金曜カーソル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
金曜カーソル
ジャンル 情報番組
放送時間 毎週金曜 20:00 - 22:00(120分)
放送期間 2013年11月15日 - 2014年7月25日
2014年8月8日9月12日
放送国 日本の旗 日本
制作局 WOWOW
出演者 ジョージ・ウィリアムズ
秋元梢
板尾創路
中川翔子ほか
外部リンク 金曜カーソルホームページ

特記事項:
放送日は年末年始を除く
テンプレートを表示

金曜カーソル(きんようカーソル)は、WOWOWプライムで放送されている生ワイド番組。2013年11月15日開始。キャッチコピーは「テレビをあそべ!参加型エンタメダービー」。

概要[編集]

2013年9月まで放送されていた『ザ・プライムショー』の後継番組[要出典]として開始。本番組はノンスクランブルで放送されている。

主に視聴者の支持率で進行している。これは視聴者がカーソルとなって番組に参加するという仕組みである(スマートフォンで登録すれば参加可能)。

番組のエンディングにはその日の参加者の名前が画面に表示される。放送上は早く流れることがあるが、動画サイト「W流」ではゆっくり流れている。

2014年7月25日のサードアタック(3問目)で重大発表があり、レギュラー放送の終了が同日放送分であることが発表された。

その後、2014年8月8日・9月12日にも特別版としてレギュラー放送と同様に生放送を行う。

主な出演者[編集]

MC[編集]

週替わりMC[編集]

基本的に週替わりであるが、スケジュールなどのこともあり1か月以上出演がなかったり1~2週おいての出演になる場合もある。

不定期での出演者[編集]

ナレーター[編集]

WOWOWアナウンサー[編集]

水着カーソル隊[編集]

この水着カーソル隊は放送ではカーソルインフォメーションのみの出演で、放送後にゲスト出演者にインタビューをしている。当初はそのインタビュー動画がW録[3]で1位にならないと番組内で顔出しができない条件があった。2014年2月14日の放送[4]で初めて顔出しが実現した。2014年4月以降はそういった告知はしなくなり、ゲスト出演者とカーソル隊との掛け合い(これは同年3月以前からしている)に変わっていき、顔出しも普通に行われるようになった。

番組内での氏名テロップは「水着カーソル隊」のみで、個人氏名は表示されていない。

2014年7月25日のハリウッドじゃんけんではカーソル隊が担当したが、カーソル隊は同日で卒業が告げられた(それを告げたのは青木)。

過去に出演[編集]

コーナー[編集]

  • エンタメブックメーカー - 3択問題に対してカーソルコインをBETして(賭けて)正解を予想するコーナー。正解するとそのオッズに応じてカーソルコインが支払われる(ただし実際のコインではなくポイントである)。ファイナルベット(最終問題)は放送時点ではまだ結果、答えが出ていないため結果予想となり、正解は次の回のオープニングのあとに発表されるが、ファイナルベットにおいては3択のうち、これにも当てはまらなかった場合、全ての賭けたカーソルコインは参加者に払い戻される。[5]
  • ハリウッドじゃんけん - 映画のワンシーンでじゃんけんをするコーナー。1度選択すると変更はできない。時折スターのインタビューでのじゃんけんになることもある。[6]
  • エンタメマトメックス - 特集コーナー。2つのお題をテーマとし、視聴者の投票で2つのものに決着をつけるというコンセプトで構成する。このコーナーにカーソルコインを賭ける必要はない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 千原ジュニアにおいては番組出演の限度は基本的に21:00まで。
  2. ^ STVラジオは2005年に札幌テレビから分社している。
  3. ^ 数日程度で掲載される。
  4. ^ 2014年2月は堀江貴文、同年3月はプー・ルイ(BiS)とのインタビューがデイリーランキングで1位になっている。
  5. ^ これは、『クイズダービー』(TBS制作)で回答者が全員不正解だった場合と同じ扱いでもある。
  6. ^ 例外として、2014年5月23日と同年5月30日はスタジオでPontaがじゃんけんをしたが、いずれも出たのはグーだった。

外部リンク[編集]