんだーおりょうとして[編集]

外部リンク[編集]