壁ぎわ税務官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

壁ぎわ税務官』(かべぎわぜいむかん)は、佐藤智一による日本漫画、及びそれを原作としたテレビドラマ。『ビッグコミックオリジナル』(小学館)に連載されていた。

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

鐘野成樹(かねの なるき)
札岡県庁税務課特別徴収係。寄木曰く「民主主義の壁」。強引な徴収のやり口は取り立て屋からさえ恐れられている。実は絶対音感の持ち主で、ピアノはプロ級の腕前。高校時代は成績優秀で、合唱部に在籍し、「沖校のジュリー」と呼ばれていた。
石上正直(いしがみ しょうじき)
札岡県庁税務課特別徴収係。東大法学部出身。普段は低姿勢だが、酒癖が悪く、酒を飲むとすぐに暴れ出したり説教を始めたりする。高校時代は演劇部に所属していた。
桐生麗(きりゅう うらら)
札岡県庁行政考査分室室長。通称「氷の美女」。年齢は3巻時点で28歳。石上の高校時代の2年先輩で、同じ東大出身。特技はピアノで、昔はジャズピアニストを目指していた。
寄木(よりき)
札岡県庁税務課課長。
不破(ふわ)
札岡税務署署員。
上田行男(うえだ ゆきお)
札岡県庁総務部部長であったが、第5巻にて副知事となる。
高倉洋一(たかくら よういち)
札岡県庁総務部部長。上田の後任。
鐘野猛子(かねの もうこ)
成樹の叔母で、やり手の経営コンサルタント。兄(成樹の父)の死の影響で税金を恨んでいる。
畑野清子(はたの きよこ)
県会議員。
畑野明子(はたの あきこ)
清子の妹。昼は銀行員、夜はホステスとして働いている。夢は漫画家になることだが、描いた漫画が採用されたことはない。
闇雲金融(やみくもきんゆう)
借金の取り立てをしている、髭の男とサングラスの男の2人組。ドラマ版ではそれぞれ鷲塚光男(わしづか みつお)、栗殻紋二(くりから もんじ)という名前が設定されている。

テレビドラマ[編集]

いかりや長介の主演でフジテレビ系列の金曜エンタテイメント枠にてドラマが放映された。

2004年のいかりや逝去に伴い、第4作からは内藤剛志に交代(他の主要キャストも一新)。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放送リスト[編集]

  1. 「壁ぎわ税務官」(2001年5月4日)
  2. 「壁ぎわ税務官 ライバル登場編」(2002年10月11日)
  3. 「壁ぎわ税務官(2) 確定申告編」(2003年3月21日)
  4. 「壁ぎわ税務官」(2006年7月14日)

外部リンク[編集]