リテイク 時をかける想い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リテイク 時をかける想い
ジャンル 連続ドラマ
放送時間 土曜23:40 - 翌0:35(55分)
放送期間 2016年12月3日 - 2017年1月28日(8回)
放送国 日本
制作局 東海テレビ
企画 横田誠(東海テレビ)
演出 植田尚
小野浩司
脚本 橋本博行
秋山竜平
ペヤンヌマキ
長田育恵
本田隆朗
プロデューサー 後藤勝利(東海テレビ)
布施等(MMJ
本郷達也(MMJ)
出演者 筒井道隆
成海璃子
字幕 文字多重放送
データ放送 データ放送
外部リンク 公式サイト

特記事項:
第2話は『土曜プレミアム』が10分拡大のため、23:50 - 翌日0:45に繰り下げ放送。
2016年12月31日は年末年始特番編成のため、休止。
テンプレートを表示

リテイク 時をかける想い』(リテイク ときをかけるおもい)は 2016年12月3日から東海テレビの制作により、フジテレビ系列にて『オトナの土ドラ』枠(毎週土曜日23時40分-翌0時35分)で放送されている日本のテレビドラマ

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

新谷 真治
演 - 筒井道隆
法務省戸籍監理課課長。
那須野 薫
演 - 成海璃子
法務省戸籍監理課職員。
柳井 研二
演 - 敦士
警視庁刑事。新谷の元妻の弟。
大西 史子
演 - おのののか
法務大臣政務官秘書。
国東 修三
演 - 木下ほうか
法務大臣政務官。
パウエル まさ子
演 - 浅野温子
法務省戸籍監理課パート職員、国東の大学の同級生。

ゲスト[編集]

第1話[編集]

京塚 大輔
演 - 丸山智己
京塚 佐和子
演 - 角島美緒
京塚 海斗
演 - 若山耀人
坪井 信彦
演 -笠原秀幸
ニュースキャスター
演 - 恒川英里東海テレビアナウンサー)

第2話[編集]

オバケ漆畑
演 - マギー
漆畑彬
演 - タモト清嵐

第3話[編集]

白川エイト
演 - 小林豊BOYS AND MEN
橘マリエ
演 - 森田涼花
望月ミナ
演 - 外岡えりか
野々村ミヤコ
演 - 国生さゆり
謎の女
演 - 伊藤かずえ
ホワイトラバーズ
演 - さくらシンデレラ[1]

第4話[編集]

生嶋美咲
演 - 村川絵梨
生嶋アキト
演 - 五十嵐陽向
白いスーパーヒーロー
演 - 石黒英雄

第5話[編集]

立野義弘
演 - 鈴木浩介
立野彩乃
演 - 横田美紀
柳井紗栄子
演 - 西丸優子
白づくめの女
演 - 芳本美代子

第6話[編集]

北見野絵
演 - 小島藤子
オバケの青年、圭介
演 - 葉山奨之

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル[2] 脚本 演出
第1話 2016年12月03日 タイムトラベラーを確保せよ!! 橋本博行 植田尚
第2話 12月10日[3] 未来人に余命宣告!?最期に見た夢とは 秋山竜平 小野浩司
第3話 12月17日 101人の未来人!? ベヤンヌマキ 植田尚
第4話 12月24日 命の恩人の殺意 未来人が聖夜に軌跡を起こす 長田育恵
第5話 2017年1月07日 未来人は結婚式がお好き 本田隆朗 小野浩司
第6話 1月14日 母と同じ歳の息子 千駄木宗介
植田尚
植田尚
第7話 1月21日 愛すべき男を襲う悲劇 秋山竜平 小野浩司
最終話 1月28日 彼女がタイムトラベルした理由 植田尚

※2016年12月31日は年末年始特別編成のため休止

スポンサーとのコラボレーション[編集]

同作品は日本HPとのコラボレーションによるインフォマーシャルを1月7日の放送から展開している。これはおのが演じる大西史子[4]をブローアップしたもので、連続したストーリー仕立てになっている。

脚注[編集]

  1. ^ リテイク第三話裏話東海テレビ 2016年12月22日
  2. ^ “フジテレビオンデマンド エピソードリスト”. フジテレビ. http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4a14/ 
  3. ^ 『土曜プレミアム』が23:20までの放送だったため23:50 - 翌日0:45(24:45)の生放送に変更。
  4. ^ 日本HPFacebookページ

外部リンク[編集]

東海テレビ制作・フジテレビ オトナの土ドラ
前番組 番組名 次番組
とげ 小市民 倉永晴之の逆襲
(2016年10月8日 - 11月26日)
リテイク 時をかける想い
(2016年12月3日 - 2017年1月28日)
真昼の悪魔
(2017年2月4日 -)