井上希美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いのうえ のぞみ
井上 希美
生年月日 (1992-05-08) 1992年5月8日(28歳)
出生地 兵庫県の旗 兵庫県神戸市[要出典]
出身地 日本の旗 日本 兵庫県
身長 163 cm
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ
活動期間 2014年 -
所属劇団 劇団四季(2014年 - 2017年
事務所 CAMINO REAL
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
舞台
美女と野獣』(ベル役)
テンプレートを表示

井上 希美(いのうえ のぞみ、1992年5月8日 - )は、日本で活動する女優である。

兵庫県神戸市[要出典]出身。東京フィルムセンター映画・俳優専門学校総合俳優専攻卒業[1]。CAMINO REAL所属。元劇団四季団員。

来歴・人物[編集]

兵庫県立須磨東高等学校時代は放送部に所属し、3年時の2010年に行われた第57回NHK杯全国高校放送コンテスト朗読部門で4位となり優秀賞を受賞している[2]。高校卒業後は「もっと表現者としてのスキルを磨きたい」と大学ではなく専門学校への進学を選択し、舞台と映像の両方が学べるとして東京フィルムセンター映画・俳優専門学校(現・東京放送芸術&映画・俳優専門学校)へ進学して総合俳優専攻にて演技を学ぶ。舞台制作プロジェクトを通じて劇団四季出身の講師の指導のもとで『ウエスト・サイド物語』のヒロイン・マリア役、『クレイジー・フォー・ユー』のヒロイン・ポリー役などを演じた[1]

専門学校在学中に劇団四季研究所の研究生募集オーディションに合格して、卒業後の2014年に入所。同年8月10日に自由劇場で開幕した『ジーザス・クライスト・スーパースター エルサレム・バージョン』のアンサンブルで初舞台に立ち、その後2015年の『サウンド・オブ・ミュージック』のリーズル役、2016年の『ガンバの大冒険』の潮路役を演じてステップアップを重ね、2016年11月13日には前日京都劇場で開幕した『美女と野獣』で目標としていたヒロイン・ベル役に抜擢された[1]

その後、芝居の研鑽を積みながら語学習得も目指すため、劇団四季を2017年で退団[3]

現在はCAMINO REALに所属している。

2019年には、約5,000人が応募し5次試験にまで及んだ『やすらぎの刻〜道』(テレビ朝日)の出演者オーディションを勝ち抜き[4]、根来信子役を演じて連続ドラマに初出演。翌2020年には「ミュージカルで、あっという間に主役をつかんだという経歴の持ち主で、抜群に歌が上手」との評価を受けて同度前期放送の『エール』でNHK連続テレビ小説に初出演し、歌手・藤丸役を演じて劇中で歌声を披露し注目を集める[5][6][7][8]

特技は歌、朗読、関西弁。書道師範の資格を持つ[9]

主な出演[編集]

舞台[編集]

劇団四季公演
その他の公演

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

ミュージックビデオ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c 井上希美. 井上希美さんインタビュー. (インタビュー). 東京映画・俳優&放送芸術専門学校. デビューした先輩たち.. https://www.movie.ac.jp/career-debut/debut/interview_inoue.html 2020年6月2日閲覧。 
  2. ^ 放送コンテストの歩み|NHK杯全国高校放送コンテスト”. 2016年5月11日閲覧。
  3. ^ 井上希美の2017年12月31日のツイート2020年6月2日閲覧。
  4. ^ 合格者数34/4965名 『やすらぎの刻〜道』オーディション合格者発表!”. やすらぎの刻〜道. テレビ朝日 (2018年11月29日). 2020年6月2日閲覧。
  5. ^ a b “ミュージカル界のスターたちが揃い踏み! 井上希美、柿澤勇人、小南満佑子、『エール』出演決定”. リアルサウンド 映画部 (blueprint). (2020年3月19日). https://realsound.jp/movie/2020/03/post-525278.html 2020年6月2日閲覧。 
  6. ^ 上杉純也 (2020年6月1日). “朝ドラ『エール』に出演する注目女優たち。元AKBの1期生も…”. 日刊SPA! (扶桑社): p. 2. https://nikkan-spa.jp/1670861/2 2020年6月2日閲覧。 
  7. ^ 大内啓輔 (2020年6月2日). “「エール」歌手デビューした藤丸を演じているのは?井上希美に注目!”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0116386 2020年6月2日閲覧。 
  8. ^ “「エール」 古関裕而さん作曲の「船頭可愛や」歌った井上希美に「スキル、スゲ〜!」と感嘆の声”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2020年6月2日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/06/02/kiji/20200602s00041000112000c.html 2020年6月2日閲覧。 
  9. ^ たんじだいご (2018年8月18日). “「星の砂」井上希美”. 日穏-bion-. 過去の稽古場日記. 2020年6月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]