ディープピープル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディープピープル
DEEP PEOPLE
ジャンル トーク番組
出演者 関根勤
製作
制作 NHK総合
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
(番組たまご回)
出演者 長谷川穂積畑山隆則浜田剛史鈴木奈穂子
放送期間 2009年5月27日
放送時間 24:10 - 24:40(JST
NHK 番組たまご 「ディープ ピープル」
レギュラー放送(2010年度)
出演者 関根勤、安部みちこ
放送期間 2010年7月17日 - 2011年2月26日
放送時間 基本 23:30 - 24:00[1](JST)
レギュラー放送(2011年度)
出演者 関根勤、中村慶子
放送期間 2011年4月18日 - 10月3日
放送時間 月曜 22:00 - 22:50(JST)
放送分 50分
レギュラー放送(2012年度)
出演者 関根勤、中川翔子
放送期間 2012年10月28日 - 12月23日
放送時間 日曜 24:10 - 24:39[2](JST)
放送分 29分
NHK ディープピープル[DEEP PEOPLE]

特記事項:
ナレーション:土田大

ディープピープルは、NHK総合で放送されたトーク番組である。

概要[編集]

毎回のテーマ分野においてそれぞれ道を究めた3人が、極めた人なりの密度の濃いトークを展開する異色のトーク番組である。三角に相対すように設置された椅子に座り、テーマ分野について語り合う。トークする3人は、同じテーマ分野ながら異なる手法を持つスペシャリストであり、それぞれが自身の手法や所属先の現状について語る。この番組では、ディベート番組のように他のメンバーの手法について直接否定したり強い反論をすることは少なく、互いの手法に関心を寄せて意見を聞く場面も見られる。進行役の2人は別室におり、女性アシスタントが主にトークの内容やテーマ分野の補足を行い、関根勤がそれにコメントやツッコミを入れる。

2009年5月28日に『番組たまごトライアル2009』として単発で放送され、翌2010年に不定期の集中編成で随時放送された。2011年4月から10月まで月曜22時台でレギュラー放送された。2012年10月から日曜24時台でレギュラー放送が再開された(初回のみ木曜22時台の放送)。

なお、2012年度に番組のタイトル表示の際に流れる曲は、イギリスハードロックバンドディープ・パープル」(Deep Purple)の「紫の炎」(原題:Burn)である。2011年度までは同じくディープ・パープルの「ハイウェイ・スター」(原題:Highway Star)であった。

出演者[編集]

進行役
過去の進行役[3]
特別ゲスト

放送リスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第7回のみ金曜22:00 - 22:50に放送。
  2. ^ 第1回は特集のため木曜22:00 - 22:43に放送。
  3. ^ NHKアナウンサーで3人とも四国地方のNHK放送局の出身である。

外部リンク[編集]

NHK総合 月曜日 22時台
前番組 番組名 次番組
ディープピープル
プロフェッショナル 仕事の流儀
NHK総合 日曜日 ミッドナイトチャンネル 24:10 - 24:40
ディープピープル
週替わり編成(2013年1月 - 3月)

土曜ドラマ
(不定期でNHKスペシャル他。
いずれも再放送。原則25:10まで)