闘茶〜Tea Fight〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
闘茶〜Tea Fight〜
監督 王也民(ワン・イェミン)
脚本 山田あかね
出演者 香川照之
戸田恵梨香
周渝民(ヴィック・チョウ)
張鈞甯(チャン・チュンニン)
曾志偉(エリック・ツァン)
細田よしひこ
ほんこん
藤田陽子
音楽 ショーン・レノンZAK
主題歌 SUPER BUTTER DOG「あいのわ」
配給 ムービーアイ
公開 日本の旗 2008年7月12日
台湾の旗 2008年8月1日
香港の旗 2008年8月15日[1]
上映時間 102分
製作国 日本の旗 日本
 台湾
言語 日本語
テンプレートを表示

闘茶〜Tea Fight〜』(とうちゃ ティーファイト)は、2008年公開の日本台湾合作映画である。

公開時のキャッチコピーは、「幸せになれる幻のお茶を求めて京都から台湾へ──。茶に心を奪われた人々の物語──」。

ストーリー[編集]

京都で老舗の茶屋を営む八木圭は、先祖代々に伝わる「黒金茶の呪い」により、茶に関わると災いが起こると信じ込み、現在店を閉めたまま定職にもつかず暮らしている。そんな父親を心配する娘の美希子は、幼馴染の月彦と、ある日家の蔵の古い書物に「黒金茶の呪い」を解く方法を見つける。その方法とは、2種類ある黒金茶「雄黒金茶」と「雌黒金茶」のうち「雌黒金茶」から作り出したお茶で「雄黒金茶」に闘茶を挑み勝つことだという。さらに自宅にある古い茶木が「雌黒金茶」であることを突き止め、美希子と月彦は呪いを解くべく「雄黒金茶」を追って台湾に向かう。一方台湾では、闇の茶市場を牛耳る台湾マフィアのボスのヤンと謎の美女ルーファが「雌黒金茶」を狙っていた。「雄黒金茶」を追ううちに、マフィアのボス・ヤンに捕まってしまった美希子と月彦、圭、ルーファ。そして美希子の「茶人なら茶人らしく闘茶で決着をつけるべき」という一言で、ヤン、ルーファ、圭の3人で闘茶が行われることになる。

闘茶[編集]

闘茶とは、お茶を評価しあう競技のこと。中国福建省で生まれた。日本にはから伝わり、鎌倉末期から南北朝時代に流行した。

キャスト[編集]

八木圭 (演:香川照之
八木美希子 (演:戸田恵梨香
楊(ヤン) (演:周渝民(ヴィック・チョウ))
如花(ルーファ) (演:張鈞甯(チャン・チュンニン))
陸羽 (演:曾志偉(エリック・ツァン))
村野月彦 (演:細田よしひこ
村野徳治郎 (演:ほんこん
八木緑 (演:藤田陽子

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ IMDb Releaseinfo(英語)

外部リンク[編集]