野々村友紀子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
野々村ののむら 友紀子ゆきこ
本名 川谷 友紀子(かわたに ゆきこ)
生年月日 (1974-08-05) 1974年8月5日(48歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市
血液型 O型
言語 日本語
最終学歴 箕面学園高等学校卒業
出身 NSC大阪校11期
コンビ名 高僧・野々村(1992年 - 1999年2月)
相方 高僧美喜(コンビ時代)
事務所 フリー
活動時期 1992年 - 2005年
2012年 -
同期 陣内智則
中川家
たむらけんじ
現在の代表番組 貝社員
女芸人No.1決定戦 THE W
過去の代表番組 痛快!明石家電視台
森田一義アワー 笑っていいとも!
バイキング (テレビ番組)
配偶者 川谷修士(2002年 - )
テンプレートを表示

野々村 友紀子(ののむら ゆきこ、1974年8月5日 - )は、大阪府大阪市出身の放送作家吉本総合芸能学院(NSC)11期生。本名:川谷 友紀子

来歴[編集]

人物[編集]

  • 主にバラエティ番組を中心に活動する放送作家であり、漫才・コント・コメディー脚本の執筆、ショートアニメ脚本、劇場ライブ構成・演出なども手掛ける。
  • 作家の仕事は旧姓である「野々村友紀子」名義で活動。夫婦でテレビの仕事の際には「川谷友紀子」で出演。
  • 2012年に仕事復帰した際には裏方メインでやっていくつもりだったが、夫の相方・小堀裕之へのダメ出しぶりを番組で披露したところ大ウケ。「2丁拳銃の出番が増えるならと」少しずつ番組出演も引き受けることになったという[1]
  • 小堀のあまりにもだらしない人格に見かねて、「芸人なら毎日、目から血出るくらいおもろいこと考えろ」「一事が万事」などとしばしば説教している[3]

担当番組[編集]

レギュラー出演のテレビ番組/舞台[編集]

過去に担当した番組[編集]

過去に夫婦で出演した番組[編集]

過去に単独で出演した番組[編集]

脚本[編集]

書籍[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 元漫才師の野々村友紀子、『バイキング』裏方から出演者に「主婦の声を代弁したい」” (日本語). 週刊女性PRIME. 2021年12月20日閲覧。
  2. ^ 野々村 友紀子 Yukiko・Nonomura | 現代ビジネス @gendai_biz” (日本語). 現代ビジネス. 2021年12月20日閲覧。
  3. ^ 野々村友紀子さん「2丁拳銃」小堀裕之の自宅公開で説教「弾き語んな!ソファー買え!」”. スポーツ報知 (2021年5月21日). 2021年6月2日閲覧。

外部リンク[編集]